お盆まで一ヶ月

お盆まで一ヶ月をきりました。

 

そろそろ寺報も

作成しなければなりませんし

今月は写経カフェがあるので

その資料などもボチボチ

作成したいと思います。

 

いまあげた項目を

真っ先にやれば良いのですが

こういう時は不思議と

他のことに閃きがうまれて

そちらのほうに

取り掛かってしまうなんてことが

多々あります。

 

中学・高校時代に

テスト週間でテスト勉強をせずに

部屋の整理を念入りに

やってしまう感覚に

似ているかもしれません。

 

執筆原稿と講習会講師を

いくつかお願いされている関係もあり

それぞれの内容に関わる

資料や書籍を読み込んでいるのですが

一見関係ないようなテーマでも

思いがけず化学反応を起こして

つながってしまったり

意外な所でクロスしたり

そんな内なる楽しみを

しっかり堪能しています。

 

途方に暮れるような

地道な作業を重ねていると

ある時点から

急に充実感を得られるようになるのは

全てに通じることではないでしょうか。

 

そういえば

青森県は起床平均時間が

日本一早いそうですね!

 

拙僧でも4時くらいから

あれこれ動くのが日課です。

 

朝は頭の回転も良いですし

動きにもキレがあるので

どんな作業もサクサク進みます。

 

特に夏場は

朝が一番過ごしやすいので

早起き生活はおすすです。

 

あと一ヶ月弱で迎えるお盆の準備も

朝のスッキリしている時間を

うまく活用して

サクサクと進めたいものです。

 

修学旅行

長男が小学校の

修学旅行から戻り

お土産を買ってきてくれました。

 

私が小学生だった頃と同じく

行き先は函館。

 

地元の小学校は

6年生が7名。

 

若干の緊張を抱きつつ

ワクワク感いっぱいな中

きっと濃密な時間を

過ごしてきたと思います。

 

バター飴の味は

今も昔も変わらず

優しい味がします。

 

ものすごい地道なスタンス

先月に研究発表を終えたばかりですが

あくまでも中間発表なので

引き続いて諸資料にあたったり

これまでの現地調査を見直したり

これからの調査を計画したりと

地道に整理を進めています。

 

というわけで

法務(葬儀や法事や行事)以外の

時間のほとんどを

研究の時間にあてているため

SNSなどは

ほぼ休止状態です。

 

年に何度かSNSから

離れることがありますが

これはこれで健全な

感じもしています。

 

SNS時代でもある現在は

投稿によって

コミュニケーションが

可能な面もありますが

”SNSありき”な生活を

ノーガードで許容し続けることには

かねてより注意が必要だと感じています。

 

地元の小学校では

メディアコントロール期間

というものが時々

設けられていますが

メディアコントロールを

しなければならないのは

大人の方なのかもと感じています。

 

夏の不動護摩をご一緒ください

不動護摩

  • 開催日:毎月28日
  • 受付は午後6時30分から
  • 法要は午後7時から
  • 会費等は設けませんので、お布施や護摩木奉納(護摩木は1本500円です)にて、お気持ちの程お納めいただきますようお願いいたします。お布施などは、受付でお納めください。
  • 供養護摩木(1本1000円)を用意しました。ご供養されたい方の戒名またはお名前を、供養護摩木申し込み用紙にご記入いただき、それを住職が護摩木にしたため、護摩の火にくべさせていただきます。
  • 参加される方は、受付にて受付用紙へのご記入をお願いします。
  • 参加される方には、お経を記載した法要次第をお渡しします。よろしければご一緒にお唱えください。もちろん、お心静かにご参列いただいても構いません。法要次第はお持ち帰りいただいて構いません。
  • 授与品として不動明王お守り(1体1000円)を用意しているので、入用の方は受付でお声がけください。

 

毎月28日は

不動明王のご縁日ということで

不動護摩を行います。

 

今春より

供養のための護摩木である

供養護摩木を用意しています。

 

供養護摩木は

思いを捧げたい方の

お名前や戒名を

供養護摩木申し込み用紙に

お書きいただきまして

それを住職が護摩木に

したためさせていただきます。

 

どなた様でも

ご参加いただけますので

ご興味をお持ちの方

ご都合よろしい方は

お気軽にお運びくださいませ。

 

本年の下半期最初の護摩です。

 

夏を感じながら

ぜひご一緒いただければと思います。

 

 

 

