オンラインで事前受付出来るようにしてみました

だいぶ前から考えていたことですが

各催事をオンラインで

手軽に参加申し込みいただけるよう

受付フォームを作ってみました。

 

護摩法要については

オンライン参列も

受付しております。

 

下記URLから

各催事の概要の確認や

参加申し込みなどが

出来ますので

ご活用いただければと思います。

 

▼お寺ヨガ(2/18)受付シート

https://forms.gle/8c6MpSMFoApa8E8a6

 

▼おこもり護摩(2/26)受付シート

https://forms.gle/gHirNnwcyjCLogUh9

 

▼不動護摩(2/28)受付シート

https://forms.gle/WFxafRqJxjP88aL78

 

▼各催事のご案内はコチラ

https://x.gd/fAo56

 

普賢院本尊の愛染明王④

昨日は「明王の存在感」について

投稿しましたが

インパクトあるお姿には

深いお諭しが込められています。

 

様々なみ教えが託されますが

愛染明王は煩悩即菩提

不動明王は生死即涅槃

を象徴するともいわれます。

 

前回までは

専門的な辞書を引いて

関連事項について紹介をしましたが

今回は『西国愛染十二霊場巡礼』

(西国愛染霊場会編・朱鷺書房・2021年)

を参考に愛染明王の十二誓願を紹介します。

 

なお以下の文言は

引用元の文章を尊重しつつ

語尾を改めた箇所があります。

 

一、智慧の弓方便の矢を以って愛敬を与え幸福を授ける

二、悪心を加持して善果を得せしめる

三、三毒の煩悩を摧破して浄心を起こす

四、諸の邪見・驕慢の心を離れて正見に住せしめる

五、諸人との闘争の縁を断って一生平和に送らせる

六、諸の病苦と天災の難を去って天寿を全うさせる

七、貧弱飢渇の苦を除いて無量の福徳を与える

八、悪鬼邪神の厄を払うて安穏快楽ならしめる

九、子孫繁栄と家運増長を守って復縁を断たせない

十、前世の悪行の報を清めて後生は浄土に生まれしむ

十一、女人には愛を与えて良縁を結ばしめ善児を授ける

十二、女人には臨産の苦を免れしめ所生子には福徳愛敬を授ける

 

誓願はみ教えに通じているものであり

尊格に託された願いでもあります。

 

以上の誓願が

いずれの経典のどの箇所に

典拠を持つものであるかは

調べる余地があるものの

愛染明王十二誓願は

広く共有されているようなので

今回紹介させていただきました。

 

こういった具体的な誓願と

愛染明王の特徴的な各所の造形を

照らし合わせながら

紐解いていくことは

とても有意義なことであり

よりご縁をお結びいただく

方便だと思います。

 

それはまた

機会を改めて

書いてみたいと思います。

 

つづく

 

不動明王の脇士を造立します

令和5年1月より毎月28日に

不動護摩を行っています。

 

お納めいただくご浄財は

当初は欄間制作にあてる予定でしたが

欄間は現実的ではなく思われ

なければなくても良いものなので

方針を変更して

堂内の荘厳具などに

使わせていただくことにしております。

 

これまで不動護摩にて

お納めいただいたご浄財を元に

不動明王の脇士(わきじ)である

矜羯羅童子(こんがらどうじ)

制多迦童子 (せいたかどうじ)を

仏師さんに造立していただくことにしました。

 

本年1月末に

仏師さんに相談したところ

順調にいけば

本年4月末〜5月上旬頃に

完成させられるだろうとのことでした。

 

なので5月の不動護摩では

脇士仏を両側に従えられた形で

お不動さまとお向き合いいただけると思います。

 

5月の不動護摩では

両童子の開眼作法もお勤めし

ご参列の方々と謹んで

祈りを捧げさせていただきます。

 

不動三尊の形式で行う

最初の護摩でもあるので

特別護摩札を用意しようかと

思案しています。

 

