檀家の皆様は記念誌と諸儀式の冊子をお受け取り下さい

令和4年12月の

本葬・晋山式と落慶式では

各日当日用の冊子を用意しました。

 

また本堂落慶にあたり

記念誌『いにしえよりのおもいつぐ』

を制作しました。

 

これら冊子は

檀家の皆様にお渡し出来るよう

冊数を用意しております。

 

儀式にご参列いただいた方には

お渡ししておりますが

ご欠席された方など

まだお受け取りになられてない方にも

ぜひお渡ししたいと思います。

 

お手元に届けられていない方は

ご参拝の際にでも

お寺にお声がけいただければ

お渡しします。

 

まだ決定ではありませんが

県外にお住まいの方には

郵送でお届けすることも

考えております。

 

時間に限りがある中でしたが

とても良いものが

出来たのではないかと感じています。

 

ぜひ

お納めいただきたいので

檀家の皆様で

お持ちでない方は

お声がけ下さいますよう

お願いいたします。

 

落慶式のダイジェスト動画を用意しました

12/12に厳かに行われた

本堂落慶式のダイジェスト動画を

用意いたしました。

 

ご覧いただき

法要の様子が

少しでも伝われば幸いです。

 

落慶式の法要として

大般若転読会(だいはんにゃてんどくえ)

が行われたのですが

当山で行われるのは

江戸時代ぶりでした。

 

なお

この度の本堂落慶大般若転読会では

特別祈祷札を用意して

お加持いたしました。

 

落慶式当日は

非常にバタバタしておりまして

ご案内しなかったのですが

入用の方に授与させていただきます。

 

檀信徒の皆さまには

年頭にお渡しする『おてらだより』にて

ご案内いたします。

 

特別祈祷札の授与にあたり

一体3000円のご浄財を

お納めいただきます。

 

こちらの特別祈祷札を

ご用意いただく際に

お納めいただくご浄財は

今回の建替事業では

手が回らなかった

本堂の欄間(らんま)制作費に

あてさせていただきたいと思います。

 

 

▼特別祈祷札(年末より頒布いたします)

落慶式を無事に終えました

天候にも恵まれ

本日無事に本堂の

落慶式を終えることが出来ました。

 

素晴らしい本堂で

素晴らしい落慶法要に

なったと感謝しております。

 

檀信徒の皆様はじめ

携わって下さった多くの方に

お支えいただいたおかげと

心より感謝しております。

 

ご協力下さった皆様

携わって下さった皆様

誠にありがとうございました。

 

さて

拙僧泰峻は明日から15日まで

東京出張です。

 

今回の大きな儀式を

執り行うにあたり

お世話になった方々に

お礼をしつつ

精進してまいります。

 

準備が整いました

明日は先代住職本葬と

現住職晋山式(しんざんしき)です。

 

ご助力いただく

御寺院様方との

最終打ち合わせも終わり

あとは本番に臨むのみです。

 

細々とした準備は

まだ多く残っておりますが

おかげさまで

ここまで来られて

ホッとしております。

 

明日は

謹んで臨ませていただきたいと思います。

 

不行き届きな点があると思いますが

明後日に迫った

本葬・晋山式の

本堂内の参列者席に

身内や役員方

招待者の名札を

用意すると助かるとのことで

紙を裁断してお名前を速記して

各席に置いてみると

既に本堂内の参列者席の

約8割が埋まってしまいました。

 

残り20席は

早く受付された方から

順次お座りいただくことになりますので

ご了承願います。

 

本日は

山村総本店さんと

会場設営の打ち合わせをしまして

本堂外には50席

会館には20席たして78席を

設けることになりました。

 

少し余裕をもった方が良いと

思われたので

本堂内100席とあわせ

トータル228席ございます。

 

本堂内の奥まった

地蔵堂スペースには

モニター1台を用意し

会館にはスクリーンを用意して

内部の様子を映写します。

 

なお

オンラインでの配信は行わず

堂内のみの配信となります。

 

このような形で

法要を行うのは初めてなので

明日夜は配信チームで

事前テストを行う予定です。

 

とにかく

出来ることを目一杯駆使して

この度の大きな法要に

臨ませていただきたいと思います。

 

不行き届きな点が

多々あると思いますが

精一杯取り組ませていただきますので

よろしくお願いいたします。

 

あれこれ想定しております

夕方から雪となり

湿った雪が

積もってまいりました。

 

12/11と12/12に行われる

大きな行事では

本堂外にテントをはり

そちらにも参列席を

用意する予定です。

 

