ブラッシュアップ

大本山護国寺に隣接する

宗務所(しゅうむしょ)で開催された

御詠歌の指導者講習会

という研修会のため

日帰りで上京してまいりました。

 

今回講師をお勤め下さったのは

拙僧(副住職)の恩師の一人である

福島県相馬の遠藤賢明僧正でした。

 

午前午後とみっちりご指導頂き

研鑽に励ませて頂けることは

本当にありがたいことです。

 

秋の一日に御詠歌を

当山では

月に2回(第1、3金曜)

御詠歌(ごえいか)をお伝えする

御詠歌の会を開催しております。

 

本日もご参加の皆様と

御詠歌をご一緒させて頂きました。

 

今ですと御詠歌と聞いても

ピンとこない方が

多いのが現状です。

 

ということで

御詠歌のお唱えの様子を

短い動画にしてみました。

 

よろしければ

ご覧下さいませ。

 

▼御詠歌のお唱え(youtube)

https://www.youtube.com/watch?v=Css5LqnWfbA

 

▼御詠歌について

https://fugenin643.com/category/御詠歌(ごえいか)のご案内/

 

如来のいのちを生きる

当山では月に2回

御詠歌(ごえいか)を

お伝えしております。

 

御詠歌とは

七五調の詩

あるいは

五七五七七の

三十一文字(みそひともじ)の

和歌に節をつけてお唱えする

“仏讃歌”です。

 

御詠歌には流派があり

当山では豊山流(ぶざんりゅう)

という流派の御詠歌を

お伝えしております。

 

豊山というのは

奈良県桜井市にある

当山の本山である長谷寺の

山号(さんごう)であり

真言宗豊山派という派の名の

由緒となっております。

 

拙僧(副住職)にとって

御詠歌はとても大切なもので

強い思いをもって

向き合わせて頂いております。

 

豊山流御詠歌の中に

不動明王和讃(ふどうみょうおうわさん)

という曲があります。

 

如来のいのち

生きる身の

まことの幸せ守(も)りたもう

誓いたのもし不動尊

(不動明王和讃 第一節)

 

人は誰もが

仏であると説かれます。

 

仏としてのいのちを

私達は生きており

その歩みを守る誓いを

不動明王は宿していることを

この和讃の一説は伝えております。

令和の唱え始め〜御詠歌(ごえいか)の会〜

当山では月に2回程

御詠歌(ごえいか)を

お伝えしております。

 

御詠歌は

“仏道のこころ”を

大和言葉でつづった詩(うた)に

節(メロディー)をつけて

お唱えするものです。

 

「歌詞」は

七文字・五文字で文言が

整えられている七五調

あるいは

五・七・五・七・七の

三十一文字(みそひともじ)の

和歌で編まれており

とても味わい深いものです。

 

当山では豊山流(ぶざんりゅう)という

真言宗の一流派である御詠歌を

お伝えさせて頂いております。

 

令和の時代となり

5/10が最初の御詠歌の会でした。

 

令和最初の記念すべきお唱えとして

不動明王和讃をとりあげ

皆様と研鑽させて頂きました。

かけがえのない時間

NHK文化センター八戸教室で

平成23年春より担当してきた

講座「初めての御詠歌 豊山流入門」は

本年3月19日が

最後の講座日でした。

 

8年間にわたり

拙僧(副住職)自身も

学ばせて頂きながら

ご参加の皆様に色々と

お伝えさせて頂きました。

 

光栄なことに

長年受講された方々より

最後に御礼を頂戴いたしました。

 

大変ありがたく感じております。

 

この場所で

御詠歌により結ばれた皆様と

ご一緒させて頂いた

かけがけのない時間は

忘れることはないでしょう。

 

▼お唱えの様子(youtube)

https://www.youtube.com/watch?v=r-WAeCLgE8Q

 

IMG_9057

IMG_9058

IMG_9056

 

新鮮な気持ちで御詠歌を

本年は

当山での御詠歌(ごえいか)の会は

1月と2月を休会して

3月からの開催としました。

 

ですので

本年は3/8が最初の講習となりましたが

2ケ月空けての開催だったので

ご参加の皆様は

とても“新鮮な”心持ちで

御詠歌と向き合われた様子でした。

 

本年最初ということで

所作や譜について

基本の確認をしつつ

和やかに御詠歌の

研鑽を積ませて頂きました。

IMG_8835

IMG_8836

ごえいかの響きに触れませんか?

