絵本づくりCFの受付はあと3日となります

絵本づくりクラウドファンディング(CF)は

当初見込んでいたよりも

多くの方にご協力いただくことが叶い

大変感謝しております。

 

ご支援の受付は

令和3年10月30日までなので

あと3日となります。

 

受付を終えてからは

受付名簿の整理や

製本に向けた準備や

返礼品の木札の浄書などの

仕上げに入ります。

 

心を込めて

ご支援下さった皆様のもとに

絵本と返礼品を

お届けいたしますので

しばしお待ち下さいませ。

 

▼プロジェクト詳細は下記をご参照下さい▼

絵本づくりクラウドファンディング詳細

 

《本堂建替工事の様子》

▼記念すべき1本目の柱が立てられました!

 

▼これから約2週間かけて

柱が立てられていきます。

本日は先代の四十九日でした

本日は先代住職の

四十九日忌でした。

 

先代が急逝して

密葬を終えて以来

本葬・晋山式と

新本堂の落慶式について

熟考しております。

 

以前も少し触れたかと思いますが

結論として来年12月に

本葬・晋山式と

新本堂落慶式を2日間で

行う予定となりました。

 

先日行われた

本堂建設工事の施行部会でも

議事のひとつとして

本葬・晋山式と落慶式を

どのように行うかについて

取りあげていただきましたが

大まかな方針が

見えてきたように思います。

 

本葬は慣例として

檀徒葬(だんとそう)という

形式で執り行わせていただきます。

 

檀徒葬というのは

有縁の檀家さんに

お力添えいただき

執り行われる葬儀です。

 

先代住職は

31年間にわたり

普賢院第64世住職を

つとめさせていただきました。

 

檀徒葬という形式で

有縁の皆様に

お力添えいただき

丁重に儀式を

執り行わせていただきたいと

願っております。

 

檀家さん方には

文面にてお知らせいたしますので

ご協力を伏してお願い申し上げます。

 

先代の四十九日でもある本日

新本堂建設工事では

足場が本格的に組まれたうえ

1本目の柱が建てられました。

 

本日より建方の始まりです。

 

新本堂が

日々形作られていく様子を

出来る限り

目にしておきたいと思います。

 

絵本づくりCFの支援額が100万を突破しました

当山に伝わる十和田湖伝説を

未来に語り継ぎたいとの思いを込めた

絵本づくりクラウドファンディング(CF)。

 

おかげさまで

多くの善意が寄せられ

ご支援額は100万を超え

ご支援者数も150人に

迫ろうとしております。

 

多くの方に

ご一緒いただいたことに

心より感謝しております。

 

ご支援の受付は

10/30までとなっております。

 

ご協力いただける方は

お力添えの程

よろしくお願いいたします。

 

▼プロジェクト詳細は下記をご参照下さい▼

絵本づくりクラウドファンディング詳細

 

 

《本日の工事の様子》

基礎外部の足場が組まれ始めました。

建方が開始されます

本堂建替工事の施工部会があり

担当業者さんのお話ですと

来週から建方が開始される

とのことでした。

 

今後の諸儀式の日取りも

大方定まり

これから詳細を

詰めていきたいと思います。

 

来年の12月までの

1年ちょっとの期間は

とても慌ただしくなりそうですが

健康には十分気をつけて

諸事取り組んでまいります。

 

先代住職の四十九日法要をお勤めしました

早いものでもうすぐ

先代住職・泰永僧正の四十九日です。

 

本日は

ごく近い親族に集まっていただき

法事を行いました。

 

先代住職の四十九日とあわせ

普賢院歴代先師供養と

ほかの回忌供養も行いました。

 

回忌供養というのは

生きている者にとって

大切な節目でもあるので

当山ではとても大切にしております。

 

来年は

先代の1周忌となるわけですが

先々代の33回忌と

先々代妻の7回忌

先々代妻の姉の17回忌

にも重なるので

あわせた形で

法事を行いたいと考えております。

 

秋晴れのもと

親族で祈りを捧げることが出来

心が洗われたように感じます。

 

先代住職は

歴代住職の中でおそらく

最も奉納物が多い住職でした。

 

その奉納物の中には

自身で描いた曼荼羅や仏画であったり

自身で塗装した仏具であったり

自身で掘り上げた扁額など

自ら手がけたものも多くあります。

 

その中で

真言八祖像(しんごんはっそぞう)

という八人の僧侶を

描いた仏画があります。

 

これは

平成4年(1992)に先代住職が描いて

額装したもので

旧本堂内陣に掲げられ

祀られておりました。

 

八祖像というのは

とても大切なものです。

 

新本堂では

新たに仕立てていただいた

八祖像を内陣に掲げるため

先代住職の描いた

八祖像を位牌堂に

掲げようという話を先代住職と

随分前からしておりました。

 

49日忌を迎えるに当たり

供養のひとつの形として

本日位牌堂中央の祭壇部分上部に

その八祖像を

五戸木工さんに

掲げていただきました。

 

おかげさまで

とても厳かな雰囲気と

なったように思います。

 