成田山のように

何万人もの参列者規模ではないので

お申し込み分を手書きで準備するのは

難しいことではないので

矜羯羅童子と制多迦童子の開眼の機会に

入用の方向けに用意したいと思います。

 

あくまでも入用の方が

いらっしゃればの話です。

 

今月の不動護摩は2月28日です。

 

その2日前には

秘仏をご開帳しての

おこもり護摩がありますが

不動護摩にも

ぜひお運びいただければと思います。

 

明王の存在感

普賢院の本尊は愛染明王という

とても深秘な尊格です。

 

かつて

愛染明王を本尊として祀るには

様々な条件が必要だったため

本尊として祀られる寺院は

多くはありませんし

少なくとも八戸近隣では

普賢院だけです。

 

昨年春にご縁あって観音堂お迎えして

修繕させていただいた

不動明王という尊格は

信仰の歴史が古い仏さまで

宗派を超えて

民間信仰に至るまで

篤く祈られてまいりました。

 

如来、菩薩、天など

尊格には様々なお姿がありますが

明王のお姿は特に威風と貫禄が感じられます。

 

本堂と会館と位牌堂には

多くの仏像が祀られ

どの尊格も尊いお姿で深みがありますが

現在の普賢院において

明王の存在感が際立っています。

 

それぞれのお姿に託された

み教えがある

ということは言うまでもありませんが

威風ある明王に託されたお諭しは

現代において一段と響きあるものとして

捉えることが出来るのではないかと

最近感じています。

 

そのようなことを思いつつ

節分である本日は

各所でお勤めさせていただきました。

 

行事案内をライブしてみました

昨日も行事案内をしましたが

今月の行事について

動画でご案内してみました。

 

ご覧いただければ幸いです。

 

▼昨日のご案内はコチラ

2月の行事案内(2月1日の記事)

 

チラッと以前も書きましたが

昨年9月以降

動画を編集して

行事の様子をお伝えするのを

お休みして

より良い形で諸事お伝えする方法を

模索しております。

 

その一環で

2月の行事案内をライブ配信してみました。

 

昨年夏頃より

ちょくちょくライブ配信にチャレンジしてますが

本年は一層チャレンジしたいと考えています。

 

法務(葬儀や法事や行事など)のほか

様々な役職を任せられている現状だと

動画を編集する時間の確保が

難しくなったこともありますが

ライブ配信を重ねることで

積み上げられる経験や技術的側面の向上は

今後大いに役立つと感じていることも

最近はライブ配信を重んじている理由です。

 

配信したと思っていたら

操作ミスで配信されていなかったり

失敗の連続という段階ですが

模索を続けてみたいと思います。

 

2月の行事案内です

 

2月は

お寺ヨガ

おこもり護摩

不動護摩を開催します。

 

以下にお寺ヨガとおこもり護摩の

リンクを添付するので

詳細はそちらをご参照ください。

 

不動護摩については

新たに用意した不動明王御守

新たに用意する供養護摩木

新たに取り組ませていただくことなど

もう少し整ってから

改めてご案内いたします。

 

どの行事も

どなたでもご参加いただけますので

お気軽にご一緒いただければと思います。

 

お寺ヨガのご案内

 

おこもり護摩のご案内

 

お寺ヨガのご案内

お寺ヨガ

日程 令和6年2月18日

時間 午後7時〜8時30分頃

会場 普賢院ふれあい豊山館

会費 2,000円

服装 動きやすい服装

持ち物 ①ヨガマットorバスタオル、②飲み物、③毛布やタオルケット(あると倍音浴瞑想を一層心地よく過ごせます)

 

ヨガは呼吸を整え

心を整え、体を整える

古代よりの行法です。

 

仏道とも深く関わっています。

 

お寺の静寂な空間にて心と体を

ときほぐしてみませんか?

