双極性障害(躁うつ病)と向き合う⑲〜酒類のお供えを控えるようご協力願います〜

2017年7月21日以来

4年ぶりにこのテーマで

書かせていただきます。

 

当山住職は

長く双極性障害(躁うつ病)を

患っておりまして

治療を続けています。

 

これがどのような病気で

どのような症状があり

どのような難しさがあるのかは

過去にも記しているので

そちらをご参照いただければ

と思います。

 

▼過去の記事(カテゴリー)はコチラ

https://fugenin643.com/category/%e5%8f%8c%e6%a5%b5%e6%80%a7%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e3%81%a8%e5%90%91%e3%81%8d%e5%90%88%e3%81%86/

 

この病気は

アルコール依存や

ニコチン依存とも

深く関わるとされます。

 

2016年夏(7月頃)より躁状態になり

お寺に住む寺族は

健康にも害が及んでしまうなど

大変なことが沢山ありましたが

2017年春頃に

状態が落ち着き

良い具合でおりました。

 

双極性障害は

維持治療」が求められます。

 

当山住職の場合

お医者さんから

アルコールとタバコの摂取は

禁じられています。

 

禁煙は難しいようで

今でもかなり摂取していますが

アルコールの方は

この約4年何とか不摂取を

維持しておりました。

 

しかし

ここにきて

隠れてウイスキーを

飲んでいました。

 

この「ちょっとだけ」が

一時的なもので終わることなく

躁状態や過度のアルコール依存への

入口となる確率が高いことが

よく言われています。

 

なぜ飲んだのかをたずねると

開き直った様子になり

親戚の叔父に

「たまには飲んだほうがよい」

と言われたということだったので

その叔父に連絡してみると

そのような話をしたことはない

とのことで

その場を取り繕うために

出てしまった嘘のようでした。

 

双極性障害の治療は

躁状態にならないように

することが第一とされます。

 

今回の一件はもしかしたら

躁状態への兆候かもしれませんし

その逆への兆候かもしれません。

 

文字に起こして眺めてみると

客観的に物事を

眺めやすいとされるので

活字化して整理してみると

躁っぽい雰囲気があるように思います。

 

かなりの躁状態となってしまうと

「自己中心的」「自分勝手」

で周囲はお構いなしとなりうるのですが

その入口にあるとしたら

その入口にあるということを

自身も寺族(家族)も

「自覚」しなければなりません。

 

今回の一件についていえば

双極性障害(躁うつ病)

という脳の病気が

そうさせているわけですが

お寺に住む者も皆人間なので

正直裏切られた感じがあり

とても残念に思っています。

 

この病気は完治が難しく

向き合っていくものです。

 

躁状態となれば

4年前のように

お寺の者のみならず

周囲の方へも

ご迷惑をおかけすることが

あるかもしれないので

今回ここに

記させていただきました。

 

こちらのブログは当山有縁の方も

少なからずお読みになられているので

ここで勝手ながらお願いがあります。

 

当面は

位牌堂と観音堂への酒類のお供えは

なるべくお控えいただきたいのです。

 

アルコール依存状態ですと

あら探ししてまで

アルコールを探してしまうという

症状になることがあります。

 

念押ししますが

あくまでも病気がそうさせているのです。

 

4年前の経験から

躁状態になってしまうと

寺族だけで向き合うのは

かなり難しくなることが想定されるため

まことに勝手なお願いではありますが

事情をご賢察のうえ

ご協力いただければ幸いです。

 

お寺の「夏休みシフト」が始まりました

子どもたちが

夏休みに入ったので

お寺のリズムも

しばらくの間は

“夏休みシフト”を

しかせていただきます。

 

夏休みに

ある意味欠かせないのは

宿題かと思います。

 

終わらせることを

目的としてしまうと

終わらせることに

躍起になってしまうので

そこは何とかペースを

作ってあげたいと思いまして

拙僧(副住職)の経験も踏まえて

一緒に宿題と向き合っております。

 

その一環もかねて

本堂建立地の地下にあった

粘土を使って

工作を始めました。

 

ちょっと前に

試験的に粘土あそびをして

乾かしてみたのですが

思った以上に強度が高く

工作としては十分なものを

作ることが出来ると判明しました。

 

難点をあげるとすると

寄せておいた粘土が

すでにカッチカチに

乾いているため

それを砕いて水と混ぜて

工作出来るような状態にする

加減が意外と難しいことでしょうか。

 

