神仏習合祈祷おぼえがき

先日行われた

十和田神社と普賢院の合同祈祷。

 

覚書もかねて

開催への経緯を簡単に

こちらに書き留めたいと思います。

 

今回の件は

拙僧(副住職)が昨年12月中旬に

十和田湖自然ガイドクラブの方へ

本堂建替にあたっての記念事業を

メールで相談したことに始まります。

 

十和田湖自然ガイドクラブの

皆様との素晴らしいご縁を

何かしら形にしたいとの思いがあり

連絡させて頂いた所

快くお引き受け下さいました。

 

当初は記念冊子を作ることを

第一に考えておりましたが

相談を重ねる中で

南祖法師尊像を十和田神社に

出開帳(でがいちょう)して

宮司さんにご一緒頂いて

地鎮式の作法で用いる水を

神仏習合の儀式で

御祈祷出来ないだろうかという

思いに至りました。

 

そこから実現に向け

色々な確認や準備を

とても丁寧に

お手伝い頂きました。

 

合同祈祷の開催時季は

行楽シーズンが一段落してから

ということになり

結果的に12月9日(大安)が

開催日となりました。

 

たまたまですが

当山本堂の建替をご担当頂く

業者が決定した翌日でした。

 

いよいよ本堂建替が

本格的に始まるという

実感の中での諸儀式だったので

一段と強い思いを

一つ一つの作法に

込めることが出来たように思います。

 

また今回の貴重な機会を通じて

儀式は

“おもい”を託す尊い「場」であり

“物語”と“つながる”清らかな「場」

であるということを

改めて痛感しましたし

「祈り」の尊さを

痛感させて頂きました。

 

今回の祭事に

携わって下さった全ての皆様に

改めて感謝申し上げます。

 

▼本年2月5日

十和田湖ガイドクラブの皆様が

当山においで下さいました。

 

▼本年6月19日

十和田湖“三大聖地”をご案内頂きました。

 

▼本年12月9日

十和田神社・普賢院合同祈祷を行いました。

本堂建替の担当業者が決定されました

お釈迦様が悟りを開かれたとされる

12/8の良き日に開催された

普賢院本堂建設委員会の審議の結果

文化8年(1811)以来となる

当山本堂建替は松本工務店

ご担当頂くことに決定されました。

 

▼松本工務店HP

http://www.matsumoto-k.co.jp

 

松本工務店は当地域の寺社仏閣の

多くを手がけられており

最近では蕪嶋神社の施工もされております。

 

いよいよ新本堂の設計が始まります。

 

新本堂設計にあたり

ふれあい豊山館・位牌堂と庫裡(くり)に

挟まれる形で本堂が位置していることや

崖に近いことによる様々な制限や

多くの仏像をどのように祀るか等を

しっかり踏まえなければなりません。

 

拙僧(副住職)は建築に関して

専門的なことはよく分かりませんが

各尊格の祀り方や各荘厳については

責任がある所なので

しっかりと向き合いたいと思います。

 

歴史的な神仏習合のひととき〜十和田神社・普賢院合同祈祷〜

当山は十和田湖伝説とゆかりがあり

南祖坊(なんそのぼう)が

修行したと伝えられる寺院で

南祖坊の御像である

南祖法師尊像(なんそほっしそんぞう)が

祀られております。

 

深くご縁のある十和田湖に

鎮座する十和田神社に

南祖法師尊像を

出開帳(でがいちょう)し

宮司さんとともに

神仏習合の御祈祷を行いました。

 

この御祈祷では

当山の本堂建替に際する

地鎮式の作法に用いるお水を

御清めして御加持させて頂きました。

 

このような形での

神式と仏式を併せての御祈祷は

初めてのことでしたが

とても素晴らしいものとなりました。

 

この御祈祷の開催について

本年上旬に

十和田湖自然ガイドクラブの

中川一樹さんに相談させて頂いた所

懇切丁寧にご対応下さり

諸事の確認や準備を行って頂いた

おかげで実現することが出来ました。

 

十和田湖の地域の方や

十和田神社役員の方や

観光関係の方もご参列下さり

あたたかな雰囲気の中

尊い儀式をお勤めさせて

頂いたことに心より

感謝しております。

 

