心がけとしてのマナー

本堂建替をご担当いただく

松本工務店さんの

作業事務所が

駐車場に設えられました。

 

いよいよ

本格的に工事が始まるという

高揚感があります。

 

喫煙所も併設されまして

“今の時代らしさ”を感じます。

 

健康増進法が改正され

人が集まる施設などでは

禁煙とするのが一般的となり

それが常識でありマナーとなりました。

 

それに関連して

火をつけてはいませんでしたが

口にタバコをくわえたまま

境内を歩いていた者がおり

そのようなことを止めるよう

注意したところ

火をつけてないから問題ないと

思い込んでいるようで

「うるさいな」と反応されました。

 

お寺を預かる

僧侶の身としては

尊い空間を

けがさぬよう務めるのは

当然のことでして

それは空間的にという意味だけでなく

自身の行いという意味もあり

この点は徹底して

日々を過ごしております。

 

IMIリサーチバンクによると

「喫煙者の許せない行為」の

ダントツ第一位は歩行喫煙で

この理由の中には

マナーの悪さが挙げられています。

 

いま取り上げた例は

火をつけないくわえタバコですが

火がついている云々が

問題なのではなく

マナーが悪いと感じられる

行動であることが問題です。

 

マナーは

生活習慣に関わるもので

日々の心がけそのものといえますし

ウェルビーイングにも

関わるものといえるでしょう。

 

そんなことを感じながら

本日は法事等の予定がなかったので

論文執筆や研究テーマに

関わる文献の読み込みに

没頭しました。

 

今年度中に仕上げる必要がある

ものが幾つかあるので

扱う資料も結構な量でして

頭に相当な負荷が

かかっている感覚があり

“めまい”がします。

 

まだまだ

勉強不足であることを

痛烈に感じながら

事に当たらせていただいているのですが

このような機会に

巡り合わせていただいていることも

自身にとっては

ありがたいという思いがあります。

 

「ありがたい」と感謝しつつ

しっかりと励ませていただき

それにより培わせていただいたことを

当山に還元出来るよう

努めたいと思います。

 

具体的なイメージをもって

法務に加え研究関係のことで

注力すべきことが複数ありまして

ここ数日少し疲労感があります。

 

気温が上がったので

マスクを着用しての

法務による体力消耗が

一番の原因ではないかと

推測しています。

 

また今週末には

建設委員会の会議もあるので

そちらに向けても

準備すべきことがあり

せわしなく過ごしています。

 

少し無理していた感があるので

体調には十分に

気をつけたいと思います。

 

終盤にさしかかっている

墓地への建立物の基礎工事ですが

整地していただいたうえで

砂利が敷かれていました。

 

そのことで

墓地の光景が

しまったように思います。

 

完成はまだ先のことですが

完成のイメージを

より具体的に

思い描くことが

出来るようになりました。

 

▼合葬墓の基礎

 

▼会津斗南藩縁故者供養所の基礎

 

▼十和田湖青龍権現碑の基礎

 

▼歴代住職墓建立碑の移転先基礎

 

▼ご覧の通り整備が進みました。

迫力激増の仁王様

現在修繕中の

享保3年(1718)に奉納された仁王像。

 

修繕状況を拝見させていただき

最もインパクトが大きかったです。

 

2体のうち1体の

修繕が大方終っていたのですが

素晴らしい状態でして

ものすごい迫力でした。

 

仁王像は

新仁王門に祀られるわけですが

ご参詣の皆様を

これまで以上に

力強くお迎え下さると思います。

 

▼仁王像修繕の様子

 

▼修繕前

美しき普賢菩薩

本尊愛染明王の脇仏として

お祀りされていた普賢菩薩。

 

昭和4年(1929)に

施された彩色が

ボロボロと剥がれ落ちる状態のうえ

部分的に破損が見られたため

本堂建替にあわせ

修繕していただきました。

 

昭和4年の彩色というのは

同年に七崎神社(旧七崎観音堂)

の修繕のため

当地に職人さんが

お見えになっていたので

当時の住職・長峻大和尚が

お仕事をお願いしたそうです。

 

長峻大和尚は

当山61世住職で

さらに現南部町の恵光院住職と

山形県鶴岡の大日坊住職も

兼務されました。

 

今回の修繕では

昭和4年の彩色を踏まえつつ

作業していただきました。

 

秋田の工場へお伺いした際に

普賢菩薩像と久しぶりに

対面させていただきましたが

想像以上の

美しい仕上がりでした。

 

以前にもまして

優しいお顔に

なられたように思えました。

 

新本堂の内陣中央には

中央に本尊愛染明王が祀られ

左右脇仏として

普賢菩薩と

十一面観音三尊が祀られます。

 

以前も

とても厳かでしたが

新本堂内陣も

勝るとも劣らぬ

素晴らしい空間になるものと

心から期待しております。

 

▼修繕前

 

▼修繕後

格段に増した基礎感

型枠が外されると

基礎らしさが

格段に出てきました。

 

会津斗南藩縁故者供養所には

斗南藩縁故者の墓石16基が

2列に並べられます。

 