当山では

御詠歌(ごえいか)を

お伝えしております。

 

これまでは毎月2回の日程で

お伝えしておりましたが

来年からは3月〜12月の

開催にする予定でおります。

 

現在当山では

「寺子屋活動」として

ワークショップをはじめ

様々に取り組んでおりますが

その“走り”となったのが

「御詠歌の会」です。

 

今では御詠歌と聞いても

ピンとこない方が

多いように思います。

 

御詠歌は

和歌に節をつけて

お唱えするものです。

 

御詠歌には様々な流派があり

当山では豊山流(ぶざんりゅう)

という流派の御詠歌を

お伝えしております。

 

様々な話題に触れながら

御詠歌に託され織り込まれている

仏道について紐解きつつ

御詠歌を研鑽しております。

 

研鑽といっても

茶話会のような雰囲気で

和やかに開催しております。

 

常時参加者を募集しております。

 

見学も大歓迎です。

 

ご興味をお持ちの方

御詠歌をはじめてみたい方

いらっしゃいましたら

お気軽にご連絡下さいませ!

IMG_3878

こもりくの長谷寺にて

10/31〜11/1の2日間

御詠歌の全国奉詠大会のために

奈良県桜井市の総本山長谷寺に

行ってまいりました。

 

2日間で全国各地より

約1000名もの方がご参加され

長谷寺全体に

御詠歌が響きわたりました。

 

全国各地でご活躍の

御詠歌の先生方とも

ご一緒させて頂き

御詠歌に限らず

沢山のことを学ばせて頂きました。

 

長谷寺のある地域一帯は

こもりくの地とよばれ

太古の昔より

神聖な地とされた場所です。

 

こちらの本尊である

十一面観音は

霊験あらたかであるとして

古くから全国各地で

篤く信仰されてきました。

 

東北も例外ではありません。

 

当山は十和田湖伝説に登場する

南祖坊(なんそのぼう)という僧侶が

修行したと伝えられますが

その伝説が記されている

最古の書物である『三国伝記』には

長谷寺との関係や

十一面観音との関係が

明らかにうかがわれます。

 

この点は『三国伝記』研究でも

指摘されていることなので

長谷寺についても触れながら

十和田湖南祖坊伝説を

探求したいと思います。

 

それにしても

長谷寺は素晴らしい所です。

 

いくたびも

まいるこころは

はつせでら

 

これは

何度赴いても

毎回新鮮な心持ちで

過ごすことが出来るという

意味をもつ和歌です。

 

その和歌を実感します。

 

朱鳥元(686)年に開創され

今に伝えられるお山にて

悠久の歴史を感じながら

多くの方と御詠歌の奏でを

ご一緒させて頂いた

素晴らしい大会となりました。

 

IMG_7728

IMG_7740

IMG_7741

IMG_7988

IMG_7823

IMG_7926

IMG_7906

IMG_7908

IMG_7847

IMG_7930

全国奉詠総本山長谷寺大会に来ております

本日より

御詠歌の大きな行事のため

奈良県桜井市にございます

総本山 長谷寺に来ております。

 

真言宗豊山派の御詠歌は

豊山流(ぶざんりゅう)という

流派になります。

 

今回は豊山流御詠歌を統括する

豊山派大師講の創立70周年記念の

全国奉詠総本山長谷寺大会のため

長谷寺に登嶺しております。

 

今回の大会にあたり

拙僧(副住職)は微力ながらも

企画検討委員なるものに任命され

会議にも出席させて頂き

諸先生方や先輩方から

色々と学ばせて頂きました。

 

全国各地から

お集まりになられる皆様と

本山にてご一緒させて頂く

貴重な機会なので

充実した時間にしたいと思います。

 

大会の様子は

また後日お伝えさせて頂きます。

IMG_4674

御詠歌の講師を勤めてまいりました

東京の大本山護国寺に隣接する

宗務所(しゅうむしょ)にて

御詠歌の月例(げつれい)講習

というものが開催されております。

 

初級、中級、上級とクラスがあり

詠秀(えいしゅう)という

豊山派の公職についている者が

講師を勤めております。

 

10/12の上級クラスの講師は

拙僧(副住職)が担当と

なっていたので

日帰りで宗務所へ

行ってまいりました。

 

13名の方が各地より

お集まりで

その中には

知り合いの方がいらっしゃったり

東北から関東のお寺に

嫁がれた方がいらっしゃりと

色々なご縁を感じさせて頂きながら

一日をご一緒させて頂きました。

 

午前は10時から11時半

午後は12時半から15時までという

長時間の講習でしたが

和やかに研鑽のひとときを

過ごさせて頂きました。

 

様々に確認する機会にもなり

とても有意義な

月例講習会となりました。

IMG_7304

IMG_7315

IMG_7312

IMG_7310