黄昏時(たそがれどき)に「たそがれる」

太陽が

西に沈み

暗くなりかける

ほんのわずかなひとときに

西の空にたなびく雲が

美しく

染められておりました。

 

仏道において

西は極楽浄土の

方角とされます。

 

西は

はるか昔より

様々なおもいが

重ねられ

託されてきた

方角です。

 

このような光景に

皆様は

何を思われますか?

 

なつかしい日々

なつかしい顔

なつかしい声

明日への希望

一日の安堵

などなど

十人十色の

黄昏時(たそがれどき)。

 

あるがままに

心に抱いた

おもいを胸に

 

今を大切に

しっかりと

歩みを進めたいと思います。

IMG_6549

5/14『春のyogaリトリート』開催します

春のyogaリトリート2016

5/14正午より

『春のyogaリトリート〜pray for Kumamoto〜』

が当山にて

開催されます。

 

正午より

様々なブースが

ふれあい豊山館にて

出店されます。

 

午後4時より

本堂でも

様々なクラスが

開催されます。

 

有意義なひとときを

お過ごし頂くことが

同時に熊本地震復興支援活動

にもなりますので

ご都合の宜しい方は

ぜひいらして下さいませ♪

 

心よりお待ちしております。

 

▼出店ブース・開催クラス詳細

https://fugenin643.com/blog/wp-admin/post.php?post=584&action=edit

はちのへ若者サポートステーションの皆様がいらっしゃいました

5/12午前10時半より

はちのへ若者サポートステーションの

プログラムとして

写仏(しゃぶつ)体験が

当山にて開催されました。

 

晴れ渡る青空

やや強い春風

当日は暖かな一日でした。

 

写仏とは

その字の如く

ほとけさまを

浄写(じょうしゃ)することです。

 

写経と同様

心を静め自身と向き合う

伝統的な修行です。

 

写仏体験には

引率の方含め

9名の方が

臨まれました。

 

皆様おひとりおひとりが

それぞれのペースで

それぞれのお心と

向き合われ

優しい陽射しの差し込む

明るく静かな空間で

写仏修行に

取り組まれておりました。

 

ご一緒させて頂いた

このひとときが

ご参加頂いた皆様の

未来の歩みに

つながることを

願っております。

 

▼はちのへ若者サポートステーション

http://hachisapo.roukyou.gr.jp/index.html

DSC00059

DSC00051

IMG_6533

IMG_6536

IMG_6542

「おもい」をめぐらせる

IMG_6496

5/11は朝から雨模様でした。

 

ここ数日中で

最も冷え込んだ

一日でもありました。

 

当山では

おてらおやつクラブ(http://otera-oyatsu.club

という活動に携わっております。

 

おてらおやつクラブとは

「おそなえ」を

「おさがり」として

「おすそわけ」する活動です。

 

ご法事やお参りの際に

「おもい」が通わされた

「おそなえ」により

1人でも多くの方が

笑顔になって頂ければと願い

本年より携わらせて頂いております。

 

5/11の発送作業にあたり

ワークショップの打ち合わせで

当山にお越し頂いていた

猪股美香子さんにも

お手伝い頂きました。

 

 

お手伝い頂いた猪股さんは

インドネシアの方とご結婚され

国際交流の場や

異文化理解・異文化交流の

ワークショップを企画されております。

 

当山副住職妻も

国際協力やNGOに携わっていた

ということもあり

猪股さんとはご縁を

頂戴いたしました。

 

本年夏に

「国際理解」をテーマとした

ワークショップを

企画しており

その打ち合わせで

猪股さんには

お越し頂いておりました。

 

猪股さん

お手伝い頂きありがとうございました。

 

お寺で

捧げられた「おもい」は

尊いものです。

 

その「おもい」が

めぐらされた先に

温かなひとときが

訪れることを

願っております。

IMG_6503

IMG_6510

IMG_6515

季節の絶景

心安らぐ光景。

 

桜沼公園の鯉のぼり(五戸町)。

正子のチューリッぷ園(五戸町)。

 

今年も沢山の方が

この素晴らしい絶景に

心洗われたことと思います。

 

丹精込められ

心が込められているからこそ

心が安らぐのだと思います。

 

季節の絶景を

観せて頂けることは

本当にありがたいことです。

 

自身も

“心を込めて”

日々を過ごしたいものです。

 

IMG_6266

IMG_6340

IMG_6410

IMG_6345

熊本地震復興支援のご報告

熊本地震復興支援のため

アーユス仏教国際協力ネットワークに

寄付金を送らせて頂きました。

 

今回の寄付にあたり

三戸町にございます

南部住建(なんぶじゅうけん)様からも

寄付金をお預かりいたしました。

 

南部住建様より10,000円

当山より30,000円

計40,000円を寄付させて頂きました。

 

南部住建の皆様

御協力下さり

誠にありがとうございました。

 

熊本地震の復興に

少しでも役に立てられることを

願っております。

 