 

当日は法話、ヨガ、倍音浴瞑想を行います。

 

法話は住職

ヨガ講師は春日知子さん

倍音浴瞑想のクリスタルボウル演奏は

AROMA KAYOさんが担当します。

 

参加費の一部は

アーユス仏教国際協力ネットワークへの

寄付を通じて国内を含む

国際協力活動にあてさせていただきます。

 

殊に本年元日に発生した

能登地震の復興支援に

あてさせていただきたいと思います。

 

どたなでも

ご参加いただけます。

 

ご参加ご希望の方は

お気軽にご連絡ください。

 

皆さまのご参加

お待ちしております。

 

お地蔵さまに帽子とマフラーを奉納いただきました

いつも不動護摩を

ご一緒くださっている方が

お地蔵さまへ帽子とマフラーを

手編みしてくださいました。

 

帽子とマフラーは

不動護摩の際に

護摩の火・煙にあてて

お加持しまして

翌朝お地蔵さまに

まとわせていただきました。

 

お心込めて編んでいただいた

帽子とマフラーゆえ

お地蔵さま方も

いっそう穏やかに

たたずまれているように

感じられます。

 

あたたかなお心に

感謝いたします。

 

七崎観音おこもり護摩法要ご案内

七崎観音おこもり護摩法要の日時

日程 令和6年2月26日

受付 午後7時〜

法話 午後7時30分〜(20分程を予定)

法要 午後8時〜

※今年は法要前に、七崎観音に関してお話をさせていただきたいと思います。

※受付は法要直前まで行います。法話中も受付は行いますので、法話が始まっていても、本堂に出入りしていただいて大丈夫です。

 

秘仏・七崎観音(ならさきかんのん)は

一年に一度だけご開帳され

そのご宝前で護摩法要を厳修します。

 

ご開帳は毎年

旧暦1月17日大安

という慣習になっています。

 

ご参列についての詳細は

下記リンクより

PDFにしたご案内を

ご参照ください。

 

本年は

大般若附護摩法要

(だいはんにゃつきごまほうよう)

という法式で

一段と厳かに法要を

行わせていただきます。

 

大般若附というのは

大般若転読(だいはんにゃてんどく)

という作法を行うという意味です。

 

本年も拙僧泰峻と

親しくしていただいている

住職方にご助法いただきます。

 

一年に一度の

厳かで尊いひとときを

ご一緒しませんか?

 

▼詳細はコチラ(PDF)

R6おこもり案内

 

▼昨年の様子

 

あたたかな初不動の不動護摩

天候にも恵まれ

本年最初の不動護摩を

お勤めいたしました。

 

多くの方にご一緒いただき

とてもあたたかな祈りの時間と

なったと感謝しています。

 

令和5年1月から

毎月28日に行なっている不動護摩は

伝統ある祈りの儀式であるのは勿論ですが

本当に良い集いのひとときに

なっていると感じます。

 

初不動にあわせて

不動明王御守を用意しました。

 

不動明王のご祈祷で

有名なお寺では

立派な剣型木札を用意する場合が

多いのですが

身につけられるような授与品が

良いと思いまして

木札のお守りを準備しました。

 

護摩の火にあてて

お加持したものを

入用の方に1体1000円で

授与させていただきました。

 

思った以上に

お求めいただいたので

お加持済みのお守りは

あと8体だけです。

 

お求めの方がいるようでしたら

毎月の護摩の際に

加持させていただきたいと思います。

 

次回の不動護摩は2月28日となります。

 

ちなみにですが来月26日は

秘仏・七崎観音をご開帳して

護摩を行う「おこもり」もあります。

 

おこもりは

不動護摩とは法式が異なり

拙僧泰峻含め5名の住職で

お勤めする厳かな法要となりますので

そちらもご都合のよろしい方は

ご一緒いただければと思います。

 

本日の護摩の様子は

YouTubeでライブ配信したので

よろしければ

そちらもご覧いただければと思います。