高僧にまつわる逸話として

泥や粘土などの「土」で

仏像をこしらえたという

エピソードが

様々に残されています。

 

粘土工作をしている時

こういった逸話がふと

頭をよぎりまして

夏休み中に

挑戦してみようかとも

考えたりしています。

 

 

▼こちらは少し前に

試験的に制作して乾かしたものです。

 

▼基礎工事の様子

「物語」とすることの意味や意義をふりかえる

当山の催事で

お話することの関係や

有縁の皆様にお渡しする

諸資料を用意する関係で

調べ物をしているのですが

ふと大きな気づきがあったり

新たな着眼点を得ることがあります。

 

こういったことも

尊い功徳だと捉え

ありがたいことと感じています。

 

以前もアナウンスしましたが

十和田湖南祖坊伝説の絵本を作る

クラウドファンディングのプロジェクトを

今月中にスタートする予定ですが

それにあたり

「物語」を残す意味を

改めて振り返っています。

 

例えば日本でいうと

古事記が良い例かと思いますが

その序には

歴史を伝え

「物語」を伝えることの

意味や意義を考えるにあたって

大変参考になるものがあります。

 

もちろん物語との向き合い方は

十人十色で良いと思うのですが

多種多様な向き合い方のひとつとして

為政者が託した意味や狙いを

踏まえることは

大切なことだと心得ています。

 

今回はたまたま古事記の

話題に触れていますので

このまま続けさせていただくと

古事記が編纂された時代は

まさに激動の時代で

その制作の勅令を発したのは

天武天皇です。

 

7世紀半ばより

おおがかりな改新が行われ

7世紀後半には

古代史最大の内乱があって

という流れの中で

即位されたのが天武天皇です。

 

天武天皇がご逝去されたため

古事記編纂事業は一時ストップしますが

元明天皇の時代に再開され

和銅5年(712)に完成したとされます。

 

政治史を見ても

大変な時代であることが分かりますが

この時代は疫病蔓延や災害もあり

人心に暗い影が落とされることの多い

世の中だったといえるでしょう。

 

これ以上論を進めると

ますます専門的なものに

なっていってしまうので

この辺にしておきますが

娯楽としてだけではなく

願いやおもいを込めた形で

物語を後世に託したいとの思いを

以前から抱いています。

 

さて

絵本制作の件ですが

現在プロジェクトの申請中でして

近日中に審査が終わると思います。

 

審査が終わりましたら

改めてお知らせさせていただきます。

 

御詠歌の法話動画に登場させていただきました

御詠歌にまつわるお話をする

法話動画「ごえいかばなし」

の一本を担当させていただきました。

 

本日アップされたので

ご笑覧いただければ幸いです。

 

当山有縁の方や

ワークショップでご一緒

したことのある方は

聞き慣れたことかもしれませんが

初めての法話動画なので

ぜひご覧下さいませ。

 

じっくり深く

猛暑のため

なるべく外には

出ないで下さい

との呼びかけを

メディアでよく耳にしますが

本当にその通りだと感じます。

 

エアコンのない部屋にいると

ちょっと危ないと

感じることがあります。

 

今後7月下旬に

お地蔵様の行事をと

検討していたのですが

やるにしても時間帯を工夫するなど

暑さ対策は必須だと確信しました。

 

今後の行事の話題ついでですが

戦没者供養や会津斗南藩縁故者供養などを

どのような形で行っていくかについても

様々に検討しています。

 

今から2年前の夏

拙僧(副住職)はご縁をいただき

サハリンでの慰霊巡礼に

お供させていただきました。

 

当山にも戦没者慰霊碑がありますし

戦死した住職兄弟もいるため

戦争経験はなくとも

それなりに身近なものに

感じていたのですが

サハリンで戦争の時代を知る方々や

その親族の方と過ごした日々を通じて

色々と深く考えさせられました。

 

本堂建替のための引越に伴い

古い仏像仏具や古文書などの

整理をする中で

必然的に地域の歴史にも

触れたわけですが

それはある意味生々しいもので

いかに難しい時期が

何度もあったかを

改めて思い知らされました。

 

そういった背景があって

人々の心の癒やしとなり

慰めとなったものとして

成立していった文化が

あるということも

心の底から納得します。

 

昨今の

ウイルス蔓延の状況も相まって

これまでとは少し違った視点で

過去と向き合う姿勢が

培われたようにも思うのです。

 