本堂内には

100席用意しますが

現時点での参列予定者は

両日とも200名程になるのため

本堂外と会館あわせて

100席程を確保します。

 

会館では

本堂内の様子を

スクリーンに映写します。

 

会館には

現在58席を用意しているのですが

本日の雪を受けまして

悪天候の場合も想定して

あらかじめ席数を増やした方が

良いかもとも考えております。

 

大は小を兼ねるので

いかようにも対応出来るよう

会場を設営したいと思います。

 

やること山積ですが

ギリギリまでがんばります。

 

 

▼本堂

 

▼会館(本堂内の様子を映写)

本葬と晋山式は区切らず行うことになりました

数日ぶりに

青空が広がりました。

 

風には冬らしさが感じられますが

極端に寒いわけではないので

このような日和で

週末からの行事が

迎えられることを願っています。

 

12/11の本葬・晋山式について

段取りを変更することにしました。

 

当初は

午後1時からの

本葬が終わってから

一度区切りを入れて

会場の設えも整え直してから

午後2時頃より

晋山式(しんざんしき)という

段取りを予定していましたが

区切らずに両儀式を行うことになりました。

 

時間的にも

大幅に短縮されることになり

12/11は恐らく1時間程で

終わるのではないかと思われます。

 

檀信徒の皆様にお渡しした

お知らせでは

本葬では黒ネクタイをして

晋山式ではノーネクタイで

お臨みいただくことを

一応の方針とする旨

ご案内したのですが

一連の流れで行うことになったため

黒ネクタイを外さなくても

問題ありません。

 

諸事鑑みたうえでの変更ゆえ

ご了承下さいますと幸いです。

 

会場の準備を始めました

本日予定されていた

ご法事を全て終え

12/11本葬・晋山式

12/12本堂落慶式の

会場準備に取り掛かりました。

 

両日とも

本堂内には100席を

用意いたします。

 

本堂右手奥の地蔵堂スペースに

お座りいただく方には

内陣の様子が見えないため

モニターを用意して

そちらで内陣の様子を

ご覧いただけるように

配信いたします。

 

本堂内に

椅子を並べてみると

実感が湧いてまいりました。

 

あと一週間

準備をしっかりと

進めたいと思います。

 

会館にも席を用意します

12/11本葬・晋山式

12/12本堂落慶式

の両日とも

会館にも参列席を用意します。

 

会館では

大型スクリーンに

本堂の様子を

プロジェクターで

映写いたします。

 

会館内にお座りの方は

お焼香の時間になりましたら

本堂正面に用意する焼香所に

お進みいただいて

お焼香をしていただき

再度ご自席へお戻りいただく

予定でおります。

 

この件については

誘導係の方に

ご案内いただいて

お焼香していただきたいと思います。

 

現時点で

両日とも200名程のご参列予定なので

本堂内・境内に加え

会館にも席を用意することにしました。

 

本堂の様子を

会館にライブ配信する形式は

初めてのことなので

上手く出来るか心配ではありますが

週明けに配信テストや

音声テストを行い

準備を詰めたいと思います。

 

コロナ禍により

リモートワークや

オンラインによるワークショップ等で

試行錯誤してきた経験も活かし

一人でも多くの方に

ご一緒いただけるよう

全力を尽くしたいと思います。

 

特別祈祷札を用意しました

12月12日の落慶式では

大般若法要という

法要を厳修します。

 

大般若法要にあたり

祈祷札を用意することが

多いのですが

今回は本堂の落慶式

という数百年に一度の

尊い機会でもあるので

記念の特別祈祷札を

用意しました。

 

このお札は

落慶式にて開眼して

法要後より

頒布させていただきたいと思います。

 

入用の方には

一体3000円で

授与させていただきます。

 

なお

このお札の授与にあたり

お納めいただくご浄財は

本堂の欄間(らんま)制作に

あてさせていただこうと思います。

 

欄間は予算の関係もあり

今回の建替事業では

着手出来なかったので

将来的に準備が整いましたら

本格的に取り掛かってはどうかと

思案しております。

 

落慶式で開眼する

尊いお札なので

本堂に関する将来的な取り組みに

多少なりとも

つながれば良いのではと思いまして

このような形にいたしました。

 

落慶法要でのお札は

今回しか用意出来ないものなので

ぜひ多くの方に

願いを重ねていただき

お納めいただければと思います。

 

こちらのお札は

令和4年12月12日の

落慶式終了後より頒布します。

 

年末年始の行事や

観音堂の行事の際にも

他の授与品(お守りやお札)と

一緒に授与いたしますので

入用の方は

ぜひお求め下さいませ。