普賢院の古代史をふりかえる

古代におけるお寺を

①中央寺院(大寺)

②地方寺院

③村の小堂

に分けて捉え考える

研究手法があります。

 

あまり専門的なことを

ここで記す余裕はありませんが

古代仏教の全体像を

「国家仏教」と捉えてきた

“従来の”見解を批判し

信仰形態の解明を試みながら

古代社会で仏教がどのように

受容されていたのかを

模索するアプローチだと

お考えいただければ十分かと思います。

 

地方寺院についていえば

7世紀後半から8世紀にかけて

各地に多数のお寺が

急速な勢いで創建されて

いったそうです。

 

考古学的調査が進むことで

「古代寺院」が

多く存在していたことが

明らかにされており

地方寺院の多くは

地域の有力者がリーダーとなったり

支援者となったりして

建立されたと考えられています。

 

東北地方でいうと

平泉の奥州藤原氏以前の

安倍氏や清原氏などは

仏教に対する理解が深く

早い時期から

仏教が受容されていたと

考えられるそうです。

 

当山の開創開山は

延暦弘仁年間(8C下旬〜9C上旬)に

圓鏡(えんきょう)上人によります。

 

よく用いられる時代区分上は

古代の創建となります。

 

当山の本尊は

もともと十一面観音とされますが

十一面観音はかなり古い時代から

信仰されていた尊格です。

 

圓鏡上人の次代が

月法律師(がっぽうりっし)です。

 

月法律師は

十和田湖伝説の南祖坊の師と

される方です。

 

当山の鎌倉以前の先師様で

お名前が残っているのは

先のお二人の他

鏡宥(きょうゆう)上人

日照(にっしょう)上人

さらに

鎌倉末期〜平安初期の先師様では

宥海(ゆうかい)上人

行海(ぎょうかい)上人が

今にその名を伝えています。

 

行海上人は

承安元年(1171)に

当山を開基開山された方で

過去帳には中興開山とも

記されています。

 

令和3年は

開基開山から850年という

メモリアルイヤーにあたります。

 

行海上人は

観音山や七崎山と呼ばれていた

旧観音堂(七崎山徳楽寺)の地に

7つ星になぞらえて

杉を植えたと伝えられます。

 

旧観音堂は明治になり廃寺となり

跡地には七崎神社が建立され

現在に至っております。

 

当地には

「祈りの痕跡」を伝える遺跡も存在します。

▼参考記事(2019/3/16)はコチラ

【以前の記事】古代の祈りの痕跡とお寺の起源

 

1200年前の開創開山から

850年前の開基開山までの

約350年は不明なことも

多いのですが

その中でも先師様のお名前や

伝承や伝説が今に伝えられていることは

とても尊いことだと感じています。

 

ありがたいことに

ここ数年は様々な研究に

触れさせていただく機会が多く

新たな視座を得たり

新たな発見や気づきが多く

当山の歴史や伝承などの

整理や研究も

アップデートを

重ねさせていただいております。

 

先にも記しましたが

本年は開基開山から850年という

メモリアルイヤーなので

「普賢院古代史」について

これまで以上に

背景を踏まえて

探ってみたいと思います。

 

新本堂を建設していただく松本工務店の工場を見学させていただきました

新本堂の施工業者である

松本工務店の工場へ

建設委員会の皆様と

見学させていただきました。

 

新本堂に用いられる建材の準備が

順調に進められている様子でした。

 

とても立派な木材が用意されており

新本堂はかなり剛健で立派な

ものになると思います。

 

見学の様子を

短い動画にしたので

ぜひご覧下さいませ。

 

本尊愛染明王像が修繕へ出発いたしました

修繕のため

本尊・愛染明王像が搬出され

修繕いただく秋田の職人さんのもとへ

出発いたしました。

 

文化7年(1810)に普賢院は

火災に見舞われて

本堂もろとも本尊像も

焼失してしまいました。

 

そういった経緯もあり

当時の本坊住職・宥瑗(ゆうえん)が

現在の本尊像を新造奉納されました。

 

光背裏には朱書きで

以下のように記されています。

 

寶照山普賢院本尊新造立志趣者奉為

大守公御武運長久国家安穏及護持宥瑗

法運長遠院内繁昌也敬白

文化七歳次庚午九月大祥日教道覺宥

寶珠盛岡山永福密寺現住法印宥瑗寄附之

 

ここに記されている

「大守公」とは当時の

盛岡南部藩藩主・利敬(としたか)公です。

 

当時は

当山を祖院として

江戸初期に盛岡に建立された

宝珠盛岡山永福寺が当山の本坊で

それに対して当山は

自坊という位置づけでした。

 

光背裏の朱書きにあるように

本坊住職が宥瑗(ゆうえん)で

自坊住職(教道)が覺宥(かくゆう)の代に

愛染明王像が納められています。

 

宥瑗は仁和寺の方で

年に何度かしか

本坊には滞在出来なかったようですが

滞在中は多くの学僧の方などが

尋ねられたそうです。

 

当山には

宥瑗上人の名が刻された香炉が

ひとつ残されています。

 

愛染明王像の修繕は

令和4年秋に仕上げられる予定です。

 

お戻りは

新本堂完成の時となります。

 

装い新たな本尊様が

新たな本堂にお帰りになられ

お祀りされる日が

待ち遠しく感じられます。

 