今も慣習として根を下ろしている

お盆や彼岸や年末年始は

先祖供養と深く関わっていますが

今触れてきたような視点を以て

その成り立ちをたずねてみると

切実な思いのようなものが

込められていることが分かります。

 

何事にも変化が見られる時代だからこそ

今一度じっくり深く

意味をたずねてみることが

大切であると感じています。

 

南部富士の幻想的なすがた

昨月秋田へ赴いた際

前日は八幡平に泊まりました。

 

宿泊したホテルからは

秀麗な岩手山をのぞむことが

出来たので

早朝にタイムラプスで

撮影を行いました。

 

流れ行く雲霧に

覆われては

また現れるその光景は

とても幻想的だったと感じます。

 

南部富士と称えられる

岩手山は田村麻呂将軍と

結び付けられる形で

田村大権現として

祈りが捧げられた「お山」です。

 

見るものを

圧倒し魅了する

「お山」の映像を

ご覧いただければ幸いです。

 

雲ひとつなく

八戸では30℃を軽々超えまして

汗だくになりながら

過ごしております。

 

慣用的に晴れのことを

「天気が良い」といいます。

 

この表現には

“好ましい”というニュアンスが

大いに含まれるようでして

本日のような酷暑の晴天は

「天気が良い」という表現に

あてはまらないのではないかと

感じています。

 

普賢院での法事などにおいて

昨年の今頃と違う点は

会場が仮本堂であることです。

 

現在、仮本堂として

ふれあい豊山館という会館

の1階を使っていますが

冷房があるため

堂内でのお勤めは

それほど苦にはなりません。

 

冷房を強めると

寒くなってしまうため

26℃設定にしていますが

それでも十分に快適です。

 

年々暑くなっているここ数年は

時として

旧本堂でのお勤めが

蒸し風呂で行っているような

場合がありました。

 

新本堂では

予算の関係もあり

大掛かりな空調を

取り付けることが出来ないため

暑さ対策を十分に

検討する必要があります。

 

現時点で思い描いているのは

暑い時季は

現在仮本堂にしている所で

法事を行うという方法です。

 

その場合

法事後に本堂も

お参りいただいてから

当山を出発いただく

というような流れに

していただいてはどうかと

思案しています。

 

新本堂は

脇間や多目的室に空調が

設置されるのですが

内陣外陣にわたる

主要箇所に効かれられるような

設備を取り付けると

初期経費もさることながら

維持の事も加味しなければならず

断念いたしました。

 

新本堂ではこれまで同様

扇風機で暑さを凌ぐことになりますが

凌ぎきれない酷暑の場合は

臨機応変に会場を移して

対応出来ればと思います。

 

戦乱や災害の歴史を伝える岩谷観音

二戸の福岡に鎮座する

岩谷観音は

九戸城跡のすぐそばにある

観音札所で

糠部三十三観音霊場

第28番札所です。

 

こちらは記紀神話の

天の岩戸のエピソードを

思わせるような観音堂です。

 

同地には

田子町出身の高僧

奇峰学秀(きほうがくしゅう)が

九戸政実の乱での

戦没者供養のために作仏した

観音像1000体を祀った

お堂・千補陀堂(せんほだどう)が

ありました。

 

千補陀の補陀は

観音菩薩の浄土の

補陀落(ふだらく)

という名からきています。

 

岩谷観音の動画を

アップしたので

ご覧いただければ幸いです。

 

ふるさとの景色と基礎工事の進捗状況をお伝えします

7月もあっという間に

折り返してしまいました。

 

最近は

調べ物に没頭する必要がありまして

法務以外の時間を

そちらに当てています。

 

その甲斐もあって

少しづつ成果に

つながっております。

 

そのことは置いておきまして

7月上旬の工事の様子を

お伝えすべく動画を作りました。

 

本堂の基礎工事が

今月から本格的に始まっています。

 

それに加えてつい先日

合葬墓(永代供養墓)はじめ

墓地の諸建造物の

基礎工事が終わりました。

 

豊崎町の景観とともに

工事の様子もご覧いただきたく

動画を編集したので

ぜひご覧くださいませ。

 

恐山参り

「死者の行くお山」といわれる

青森県下北の霊場恐山。

 

まさに青森屈指の霊山です。

 

調べ物がありまして

下北に行く用事があったため

その足で久しぶりに

お参りさせていただきました。

 

その際の様子を

短い動画にしたので

ぜひご覧下さいませ。