 

▼先代住職が描いた八祖像

 

▼位牌堂中央のスペースに

先代住職の描いた八祖像を

掲げました。

霜がおりた朝となりました

朝の4時代5時代は

真っ暗な時季なので

気が付きませんでしたが

朝のお勤めを終え

外に出てみると

霜がおりていました。

 

どうりで寒いわけです。

 

それはそのはずで

今年も残す所

あと2ヶ月少々。

 

そういえば

本日10月22日は

拙僧泰峻の誕生日でした。

 

特別に何かをしたわけではないですが

今日からまた頑張ろうという

気持ちにあふれた一日でした。

 

明日は

ごく身内だけで

先代住職の49日忌の

法事を行います。

 

それと併せて

回忌のあたる身内の供養と

先祖供養と

普賢院歴代先師の供養も

お勤めいたします。

 

見方によれば

年齢を重ねてから

お勤めさせていただく

最初の法事でもあるので

不思議な巡り合わせとも

いえるかもしれません。

 

謹んで

お勤めさせて

いただきたいと思います。

 

登記が終わりました

普賢院住職は

登記上は普賢院の代表役員となります。

 

登記の手続きが

無事に終わったと

司法書士の方より連絡いただき

書類も届けていただきました。

 

これで

“登記まち”状態だった

書類の提出の準備や

諸手続きを

進めることが出来ます。

 

思ったよりも

早く登記を終えられたので

心にゆとりが生まれたように思います。

 

今日は

様々な書類の整理をするのに加え

久しぶりに論文執筆のための

資料精読をいたしました。

 

先代住職が遷化して以来

全く取り組めていませんでしたので

心機一転ということで

しっかりと向き合いたいと思います。

 

《本堂建替工事の様子》

▼今朝の光景

 

▼夕方の光景

「これまで」と「これから」を

副住職が住職になったことに伴い

名刺やお寺の封筒やゴム印などを

作り改めました。

 

これまでは青色の封筒でしたが

今度は緑色の封筒となります。

 

普賢院の新体制が

本格的に稼働するのは

まだもう少し先となりますが

大分準備が進んできたように思います。

 

本堂建替工事は

足場が本格的に組まれ始めました。

 

今日はその様子を

建設委員長が視察においでだったので

少し立ち話を。

 

新本堂が出来た後のことや

合葬墓のこと

さらに関連する様々なことが

話題にあがりました。

 

当山では

これからのことを

改めて考えるべき

時期であると拙僧も感じています。

 

新住職が就任し

さらに本堂建替事業が

終盤を迎えつつある

このタイミングで

これまでをしっかりと振り返るとともに

これからをしっかりと考えたうえで

新体制を本格的にスタートしたいと思います。

 

 

▼工事の様子

絵本づくりCFのご支援額が目標額を突破しました

私事から記させていただきますが

昨日コロナワクチン2回目の接種を

してまいりました。

 

9/25が1回目の接種でしたが

その後は倦怠感や眠気や

身体各所の痛みなどといった

副反応らしきものが

しばらく続いておりました。

 

色々バタバタしていたため

疲れもあったと思いますが

それを差し引いたとしても

割と副反応がありました。

 

そのような状態だったので

2回目の接種後も

副反応が強く出ることを想定し

一週間程は

休養期間として

なるべく予定を入れないように

スケジュールを調整しております。

 

昨日午後に

2回目の接種を終えまして

現在(10/19午後6時)に至るまで

特に副反応は見られません。

 

見られないどころか

1回目の接種以降続いていた

倦怠感や眠気といった

スッキリしない状態が

かなり軽減されたように感じています。

 

つまりは

2回目の接種を終えて

元気になったというわけです。

 

接種後一日しか経過していないため

今後体調が崩れる可能性もありますが

今のところ元気に過ごせているので

少し安心しておりました。

 

ワクチン接種後の症状は

本当に人それぞれだなと感じます。

 

という前置きをさせていただきまして

本題の絵本づくりCFの

途中経過について

ご報告させていただきます。

 

10月19日午後2時時点の集計となりますが

多くの方の温かなご協力のおかげで

ご支援額が目標額の110%となり

ご支援者は112名となっております。

 

様々なご縁により

当プロジェクトが進められていることに

感謝の思いでいっぱいです。

 

ご支援受付は

今月30日までとなっております。

 

ご一緒いただける方は

お力添えのほど

何卒よろしくお願いいたします。

 

▼プロジェクト詳細は下記をご参照下さい▼

絵本づくりクラウドファンディング詳細

 

彼岸の日昇の様子をお伝えします

普賢院は真東を向いて建てられています。

 

なので

毎朝日が昇る様子を

のぞむことが出来ます。

 

太陽が真東から昇る

彼岸中日(春分の日と秋分の日)には

お寺から真っ直ぐのびる道の

向こうから太陽が昇るように見えます。

 

彼岸中日の日昇ではありませが

彼岸中どのように太陽が

昇っていくのか

撮影してみたので

ぜひご覧下さいませ。