真心そのものの歌

12/10

当山を会場に

『えびはらよしえLive2016』が

開催されました。

 

正午より

「つながる・めぐるマーケット」で

出店ブースが

ふれあい豊山館に並びました。

 

午後3時より

えびはらよしえさんのライブが

行われました。

 

拙僧(副住職)も

少しだけ法話させて頂きました。

 

えびはらさんの歌は

飾らないありのままの言葉が

飾らない音の流れにのって

心に染み入るものでした。

 

今回も

沢山の方とご縁を

結ばせて頂きました。

 

本日

ご一緒下さいました皆様に

感謝申し上げます。

 

img_0593

img_0596

img_0605

img_0600

img_0611

img_0590

img_0615

img_0626

img_0645

img_0666

img_0680

img_0689

img_0693

双極性障害(躁うつ病)と向き合う④

双極性障害(そうきょくせいしょうがい)

躁(そう)状態と

うつ状態を

繰り返す

脳の病気です。

 

当山住職は

ここ5年

東京の慈恵医大に

通院し治療しております。

 

慈恵医大での

治療を開始する

きっかけは

うつ状態での

極度のアルコール摂取でした。

 

朝も昼も夜も

時間を問わず

お酒を飲むといった

状態が何年も

続いておりました。

 

各所に

お酒を隠しては

よく飲んでいました。

 

お寺に

供えられたお酒も

回収しては

飲んでいました。

 

住職は

糖尿病も持っていますが

とにかく

心身共に不健康な生活が

続いておりました。

 

拙僧(副住職)夫婦の

部屋にも忍び込み

お酒を探したりと

アルコール依存症

状態でした。

 

この1件は

副住職妻を

深く傷つけてしまいました。

 

家族、親族

とても困った状態でした。

 

あまりにも

状態が悪かったので

叔父の紹介で

東京の慈恵医大に

通院することになったのです。

 

躁(そう)状態と

うつ状態の落差は

非常に大きいものです。

 

「うつ→躁(そう)」は

“苦しみのどん底”から

解放されたような

幸福感に満たされるようです。

 

これまでも

ブログで記させて頂いたような

激しい言動は

病気に依る所が

多いわけですが

「気持ちの変遷」を

考えると

納得できる部分もあります。

 

うつ状態にある時は

とにかく体が重く

何事にも興味が湧きにくく

不安に満ちた心境に

なるそうです。

 

そのような状態から

幸福感に満ちあふれ

長らく動けなかった状態から

思うように体が動く状態へ

ガラッと変わるわけですから

“行き過ぎた言動”が

引き起こされることも

理解出来ないでしょうか。

 

一方で

「躁(そう)→うつ」は

“幸せの絶頂”から

“奈落の底”へといっても

過言ではない程に

苦しく辛い状態なのだそうです。

 

躁(そう)状態と

うつ状態は

単なる気分や気持ちの

問題ではありません。

 

感情をコントロールする

脳の部位に

不具合が生じている状態です。

 

双極性障害のみならず

脳疾患をお持ちの方は

アルコール依存症

ニコチン依存症

併発しやすいのだそうです。

 

少しでも

気持ちを落ち着けたいという

心理が強く働くのだそうです。

 

当事者にしか感じられない

如何ともし難く

言葉では表現出来ない

“気持ちの違和感”があり

そういった“不快感”を

紛らわせたいのかもしれません。

 

依存症を併発する方が多いため

双極性障害のある方は

アルコールやニコチンの

過剰な摂取から来る

健康への影響により

平均寿命が

10年〜20年も

短くなるという

データがあると

聞いたことがあります。

 

当山住職は

慈恵医大に通院しておりますが

担当の先生からは

アルコールもタバコも

控えるように言われております。

 

しかし現状は

アルコールもタバコも

控えておりません。

 

見方によっては

このような状態も

病状の1つなんだそうです。

 

双極性障害は

診断が難しく

判明しにくい

病気だそうです。

 