5/14には当山にて

チャリティーイベント

『春のyogaリトリート2016〜pray for kumamoto〜』

開催されます。

 

寺子屋ワークショップにて

お納め頂く会費の一部も

東日本大震災復興支援や

熊本地震復興支援を含む

国際協力にあてさせて頂いております。

 

お寺にお運び頂き

各々のひとときを

過ごされることが

そのまま支援活動や

国際協力活動になります。

 

ご都合のよろしい方は

是非お運び下さい。

 

皆様のご参加ご協力を

よろしくお願い申し上げます。

 

 

▼アーユス仏教国際協力ネットワーク熊本大地震救援募金について

http://ngo-ayus.jp/project/fund_raising/2016kumamoto/

▼『春のyogaリトリート2016〜pray for Kumamoto〜』詳細

http://ameblo.jp/evahvill/entry-12158602521.html

▼寺子屋ワークショップのご紹介

https://fugenin643.com/category/寺子屋ワークショップのご紹介/

▼5/25『写経カフェ』参加者募集中☆

https://fugenin643.com/blog/525『写経カフェ』参加者募集中です!/

IMG_8936

IMG_8938

IMG_8927

5/25『写経カフェ』参加者募集中です!

5/25に開催されます

寺子屋ワークショップ『写経カフェ』の

参加者を募集しております!

 

どなた様でも

ご参加頂けますので

興味のある方は

是非ご一緒下さい。

 

詳細・お申し込みについては

『写経カフェ』のイベントページを

ご参照下さい。

 

お寺で

ゆったりと

心を落ち着ける

ひとときを

過ごされてはいかがでしょうか?

 

皆様のご参加

お待ちしております。

 

 

▼『写経カフェ』イベントページはこちら

https://fugenin643.com/category/寺子屋ワークショップのご紹介/写経カフェのご案内/

▼寺子屋ワークショップのご紹介

https://fugenin643.com/category/寺子屋ワークショップのご紹介/

IMG_4957

IMG_3177

5/14チャリティーイベントを開催します

5/14に当山を会場に

熊本地震のチャリティーイベントが

開催されます。

 

当日は

様々なブースやクラスが

用意されますので

ご都合のつく方は

是非お運び下さい。

 

詳細は

主催者のMikiさんの

ブログに掲載されておりますので

そちらをご参照下さい。

 

▼主催者Mikiさんのブログ

http://ameblo.jp/evahvill/entry-12158602521.html

春のyogaリトリート2016

永福寺と普賢院

当山の起源は古く

弘仁初期(810年頃)草創

承安元年(1171年)開基

の古刹(こさつ)です。

 

当山は

かつて永福寺(えいふくじ)

というお寺でした。

 

当山付近の住所が

永福寺という地名なのは

かつては永福寺があった

ということを物語っております。

DSC_8752

当山は

江戸期に当地域を治めていた

南部氏の祈願所(きがんしょ)

として重宝されておりました。

 

祈願所とは

ご祈願やご祈祷をお願いする

お寺のことです。

 

一方で

ご供養をお願いするお寺を

菩提所(ぼだいしょ)

菩提寺(ぼだいじ)

といいます。

 

永福寺は

南部氏が拠点を

三戸から盛岡に

移す際に

盛岡に改めて建立されました。

このように

居城を構えるに当たり

お抱えのお寺も一緒に

移転させるということは

当時では珍しくはないことでした。

 

当地域から盛岡へ

移転された寺院は他にもあり

永福寺はその筆頭でした。

 

永福寺は

盛岡に移転され

隆盛を極めます。

その“勢力”たるや

東北において“3本の指”に

入る程であったと伝えられます。

 

永福寺は

元和3年(1617年)に

お城の艮(うしとら)の方角に

改めて建立されます。

 

艮とはいわゆる鬼門の方角です。

 

居城守護のために

鬼門の位置に構えられました。

現在、永福寺は

盛岡市下斗内にあり

当山と同じ

真言宗豊山派の寺院です。

スクリーンショット 2016-04-26 23.25.04

時代に即した学び

永い歴史がある

ということは

時代時代に応じて

伝統が守られてきた

ということでもあります。

 

社会の変化が著しい

今の世にあって

お寺を守るために

求められる「スキル」

のハードルが高まっている

ように感じます。

 

これまで以上に

多分野にまたがっての

学びを深める必要が

あるように感じます。

 

本日は

東京都港区神谷町に

ございます光明寺にて

開催された勉強会に

行って参りました。

 

光明寺には

一般社団法人おてらの未来

の事務局がございます。

 

おてらの未来は

未来の住職塾

という学びの場を

運営されております。

 

宗派、地域、立場を超え

お寺に携わる方が集い

未来にお寺を託すための学びを

共に深めさせて頂いております。

 

当山副住職も

昨年より参加させて頂き

学ばせて頂いております。

 

まさに日々精進です。

12496473_848774698573784_6693091930606404565_o