南祖法師尊像の出開帳は

今回限りのつもりでおります。

 

これまで

前例のないことだったため

宮司さんや関係者の皆様には

色々とご迷惑をおかけしたかと

思いますが

沢山の方のご協力のおかげで

念願していたことを

実現することが出来ました。

 

また本日は快晴で青空が広がり

風もなく穏やかな水面は鏡のようでした。

 

雪化粧された

十和田湖外輪山の稜線も素晴らしく

拙僧(副住職)が見てきた中で

最も美しい十和田湖の景観でした。

 

この歴史的で素晴らしい1日は

一生忘れません。

 

宮司さんご夫妻

十和田湖自然ガイドクラブの

中川さん、森田さん、山下さん

十和田湖の皆様

そして早朝より

お手伝い下さった有縁の皆様

本当にありがとうございました。

 

尊い一日の大きな実感

12/8はお釈迦様が

成道(じょうどう)された日とされます。

 

成道とは「さとりを開く」ことです。

 

そのような尊い1日に

本堂建設委員会小委員会が開催され

これまでの経過説明をして頂いた後

本堂の建設をご担当頂く

業者さんの選定について

ご審議頂きました。

 

詳細については

後日お知らせいたしますが

これより一気に

当事業が進むことになります。

 

本堂建替をすることが

以前にも増して実感された1日でした。

 

行事やイベントの日程を確認しやすくなりました

つい先日公開に至った

『まいてら』(ポータルサイト)に

普賢院の主な行事・催事の

案内が掲載されたカレンダーを作りました。

 

まだまだ試行段階で

更新作業に全く慣れておりませんが

使いながら良いものに

していきたいと思います。

 

随時更新してまいります。

 

以前より

様々な行事やイベントの日程を

把握しやすいようにしてほしい

というご要望が

多く寄せられておりました。

 

これまで同様

当ブログやFacebookでも

行事や催事のお知らせをしますが

まいてらのカレンダーも

あわせてご活用頂ければと思います。

 

▼まいてら【普賢院 行事お祝い】ページ

https://mytera.jp/tera/fugenin55/event/#tera_tab_block

 

▼まいてらカレンダー

https://mytera.jp/gyouji/cal-fugenin55/

 

御詠歌の研鑽へ

本日は詠秀(えいしゅう)研修会という

御詠歌研鑽のため

日帰りで東京の護国寺へ。

 

御詠歌の研修会には

出席するようにしているのですが

自身の未熟さを毎回

思い知らされます。

 

未熟さを痛感させて頂けるので

また研鑽に励もうという

気持ちが自然と湧き出ます。

 

昨日当山においで下さった

小坂技研の会長がお渡し下さった

稲盛和夫氏の著書を

新幹線で読ませて頂きました。

 

小坂会長は

当山を会場に開催されている

論語塾で大変お世話になっている方です。

 

本日の“旅のお供”として

読ませて頂いた稲盛氏の著書は

まさに“金言”が散りばめられており

有意義な移動時間を

過ごすことが出来ました。

 

重要な審議を控えて

法事を終えた後

市役所の建築指導課へ赴き

本堂裏に建てられる倉庫新築工事の

確認申請書を頂いてまいりました。

 

このような書類は

完成に至るまでに

かなりの時間と手間が必要で

専門家でなければ

全くはがたちません。

 

手続きのために何度も何度も

市役所へ行って下さった方のおかげで

本堂建替事業は

また一歩進むことが出来ました。

 

本堂建替をご担当頂く業者ですが

数社から見積書や提案書などを

本日を期限として当山担当者宛に

ご提出頂くことになっております。

 

ご協力下さった業者の皆様には

衷心より御礼申し上げます。

 

業者選定のための会議が

近日開催されますので

そちらで拝見させて頂き

当山有縁の皆様の代表者よりなる

建設委員の皆様とともに

協議させて頂きます。

 

とても難しい協議に

なると思いますが

本堂建替事業において

極めて重要なことなので

委員の皆様と

しっかりと審議したいと思います。

 

秋の残る護国寺

総合研究院という研究機関の

全体会と研修会のため

日帰りで上京してまいりました。

 