双極性障害とうつ病は

全く異なる脳の病気です。

 

双極性障害は

躁(そう)状態と

うつ状態を繰り返しますが

うつ病は

症状が異なります。

 

うつ病を

単極性障害ともいいます。

 

双極性障害の場合

躁(そう)状態の時と

うつ状態の時に

処方される薬が異なります。

 

仮に

双極性障害である方が

うつ病であると診断され

躁(そう)状態のときに

うつの薬を飲み続けた場合

躁(そう)は改善されません。

 

双極性障害は

正しい診断に至るまで

10年弱かかるんだそうです。

 

双極性障害は

様々な症状や疾患がある中

正確に区別し判断する

難易度が高い病気です。

 

それゆえ

病名も明らかで

病院で治療を続けている

当山の場合は

恵まれているのだと思います。

 

とはいえ

家族親族一同は

疲労困憊(ひろうこんぱい)しております。

 

躁(そう)とうつの

両極の幅が極小になり

家族も親族も

病状に振り回されること無く

それぞれが

それぞれの道に

集中できる日が

1日でも早く来て欲しいと

願っております。

whiteday026

気がつけば師走でして…

あれよあれよと

時間が過ぎ

本年も残す所

あと3週間となりました。

 

お寺の年末年始は

細々としたこと

大掛かりなこと

実に様々と

立て込む時季です。

 

この時季より

次年の春彼岸まで

お寺には

様々な行事が続きます。

 

それに加え

大掃除

年頭のお札作り

刊行物の作成

掲示物の準備

催事の年間スケジュール調整

配布物の確認

会計監査

役員会等の会議

それに伴う資料作成

などなど。

 

本年も無事に

年を越したいと

心より願う

今日この頃です。

yjimage

 

双極性障害(躁うつ病)と向き合う③

当山住職は

双極性障害(そうきょくせいしょうがい)

患っており

東京の慈恵医大に

通院しております。

 

双極性障害とは

躁うつ病のことです。

 

これまで長い間

当山住職は「うつ」でしたが

このことは

「体調を崩しておりまして」と

いった具合に

やんわりと伏せて参りました。

 

しかし

住職が躁(そう)状態になり

最近の現状を踏まえた結果

事実をありのままに

お伝えすべきとの

結論に至りました。

 

うつ状態の時は

2ヶ月に1度程度の

通院でしたが

躁(そう)状態の現在は

月に1度程の頻度で

通院しております。

 

躁(そう)状態が

特に激しかった8月は

2週間おきに通院しました。

 

12/8も通院しましたが

次回は12/26に

東京に赴くことになりました。

 

通院頻度の変化が示す如く

躁(そう)状態は

より丁寧な治療が必要です。

 

最近の様子を

ありのままに

述べさせて頂きます。

 

躁(そう)状態では

自分の考えた通りにいかなければ

暴言をはいてしまいます。

 

自分は偉くなったと感じるようで

とても横柄な態度になってしまいます。

 

「自分本位」で

とにかく活動的に

動き回ってしまいます。

 

また

他者のことを

非常に悪く言ってしまう

ということも

よく見られました。

 

電話越しに

声を荒げて

罵声を浴びせてしまう

ということも。

 

住職の病状について

ご存知の方はともかくとして

全く前情報の無い方々からすれば

非常に残念なお気持ちに

させてしまったことが

ここ数ヶ月にわたり

何度もありました。

 

お叱りや苦言のお声

良くない評判など

拙僧(副住職)の耳に

色々と入っております。

 

アルコールを控えるよう

病院から指示されておりますが

最近は思う存分に

お酒を飲んでおります。

 

頻繁に外出するようにもなり

飲み屋にも出入りしております。

 

相当に浪費している様子です。

 

タバコの煙を

体質的にNGとする

身内がいるにも関わらず

室内や境内で

相当量のタバコを

吸っております。

 

