令和3年もよろしくお願いいたします

新年あけまして

おめでとうございます。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

除夜の鐘と

元日零時からの年頭祈祷も

無事に終えることが出来ました。

 

今回の除夜の鐘は

外気温が−10℃を下回る寒さの中で

つとめさせていただいたのですが

思った以上に体に応えました。

 

除夜の鐘を終え

仮本堂での年頭祈祷法要。

 

除夜の鐘と年頭祈祷法要の

様子を短い動画に編集したので

ぜひご覧下さいませ。

 

同じ空間と時間を共有する尊さ

本年最後の

寺子屋ワークショップ

お寺ヨガが開催されました。

 

これまで通りの開催は難しくとも

規模を縮小して

出来る形で開催を続けております。

 

オンラインでの開催に

チャレンジした月もありましたが

同じ空間と時間を

共有するということの

尊さを痛感させられた

一年となりました。

 

本年最後のお寺ヨガの様子を

短い動画に編集したので

ぜひご覧下さいませ。

 

お寺イルミネーションの様子を動画にしました

昨年から

取り組ませていただいている

お寺イルミネーション。

 

本年は

階段両脇のスペースに飾り

点灯させていただいております。

 

その様子を

動画にしてみたので

ご覧いただけれれば幸いです。

 

お寺イルミネーションを

始めるきっかけは

子どもたちのために

地域を明るく照らそうとの

あたたかなお心で

イルミネーションに

取り組まれていた

ご夫妻とのご縁によります。

 

以下、youtubeの動画で

記した説明を引用します。

 

地域医療に貢献された五戸総合病院の医師である故・田口順先生は、生前ご自宅を毎年冬にイルミネーションで飾られていました。「子ども達のために地域を明るく照らしたい」との思いで毎年イルミネーションに取り組まれていました。田口邸は素晴らしいイルミネーションで有名なスポットでした。

 

田口先生の奥様よりイルミネーションの一部が昨年、普賢院に届けられました。「普賢院さんに使って頂きたい」と託されたものなので、昨年より「お寺イルミネーション」の取り組みを始めました。様々な色の光が境内をいろどりる光景は、とても幻想的です。

 

イルミネーションは、令和2年12月11日〜令和3年1月3日の午後5時〜9時に点灯します。12月11日は、田口先生のご命日でもあります。なお、大晦日は午後5時から元日午前2時頃まで点灯します。

 

お心通わされた

イルミネーションは

本日も彩り美しい光で

境内を照らしてくれています。

 

新たな風物詩として

先日ふった雪の関係もあり

境内のイルミネーションが

よりきれいに感じられます。

 

お寺イルミネーションは

1/3まで点灯いたします。

 

このイルミネーションは

昨年ご奉納いただいたものです。

 

昨年から

12月〜1月初頭にかけて

境内に飾って点灯させて

いただいていますが

地域における

新たな風物詩になるよう

取り組んでいきたいと思います。

 

本日からお寺イルミネーション2020

ご奉納いただいた

イルミネーションを境内に飾り

いろとりどりの光を“献灯”する

お寺イルミネーション。

 

昨年に続き

本年も本日よりスタートです。

 

旧本堂が解体されて以降

日没後の境内は

真っ暗だったので

イルミネーションの光が

一段とまばゆく感じられます。

 

このイルミネーションは

地域医療に貢献された

五戸総合病院の医師

故・田口順先生の

奥様により

当山に納められたものです。

 

12/11は田口先生の

ご命日ということもあり

本日からの開催としました。

 

田口先生は

子どもたちのために

地域を明るく照らしたい

との思いから

上市川のご自宅を

毎年沢山のイルミネーションで

飾られていらっしゃいました。

 

思いや思い出が込められた

イルミネーションの

やさしく鮮やかな光が

境内を彩っておりますので

お近くにおいでの際は

ぜひご覧下さいませ。

 

令和2年最後の写経カフェ

寺子屋ワークショップ

写経カフェ

7月以降、規模を縮小して

開催しております。

 

本日は本年最後の開催でした。

 

本年は3月以降

全ての催事が一端休止されました。

 

そういった

“ワンクッション”が

あったこともあり

同じ時間と空間を共有することの

有意義さを心底感じます。

 

本日の尊いひとときを

ご一緒下さったみなさまには

感謝申し上げます。

 

次回の写経カフェは

1月を予定しています。

 

2ヶ月後は

現在の状況よりも

平穏であることを願っています。

 

寺子屋ワークショップのひとときの尊さ

先日行われた

寺子屋ワークショップお寺ヨガ

様子を動画に編集しました。

 

少しでも雰囲気が

伝われば幸いです。

 

寺子屋ワークショップは

自利利他(じりりた)の理念のもと

5年前から開催を重ねてまいりました。

 

自利とは自身のためということ。

 

利他とは他社のためということ。

 

自利利他をふまえた行いを

仏道では尊いものと捉えます。

 

寺子屋ワークショップでは

利他の実践として

参加者が納められる参加費の一部を

アーユス仏教国際協力ネットワークへの

寄付させていただくことを通じ

国際協力活動に携わらせて

いただいております。

 

寺子屋ワークショップの中でも

お寺ヨガは初期から

隔月で開催されてきましたが

ウイルスの関係で本年2月以降は

これまで通りの開催が難しく

4月は中止となり

6月と8月はオンラインで

行われました。

 

オンライン開催には

良い面も沢山あるのですが

やはり課題が多かったため

今回は規模を縮小して

会場での開催といたしました。

 

オンライン開催に

チャレンジ出来たことは

映像を通じての情報発信について

あらためて考えさせられるとともに

技術的なことについて多少なりとも

学ばせていただく

よいきっかけになったと感じます。

 

お寺ヨガに限らず

これまで様々に開催された

寺子屋ワークショップを通じて

拙僧(副住職)自身

本当に多くのことに気づかせていただき

学ばせていただいております。

 

様々なご縁により

開催が重ねられている

寺子屋ワークショップは

とても尊いひとときであると

心から感じます。

 

幻想的な夜の仮本堂でのお寺ヨガ

本年2月以来に“オフライン”で

寺子屋ワークショップ

お寺ヨガ

が開催されました。

 

その間

オンラインで2回

開催してみましたが

色々と課題も多かったため

今回は規模を縮小して

開催させていただきました。

 

人と対面できるということや

その場を共有できるということが

とても素晴らしいことであると

つくづく感じさせられました。

 

幻想的な夜の仮本堂での

ひとときは

とても感慨深いものだったと

感じます。

 

秋彼岸最終日の写経カフェ

荒天の一日ではありましたが

多くの方にかけつけていただき

写経カフェが

和やかに開催されました。

 

本日は秋彼岸の明けの日です。

 

とても良い

秋彼岸のしめくくりと

なったと感じます。

 

秋晴れの秋彼岸中日となりました

令和2年の秋彼岸中日。

 

今回も多くの方の

お支えのおかげで

無事に終えることが出来ました。

 

お手伝い下さった皆様

大変お世話になりました。

 

本年の秋彼岸中日法要は

現本堂での最後の法要でした。

 

そのこともあり

テレビ局(RAB)の取材も

していただきまして

本日の夕方に放送されました。

 

今回の法要は

本年の春彼岸法要や

お盆法要と同じように

数珠回し(通称・百万遍)は行わず

参列者には法要の中で

焼香していただく形式で厳修しました。

 

法要の様子を短い動画に編集したので

よろしければご覧下さい。