東京はまだ秋が感じられる日和で

氷点下になることもある北国から

赴いた拙僧(副住職)には

とても暖かく感じられました。

 

本日の研修会のテーマは

「食と仏教」でした。

 

食は命の根源的な営みといえますし

かなり多くの要素が宿されております。

 

テーマにそって

各研究所の先生方が

パネリストとなり

様々な角度からお話下さり

拝聴させて頂きました。

 

改めて「食」というテーマは

大切なものだと思いました。

 

ありがたさを痛感しながらの弘前訪問

旧家に祀られていたもので

ご縁があり当山へ

遷座された子安地蔵(こやすじぞう)。

 

とても立派なお地蔵様で

長い間大切に祀られてきたようです。

 

傷んでいる部分も多く見られたため

こちらのお地蔵様も

修繕して頂くことにいたしました。

 

新本堂で設けられる地蔵堂に

こちらのお地蔵様も

丁重にお祀りさせて頂きたいと思います。

 

このお地蔵様の修繕をお願いするため

これまでも大変お世話になっている

弘前の仏師・小堀寛治氏を訪ねました。

 

その道中

弘前市で様々な取り組みを

されていらっしゃる専求院(せんぐいん)様と

世界一の大登り窯(ギネス認定)

烏城焼(うじょうやき)の今井ご夫妻も

訪ねさせて頂きました。

 

▼雪の青森

行きも帰りも

青森は雪が降っており

おそるおそる運転しました。

 

 

▼専求院

専求院ご住職の奥様は

終活カウンセラーでもあり

全国各地で講演されるなどご活躍です。

 

訪ねた際はちょうど

専求院副住職様がご法事を

終えたばかりで

法事の合間でしたが

ご丁寧に対応して頂きました。

 

今後も色々とご縁を

深めさせて頂ければと思います。

 

 

▼仏師・小堀寛治氏の彫られた諸尊

小堀さんご夫妻には

本年大変お世話になりました。

 

お邪魔する際には

いつも丁重に温かくお迎え下さり

とても感謝しております。

 

今回も色々とご相談させて頂き

大変充実した時間を

過ごさせて頂きました。

 

小堀さんには

仏像の修繕に加え

新たに当山に迎えられる

長谷寺式の十一面観音三尊を

手掛けて頂きます。

 

十一面観音は

かつての当山本尊とされるとともに

当山の本山である長谷寺(奈良県)の

本尊でもあります。

 

本堂建替という歴史的節目に

職人であり人格者である

小堀さんに十一面観音三尊を

彫って頂けることを光栄に思います。

 

 

▼黒石 烏城焼(うじょうやき)

つい先日

世界一の大登り窯として

ギネス認定された

黒石 烏城焼(うじょうやき)。

https://fugenin643.com/blog/素晴らしき津軽烏城焼/

 

9月にたまたまお邪魔させて頂いた所

陶工の今井理桂氏ご夫妻のご厚意で

新本堂建立の際に

地鎮式で地に納める仏具の器を

烏城焼で作って下さり

ご奉納頂けることになりました。

 

その器を

何点か試作して下さり

寸法を確認してほしいとの

連絡を頂いたので

本日再びお邪魔させて頂きました。

 

試作されたものを

拝見させて頂きましたが

想像以上に素晴らしいものを

作って下さいました。

 

来年1月の窯で

制作して下さるとのことです。

 

とても大きな歴史的節目の

儀式に用いさせて頂くものに

青森県が世界に誇る

陶工さんが世界一の窯で

制作して下さったものを

使わせて頂けることは

本当に素晴らしいことであると

感謝しております。

学びと刺激に満ちた集い

仙台市若林区の常念寺(浄土宗)にて

開催されたまいてら寺院の集い

行ってまいりました。

 

「まいてら寺院」とは

安心のお寺さがしポータルサイト

まいてらに登録されている寺院で

当山もその一員です。

※まいてらHP:https://mytera.jp

※普賢院のページ:https://mytera.jp/tera/fugenin55/monk/

 

今回は東北各地のまいてら寺院に加え

まいてらにご興味をお持ちのご寺院様が

お集まりになられておりました。

 

沢山の学びと刺激を頂いた

素晴らしい集いとなりました。