元本尊・十一面観音のご利益とご功徳

新たに迎えられた

本山である長谷寺(奈良県桜井市)と

同形式の十一面観音像。

 

十一面観音は

新たに造立したお仏像以外にも

お祀りされておりましたが

このたび新たに造立されたお仏像は

本堂建替という歴史的な節目にあたり

もともとの本尊が十一面観音だったという

当山の由緒を踏まえた上で

仏師さんに相談させていただき

作仏を手掛けていただいたものです。

 

胎内仏(たいないぶつ)や経文も

納めさせて頂き

お作法を施させていただき

現在に至っております。

 

開眼供養の様子を

短い動画に編集しておりますので

よろしければご覧下さい。

 

▼開眼供養の動画(youtube)

https://www.youtube.com/watch?v=SYdMUJqGdpI&t=17s

 

十一面観音には

十種勝利(十の尊いご利益)と

四種功徳があるとされます。

 

十種勝利とは

①離諸疾病

②如来攝受

③獲得財穀

④怨敵不害

⑤国王慰問

⑥不中毒薬毒蟲寒熱疾

⑦刀杖不害

⑧水不溺

⑨火不焼

⑩不夭逝

 

四種功徳とは

①臨終見仏

②不生悪趣

③不非命終

④得生極楽

 

細かな説明はしませんが

注目すべきは

十種功徳の①離諸疾病です。

 

十一面観音は

「疫病退散」「悪疫退散」を

第一功徳として

信仰されてきた尊格でもあります。

 

そういった歴史的経緯があるため

昨年初夏に作仏をお願いした十一面観音が

世界中ウイルス禍に見舞われている

本年にお迎えされたことに

奇縁を感じています。

 

現本堂での最後の護摩

9/17午後7時より

観音堂にて護摩法要を

執り行いました。

 

現本堂で修法する

最後の護摩法要です。

 

もともと9/17は

秋の観音例祭として

お神酒上げが行われて

いたのですが

ここ何年も

休止しておりました。

 

久しぶりの

“秋の観音例祭”の意味も込め

お勤めさせていただいたつもりです。

 

現本堂での

最後の護摩法要ということで

夜分にも関わらず

わざわざ駆けつけて下さった皆様には

本当に感謝しております。

 

次の護摩法要は

新本堂にての開催です。

 

“新本堂での最初の護摩法要”は

令和4年の秋以降の予定です。

 

また

新本堂が使えるようになるまでは

護摩の御祈祷も休止となります。

 

次の護摩法要は

更に精進を重ねたうえで

修法させていただきたいと思います。

 

十一面観音の開眼供養を行いました

当山に新たに迎えられた

長谷寺式の十一面観音三尊。

 

ここでいう十一面観音三尊とは

十一面観音

雨宝童子(うほうどうじ)

難陀龍王(なんだりゅうおう)の

三尊を指します。

 

弘前にお住まいの仏師である

小堀寛治さんに手掛けていただき

先日当山に迎えられたお仏像を

本堂にて開眼供養いたしました。

 

普賢院は平安初期の開創で

当初の本尊は十一面観音だったと

伝えられます。

 

その由緒を踏まえ

本堂建替という歴史的節目にあたり

作仏していただきました。

 

9/17は秋の観音例祭が

行われていましたが

秋彼岸の直前ということもあり

ここ何年も行われて

おりませんでした。

 

現本堂で迎える

最後の9/17ということで

十一面観音の開眼を

本日行わせていただきました。

 

柔和なご尊顔が

いっそう優しくなったように

感じられます。

 

仏像の採寸

当山には多くの仏像が

お祀りされております。

 

新本堂の設計をこれから

詰めていくことになります。

 

仏像を祀るスペースについて

検討を進めるべく

主な仏像の採寸を行いました。

 

祭壇の幅をどれ位にするか

高さをどれ位確保すれば良いかなど

細かな部分を決めていくわけですが

この作業は新本堂建設において

とても重要な意味を持つと考えております。

 

仏像の祀り方は

“お寺の顔”でもあるので

熟考した上で

諸事決定したいと思います。

 

輝き増した大日如来像

先日新たに十一面観音三尊を

お迎えいたしましたが

その際に

修繕を終えたお仏像2体も

引き取らせていただきました。

 

そのうち一体は

大日如来像です。

 

この大日如来像は

身の丈15センチ程のお仏像で

全体的に燃え焦げていました。

 

おそらく文化7年(1810)の

本堂火災の際に

後背や台座などが焼失してしまい

仏像部分のみが残ったものと

思われます。

 

火災の歴史をその身に留める

貴重なお仏像の一体です。

 

大日如来は

真言宗では殊に重要な尊格で

まさに主尊とされます。

 

以前より気にかかっていたものなので

この機会に後背・台座・厨子の製作を

仏師・小堀寛治さんに

お願いしておりました。

 