葬儀や法事などの

ご相談にいらっしゃる

方々の前であっても

タバコを吸ってしまうようです。

 

何度も何度も

改善するよう

強く求めましたが

全くもって

改善される様子は

見られません。

 

家族も相当に

ストレスを感じているのが

正直な所です。

 

拙僧(副住職)も長らく

左耳が難聴気味ですし

母も妻も

ストレスからくる

様々な症状が

出ております。

 

双極性障害が

社会的信用の喪失や

家庭崩壊を招きやすい

病気であると言われる理由が

痛い程よく分かります。


双極性障害(そうきょくせいしょうがい)は

誰にでも起きうる

脳の病気です。

 

なりやすい性格や

なりやすい環境など

可能性として

様々挙げられるようですが

つまるところ

誰しもがなりうる病気だそうです。

 

患者本人の

性格どうのこうのとは

別次元の所で

こういった極端な行動が

引き起こされるようです。

 

住職自身

本来は

節度のある僧侶です。

 

しかし

極端な病状により

上記のような状態に

なっております。

 

精神科医の友人の話によると

双極性障害の原因と

考えられる1つとして

感情をコントロールする脳部分が

小さくなっていることが

挙げられるそうです。

 

ドーパミンが

極端に出るか

極端に出ないかの違いが

「躁(そう)」と「うつ」の

違いとも考えられるそうです。

 

「病気がそうさせている」所が

多いのかと思いますが

だからといって

全てが全て病気であることに

理由を押し込めてしまっては

偏見に陥りかねないように

感じます。

 

この点は

いわゆる「精神病」全般において

求められる向き合い方に

重なるかと思います。

 

躁(そう)が激しく長い分

激しいうつ状態を

迎えてしまうと

言われております。

 

躁(そう)とうつの

“振れ幅”を

なるべく小さくすることが

双極性障害の治療では

目指す所だそうです。

 

躁(そう)が激しい際は

入院して休養を取ることが

一番とのことですが

「入院」という言葉を

聞いただけで住職は

激しく反発するといった具合なので

病院の処方下さる薬に

頼る所が大きいのが現実です。

 

親族に

厳しい口調で

色々と説得され

それに対して激しく応答する

住職の姿は

非常にかわいそうにも思います。

 

仏道では

四摂(ししょう)という

世の中における

4つの尊い行いの

大切さを説きます。

 

布施(ふせ)

愛語(あいご)

利行(りぎょう)

同事(どうじ)

 

噛み砕いていえば

思いやりの心を持つ

優しき言葉で接する

世のため人のためになる行いをする

相手の立場で考える

といった内容の教えです。

 

躁(そう)状態にある時

当事者は気分爽快で

とにかく楽しく

充実した心地なのだそうです。

 

長年うつ状態が続き

苦しさのどん底を

味わった後で

現在の状態になった

住職の気持ちを考えると

同情できる部分もあります。

 

再び

うつ状態が訪れることを

重々知っているが故の

“行き過ぎた行動”

なのかもしれません。

 

同事(どうじ)の視点から

住職に思いを馳せれば

そのように感じます。

 

ただ

周囲で心労を重ねる

家族の立場で考えると

やはり行き過ぎた行動に

かられてしまう

躁(そう)状態を

一刻でも早く鎮めなければ

共倒れしかねないと

強く感じます。

lgi01a201407300500

12/8は何の日でしょうか?