本尊様が厨子から

運び出されて

修繕に出発される光景を

目の当たりにして

新たな歴史が

いよいよ本格的に

紡がれているということを

強く強く感じました。

 

明日より本尊像がお留守となります

修繕のため明日午後に

当山本尊・愛染明王像が搬出され

職人さんのもとへ

お出かけされます。

 

その間は厨子に

大日如来像を安置させていただき

厨子の扉は閉めさせていただきます。

 

大日如来は

真言宗の本尊であり

全ての尊格(仏さま)は

大日如来のお姿のひとつとされます。

 

そのような教学的なことも踏まえ

本尊厨子には大日如来様を

お納めいたします。

 

愛染明王像のお戻りは

新本堂が完成する

来年秋の予定です。

 

 

▼本尊・愛染明王像

文化7年(1810)年に

当時の本坊住職により

奉納されました。

 

▼大日如来像

 

明治期のご住職について「発見」がありました

明治期の

普賢院過去帳を

調べていた所

たまたま明治期の

当山住職についての

記述を見つけたのですが

これが凄い「発見」となりました。

 

激動の明治期に

当山住職を務められていた

髙橋宥浄(ゆうじょう)師

という方について

これまで詳しいことは

分かりませんでした。

 

これまで

分かっていたこととしては

①没年月日は明治31年4月19日

②父は宥芳師(当山先師かつ嶺松院先師)

③母の墓が当山にある

④観音堂復興に尽力

(明治19年に内御堂奉造[棟札アリ])

といった位でした。

 

今回見つけた過去帳の記述には

宥浄師について

「厚みのある」情報が見られます。

 

該当箇所の画像を貼って

次のように画像資料にしてみました。

 

明治期の過去帳を

調べるきっかけになったのは

会津斗南(となみ)の末裔で

当山有縁のお家である

三村家のご先祖さまについて

確認したいことがありまして

目を通しておりました。

 

そういった経緯がなければ

丹念に目を通すことも

なかったと思います。

 

本日3月21日は

当山の宗祖・弘法大師が

ご入定(にゅうじょう)された

“ご命日”でもあり

真言宗では大切にされる

一日でもあります。

 

そのような日に

不思議なめぐり合わせで

当山の一先師様のことについて

発見を得られたことに

大きな意義を感じます。

強風の一日

気がつけば

春彼岸まであとわずかです。

 

ということで

大急ぎで春彼岸にお渡しする

寺報『おてら通信』(34号)を

作成して入稿の準備をしました。

 

『おてら通信』は

季刊しており

小正月

春彼岸

お盆

秋彼岸

に発行しています。

 

年に4度の発行なので

作り始めてから

本年で9年になります。

 

考えてみると

よく続けてこられたものだと

思う所もございます。

 

大したものではありませんが

お参り下さった皆様への

“お手紙”のつもりで

作っているものなので

お運びの際は

是非お取り下さい。

 

本日は強風のため

立木伐採工事が早いうちに

中断となりました。

 

ですが

ここ連日動画をアップしているので

この流れを切らさない方が

良いだろうと思いまして

本日の様子をアップしたので

よろしければご覧下さい。

 

イチョウが伐採されました

お寺の象徴的な木であったイチョウが

本日の工事で伐採されました。

 

このイチョウは

当山所蔵の棟札によると

享保年間に当山を中興した

快傅(かいでん)上人により

植えられたものと考えられます。

 

とても大きなイチョウでしたが

職人さん方の丁寧な作業により

倒されました。

 

伐採したイチョウは

製材していただき

新本堂で使われる

仏具などの法具に

仕立てていただきます。

 

 

イチョウの伐採の様子を

動画に納めたので

よろしければご覧下さい。

 

思った以上に古い木のようです

たまたまですが

ここ何日かは

“動画がブログ”のようになっています。

 

ブログのような動画を

「ブイログ」と称するそうですが

その意味が分かったように思います。

 

本日も短い動画を編集できたので

よろしければご覧ください。

 

動画に付した字幕でも触れましたが

現在伐採していただいている木々は

予想していたよりずっと古いようです。

 

「植樹」することは

祈りを捧げることでもあります。

 

承安元年(1171)5月に

普賢院を開基(中興)された

行海上人は

七つ星になぞらえて

杉を植えたと伝えられます。

 

七つ星は北斗七星のことで

仏道では息災の象徴でもあります。

 

つまり

行海上人は世の平安を願い

杉を植えられました。

 

当山が所蔵する

江戸期の棟札をみると

杉は「杦」と表記されています。

 

木へんに久しい「杦」という旧字は

杉に込められた願いの一端が

垣間見られるように思います。

 

とわの平安を願い

杉を植樹するという

祈りのあり方が

あったのだろうと思うのです。

 

享保年間に当山を中興された

快傅(かいでん)上人は

七崎山(現在の七崎神社の地)と

当山に2000本の木を植えたと

江戸期の棟札に記されています。

 

植樹することの意味合いは

現代に生きる私たちには

ピンと来にくい

切実なものがあったのだろうと

推測されます。

 

後で職人さんが

伐採した古木の年輪から

年代を推定して下さるそうです。

 

当時の住職が祈りを込めて

植樹されたものでしょうから

推定年代ではありますが

当山史の中に

しっかりと留めたいと思います。