仕上がりを拝見しまして

とても感動しました。

 

もともとのお仏像の

雰囲気を踏まえた製作は

まさに職人技です。

 

こちらの大日如来像は

新本堂では観音堂脇堂の

上段中央にお祀りされる予定です。

 

普賢院には

大日如来像がいくつかお祀りされますが

その中で最も古いのが

今回紹介させていただいたお仏像です。

 

これからも

大切に祈り継ぎたいと思います。

 

▼修繕前

 

▼修繕後(後背・台座・厨子を製作)

よみがえった七崎十一面観音

当山は開創以来

1200年の歴史を持つ古刹です。

 

現在の本尊は愛染明王ですが

もともとは十一面観音を

本尊としていたと伝えられます。

 

文化8年(1811)以来の

本堂建替という歴史的な節目にあたり

本山である長谷寺(奈良県桜井市)の

本尊と同じ三尊形式の

十一面観音の造立を発願(ほつがん)し

弘前の仏師である小堀寛治さんに

作仏をお願いしておりました。

 

仏師の小堀さんは

これまでも当山の不動明王像や

子安地蔵菩薩像の修繕も

していただいております。

 

その他にも

古い大日如来像と地蔵菩薩像の

修繕をお願いしていましたが

全て作業が完了したとの

連絡を頂戴したので

弘前にお仏像の

お迎えに行ってまいりました。

 

八戸駅前のレンタカー屋さんで

ステップワゴンを借りて

一路弘前へ。

 

本日は八戸も弘前も

30℃を軽々超える日和で

暑さがこたえる1日に。

 

暑さがこたえると感じる一方で

晴天のもと

お仏像をお迎えにあがることが

出来るということは

とてもありがたいことだとも

感じていました。

 

仏師さんのもとに到着すると

小堀さんご夫妻が

この度も温かくお迎え下さいました。

 

お部屋にお通しいただき

仕上げられたお仏像と

いよいよお目見え。

 

そこには

ぬくもりが感じられる

素晴らしいお仏像が

きれいに並べられておりました。

 

小堀さんご夫妻に

全てのお仏像を

ご丁寧に梱包していただき

車に搬入して

今度は一路普賢院へ。

 

当山に到着して

まず梱包されたままのお仏像を

本堂へ仮安置して

一旦レンタカーを返しに行き

再び戻ってから

お仏像の梱包を外しました。

 

やはり最初は本尊御宝前に

仮安置した方が良いと思い

内陣須弥壇に

並べさせていただきました。

 

とても感慨深いものがあります。

 

新たに作仏された十一面観音三尊は

新本堂内陣の本尊の脇仏として

厳かにお祀りさせていただく予定です。

 

最後のひとつき

9月に入りました。

 

秋の虫の声が響く本堂は

一年の中で最も味わい深いと

拙僧(副住職)は感じます。

 

現在の本堂は

今月でその役目を全うします。

 

掲げられていた多くの額が外され

仏具等も一部搬出されたため

例年以上に音が響く状態です。

 

ご法事での

作法に伴う音や

鳴り物の音や

読経の声が

“深遠に”響いているように思います。

 

本日は

当山に様々な形で

お力添え下さったお宅の

ご法事が営まれました。

 

この本堂が

もうじき解体されるという

実感も相まって

切ない気持ちもまじりつつ

祈りのひとときを

ご一緒させていただきました。

 

この空間での

最後のひとつき。

 

この空間での時間を

これまで以上に

大切に過ごしたいと思います。

 

江戸期の香炉〜歴史を感じながらの引越作業〜

本堂解体に向けた引越作業も

大詰めを迎えています。

 

今春に完成した倉庫には

大分物が収められてきました。

 

引越作業は

歴史と向き合う作業でもあり

歴史的なものを扱うことも

しばしばです。

 

本日も一つ貴重な宝物(ほうもつ)を

扱わせていただいたので

紹介させていただきます。

 

本日紹介させていただくのは

江戸期の香炉(こうろ)で

こちらは江戸時代の当山本坊である

盛岡永福寺住職もつとめた

宥瑗(ゆうえん)上人が奉納したものです。

 

宥瑗(ゆうえん)上人は

当山本尊として祀られる

愛染明王像を文化7年(1810)に

奉納された方でもあります。

 

文化7年に

当山が火災に見舞われたことをうけ

同年にお仏像をご奉納下さいました。

 

現本堂は

文化7年の火災をうけ

文化8年(1811)に再建されたもので

この現本堂は本年10月より

解体が始まり

令和4年秋に新本堂が完成する予定です。

 

今回とりあげた香炉は

前回の本堂建替にまつわるものであり

当山の歴史を今に伝える

貴重な仏具です。

 

足が一部破損しているのですが

何かしらの形で

有縁の方々のお目に触れて

いただけるように

考えたいと思います。

 

 

▼江戸期の香炉[施主・宥瑗(ゆうえん)上人]