平坦に並べると

墓石の字が隠れてしまうので

段差をつけて

並べることにしております。

 

会津斗南藩縁故者墓にも

多くの方に

お参りいただき

手を合わせていただきたいと

考えております。

 

当山には

日清日露大東亜戦没者慰霊碑

もありますが

「慰霊追悼」には

歴史を伝えるという

意味合いも多分に含まれています。

 

会津斗南藩縁故者供養所や

戦没者慰霊碑に関わるご供養の

行事は最近では

特に設けていませんでしたが

行事とまではいかないにせよ

歴史に触れつつ

祈りを捧げられるような

ひとときを形作ることは

大切なことだと感じています。

 

▼合葬墓の基礎工事の状況

 

▼会津斗南藩縁故者供養所の基礎工事の状況

 

▼十和田湖青龍大権現碑の基礎工事の状況

 

▼合葬墓建立に伴い移設となる

「歴代住職墓建立碑」の基礎

 

裏手に物置を設置しました

昨年11月に

庫裡裏手の物置小屋を

解体しました。

 

物置小屋が建っていた所は

崖条例により

建築出来ないエリアなので

建物を建築することは出来ません。

 

そこで

ホームセンターで購入した

物置が設置されました。

 

アンカーも打っていただき

風対策もバッチリです。

 

物置小屋がなくなって以降

大変不便していたので

とても助かります。

 

現在進めていただいている

墓地工事の方も

大分進んでおり

基礎工事は終盤に

きているようです。

 

 

▼解体前の物置小屋

 

▼合葬墓の基礎工事の様子

 

▼会津斗南藩縁故者供養所の基礎

秋田へ修繕中の仏像仏具の視察に行ってきました

すご腕の職人さんがいらっしゃる

秋田県湯沢市の阿部正助商店。

 

阿部さんに修繕をお願いしている

仏像や仏具の打ち合わせに

建設委員会の相談役である

嶋森邦和さんと

建設委員の小保内政一さんと

伺わせていただきました。

 

仏像では

本尊愛染明王像

普賢菩薩像

仁王像

本七崎観音像の

修繕をお願いしておりまして

途中経過を

拝見させていただいたのですが

感動いたしました。

 

その様子は

後日動画にて紹介したいと思います。

 

来週一週間は

諸事予定がビッチリと

立て込んでいるので

再来週以降になるかもしれませんが

まずは動画で

様子をお伝えいたします。

 

また

予算との突き合わせであったり

これから用意する

寄付額の相談もしまして

とても有意義な時間でした。

 

新本堂の図面を踏まえるに

寄付額は新本堂の

脇玄関を入ってすぐの

正面の場所に設置するのが

良いだろうとのことでした。

 

今回の秋田出張では

阿部さんのところへ行くついでに

フィールドワークとして

時間のゆるす限り

各所の探訪もしてまいりましたので

こちらについても

後日紹介したいと思います。

 

まるで夏のようでした

6月11日夕方より出張で

岩手・秋田へ赴くため

ブログの投稿を

事前に設定して

更新しています。

 

なので

本投稿は6月11日の

午後3時少し前に

書いております。

 

夏のような暑さです。

 

11日は

八戸でも30℃をこえました。

 

この炎天下の中

現在進行中の

墓地整備の工事を

担って下さっている皆様には

本当に頭が下がります。

 

拙僧(副住職)が

デスクワークをする部屋も

寺務室もエアコンがないため

まるでサウナのようです。

 

来週はオンラインでの

講義があるため

デスクワークをしている部屋に

機材を設置して稼働させると

熱気がさらに増して

すごいことになります。

 

卓上に置くタイプの

送風機を用意して

機材も自身も

熱を出来る限り逃しつつ

本番にのぞみたいと思います。

 

 

▼墓地工事の様子

合葬墓工事の進捗状況

5月末からの画像を並べると

工事の進捗状況が

よく分かります。

 

普賢院には

一般分譲している墓地はなく

檀家さんのお墓の多くは

各所に点在する共同墓地にあります。

 

本堂裏手の境内墓地には

歴代住職墓のほか

数基のお墓と

斗南藩縁故者の墓石が

並んでいます。

 

そのような中で

昨今の社会状況を鑑みて

合葬墓(永代供養墓)を

本堂建替事業の境内整備の

一環として建立することなりました。

 

本堂建替事業には

様々なものが含まれますが

合葬墓(永代供養墓)建立は

大きな意味を持つものと

捉えております。

 

以前も紹介しましたが

位牌堂の脇祭壇地袋に

設える納骨棚と連携させた形で

合葬墓をお使えいただけるように

構想しております。

 

再来月はお盆ですが

季節季節の行事に発行する

寺報であったり

終活カフェのような催事を通じて

当山の合葬墓や永代供養について

お伝えしていきたいと思います。

 

▼工事前

 

▼6/1

 

▼6/2

 

▼6/3

 

▼6/5

 

▼6/7

 

▼6/8

 

▼6/9

 

▼合葬墓完成イメージ