12/8と聞くと

何を思い浮かべるでしょう。

 

様々あるかと

思いますが

お釈迦様が

悟りを開かれた日

であると伝えられます。

 

悟りを開かれることを

成道(じょうどう)といいます。

 

成道を書き下すと

「道を成す」となります。

 

お釈迦様が志し目指した道が

成就されたといった意味です。

 

明けの明星が天に輝く

12/8の明け方に

お釈迦様は成道されたとされます。

 

12/8は

成道会(じょうどうえ)という法要が

執り行われ

お釈迦様の成道を讃えます。

 

今を生きる我々は

それぞれにそれぞれが歩む道があります。

 

仏道における12/8は

それぞれの道が

成就されることを願う1日でもあります。

img_0586

双極性障害(躁うつ病)と向き合う②

当山住職は長年

双極性障害(躁うつ病)

患っております。

 

端的にいえば

「うつ状態」と

「躁(そう)状態」を

繰り返します。

 

双極性障害は

心の病気ではなく

「脳の病気」です。

 

双極性障害は

自身のみならず

他者をも巻き込んでしまう

難しい側面があります。

 

それゆえ

本人が疾患をもっているということの周知や

本人・家族・有縁者が

病気について理解を深めることが

求められます。

 

おてらブログでは

「双極性障害(躁うつ病)と向き合う」

というシリーズで

ブログを更新して参ります。

 

双極性障害は

誰にでも起こりうる病気です。

 

本年7月後半頃より

当山住職は

躁(そう)状態にあります。

 

躁(そう)状態が激しいと

深夜であろうと

未明であろうと

関係なく知人に電話をかける

騒音を気にせず活動する

激しく浪費を重ねる

大声で話す・どなる

横柄な態度になり自分勝手になる

攻撃的になってしまう

など極端な行動的特徴が見られます。

 

気持ちが先行してしまうので

非常識と捉えられかねないような

ことも多々見られます。

 

アルコール依存症や

ニコチン依存症を

併発しやすい傾向があり

生活習慣より生じる病気を

誘発しやすい病気でもあります。

 

上記の極端な行動は

患者本人が「異常である」と

自覚するのが難しいそうです。

 

ここが難しい点でもあり

社会的信用の喪失

家庭崩壊

を招くことが多いそうです。

 

双極性障害は

根治するのは難しい病気です。

 

薬物療法と

精神療法により治療しておりますが

現実は中々難しいものです。

 

仏道では

生きる上で

「四苦(しく)」

向き合わなければなりません。

 

四苦とは

生(しょう)

老(ろう)

病(びょう)

死(し)

の4つです。

 

ここ数ヶ月

住職本人の意図とは異なり

様々な問題も起りましたので

本人のためにも

家族のためにも

有縁の方々のためにも

病気について公表させて頂き

その病気と現状について

お伝えさせて頂こうと思い立ちました。

 

拙僧(副住職)なりの

四苦との1つの向き合い方でもあります。

 

拙稿ではありますが

投稿を重ねさせて頂く中で

病気に対してご理解頂ければと

願っております。

img_0315

おてらおやつクラブ〜真心を廻らせる〜

12/6に

おてらおやつクラブの

発送作業を行いました。

 

おてらおやつクラブとは

子どもの貧困と向き合い

ひとり親家庭を中心に

おてらから

「おそなえ」を「おさがり」として

「おすそわけ」する活動です。

 

当山にて

真心が託された

「おそなえ」が

発送先のご家庭へ

振り廻らされます。

 

発送するに当たり

箱詰めさせて頂いた

お供物を

南祖法師(なんそほっし)の御前にて

お手合わせさせて頂きました。

 

尊い真心で

少しでも多くの方が

笑顔になられることを

お祈りいたします。

 

▼おてらおやつクラブHP

http://otera-oyatsu.club

 

※南祖法師(なんそほっし)

十和田湖伝説に登場する

南祖坊(なんそのぼう)は

当山にて修行されたと伝えられます。

 

本年夏、その南祖坊が

修行されているお姿の御像が見つかり

「南祖法師(なんそほっし)尊像」として

観音堂にお祀りしております。

img_0568

img_0572

img_0565

img_0577

双極性障害(躁うつ病)と向き合う①

双極性障害(そうきょくせいしょうがい)

という言葉をご存知でしょうか?