ブラインド

寺務室にブラインドを

設置していただきました。

 

東向きの窓なので

夏場午前中の寺務室の温度は

大変なことになっていましたが

ブラインド設置で

環境がかなり改善されると思います。

 

8月のお盆が過ぎると

9月以降は大小様々な行事が

目白押しです。

 

準備が必要なものが多いので

環境が改善された寺務室で

ギアを上げて励みます。

 

東京の暑さは凄まじかったです

研究機関の所内会議のため

朝一の新幹線で上京したのですが

“異質”の暑さに驚きました。

 

室内では冷房を効かせることが出来ますが

室外はサウナにいるような感覚で

とにかく凄まじかったです。

 

本日の会議内容も

担当の先生による研究発表の内容も

充実したものになりましたが

個人的には都会特有の

危ない暑さが

とにかく印象的な一日となりました。

 

蒸し暑い一日でした

あまりの蒸し暑さに

本堂の脇間のエアコンを

フル稼働させて

扇風機で冷気を本堂広間に

流し込む猛暑作戦を

今年初めて実施しました。

 

八戸でも暑さ対策が

不可欠になっています。

 

“猛暑作戦”により

今夏における

法事や葬儀への参列や

行事への参加は

ご安心いただけると思います。

 

現代のお墓事情は様々です

お墓をどうするかという問いは

遺骨をどこに納めるか

という問いにも一部重なります。

 

お墓のない方だけでなく

お墓がある方も

色々と悩みが起こりやすい昨今。

 

多くの寺院では

様々なタイプの永代供養墓が見られ

八戸も例外ではありません。

 

合葬墓や永代供養といっても

その内容は寺院ごとで異なっており

一様ではありません。

 

宗派が同じだからといって

内容が同じということもなく

寺院ごとで方針も考え方も

異なります。

 

普賢院の合葬墓は

お墓として合同でお使いいただくことも

永代供養墓としてお使いいただくことも

出来るものとして建立しました。

 

建立にあたっては

全国各地の事例にあたり

検討を重ねたのですが

最終的に大切なのは

どのような「理念」や「物語」を

通わせているのか

ということだと思っています。

 

その部分がベースにないと

「永代に渡って供養を行う」という

大役の責務をお寺として担うのは

絵空事になってしまいかねない

のではないかと感じます。

 

運営にあたるノウハウも

大切なのは勿論ですが

それ以前の根本がしっかりしてこそ

成り立つものと捉えます。

 

ご縁のある方や

頼られてくる方に

少しでもご安心いただける環境を

整えていくことを目指していますが

根本については

常に振り返る必要があると捉えます。

 

本日も合葬墓のことや

葬儀のことや

位牌堂のことなどで

何件かご相談がありまして

以上のようなことを

つらつらと記してみました。

 

写経の講座を担当しました

先日のことになりますが

地元の瑞穂館という施設の講座で

写経をお願いされまして

当山にて開催しました。

 

普段の写経カフェとは少し仕様が異なり

法話と写経を内容としたものでした。

 

写経カフェですと

書き終えた方から

順次ティータームでお休みいただきながら

後半のお話に耳を傾けていただくのですが

考えてみると

今回の写経講座では

休憩がなかったので

少し配慮に欠けたように感じています。

 

写経カフェ以外での写経の講座は

今年あと何回かお願いされているので

今回の経験を活かして

次はよりよいものに

ブラッシュアップいたします。

 

ヒグラシの声

葬儀を終えてお寺に戻り

夕方頃に位牌堂の掃除をしていると

外からヒグラシの声が。

 

北国にしては

かなり早いような気もしますが

ヒグラシの声が

境内に響いていました。

 

今年の夏も

どうやらすごく暑いだろうという

確信に近い予感がしています。

 

ヒグラシの声を聞いていると

来月はお盆であることを忘れないように

とアドバイスされているようにも

感じられて寺報の記事内容に

考えを巡らせたりしています。

 

お盆が近づいてきたせいか

永代供養や位牌の整理などの

相談も増えています。

 

旧家のご先祖さまについて

調べ直さなければならないような

ケースもあるのですが

普賢院過去帳を扱うことが出来るのは

住職だけなので

責任重大だと感じながら

いつも事にあたっています。

 

今のうちに歴史を

整理されたいという気持ちを

お抱きの方が多い印象があります。

 

そのお気持ちは

ものすごく理解できるので

出来る限りにおいて

ご要望にお応えしたいと考えています。