 

躁鬱病(そううつびょう)という

言葉の方が認知されている

かもしれません。

 

双極性障害とは

その字の如く

躁(そう)状態と

うつ状態を

繰り返す病気です。

 

当山住職は

長年に渡り

双極性障害を患っております。

 

住職は数年前より

東京の慈恵医大に

通院しておりますが

拙僧(副住職)が

住職の様子を見る限りでは

とても難しい病気であると

感じております。

 

正直な所

当家の家族も

かなり心労を

重ねております。

 

また

色々調べますと

この病気を患われる方が

将来的にかなり増えるのではないかと

感じております。

 

長期にわたる極度なストレス状態が

この病気を引き起こす

1つの原因と

考えられるのだそうです。

 

躁(そう)状態が激しくなると

 

夜中であろうが

早朝であろうが

関係なく知人に電話を

ひたすらにかけたり

騒音をたてながら行動したり

浪費が過剰になったり

横柄な態度になったり

大声で荒々しく叫んだりと

挙げれば切りがありませんが

平静を保てない状態となってしまいます。

 

様々な感情を司るのは

脳であることは

言うまでもありません。

 

双極性障害は

両極端な状態を繰り返す病気ですが

病気のことについて

「きちんと知る」ことが

その状態を理解することに繋がります。

 

「きちんと知る」ために

様々な書籍やサイトを拝見させて頂くと

マインドフルネスや

グリーフケアといった

昨今、重要視されている

“心の学び”と大いに重なることを知りました。

 

脳は

「内なる宇宙」とも

いわれます。

 

これを機会に

拙僧(副住職)も

「内なる宇宙」について

学びを深めさせて頂こうと思います。

 

 

※双極性障害については以下のページをご参照下さい。

▼厚生労働省のページ

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_bipolar.html

 

▼こころの健康情報局

http://www.smilenavigator.jp/soukyoku/about/abc/abc01_01.html

spacer 354be34e7d4aab1e8f8d1c22c37106a8_l

チョコレートから世界を学ぶ

12/4に寺子屋ワークショップ

「ホンモノの手作りチョコレートワークショップ」が

開催されました。

 

チョコレートの原料である

カカオはどこで

どのような人たちが

生産しているのか。

 

カカオは

どのように手を

加えられ

私たちがよく目にする

商品になるのか。

 

今回のワークショップでは

NGO団体APLAより

野川未央さんにおいで頂き

講師を務めて頂きました。

 

チョコレートを

実際に作ること自体

とても貴重な体験でした。

 

沢山の学びと発見に

満ちあふれた

ワークショップとなりました。

img_0516

img_0479

img_0410

img_0492

img_0495

img_0544

img_0553

img_0562

むっちゃんへの手紙

むっちゃんへ。

 

むっちゃんと

むっちゃんのパパママと

むっちゃんのじいじばあばと

和尚さんで

一緒にお寺で

お願い事したよね。

 

むっちゃんは

静かに和尚さんの

お経を聞いていたよね。

 

和尚さんに

だっこさせてくれたよね。

 

お寺でナムナムした後

一緒に写真を

撮ってくれたよね。

 

むっちゃんは

大きく澄んだ瞳で

美人さんだったよ。

 

和尚さんには

むっちゃんと

同い年の女の子の

子どもがいるんだよ。

 

むっちゃん

最後の最後まで

頑張ったね。

 

もう怖い思いを

することはないからね。

 

和尚さんは

むっちゃんのこと

すごいと思うよ。

 

今度むっちゃんに

会いに行くからね。

 

和尚さんが

お経を唱えに

行くからね。

 

和尚さんは

むっちゃんのこと

忘れないからね。

 

和尚さんは

むっちゃんに

笑われないように

これからも

一生懸命

頑張るからね。

 

安らかな優しい眼差しで

世界一優しい

むっちゃんの

パパママ

じいじばあばを

見守ってね。

 

色々なことを

教えてくれて

ありがとう。

 

本当にありがとう。

 

和尚さんより。

泰峻 合掌

sky10