稀代の古刹 七崎観音④

現在当山本堂内の

観音堂に祀られる

七崎観音(聖観音)の仏像は

第29代藩主

南部重信公により

貞享4年(1687)4月に

奉納されたものです。

 

重信公がご奉納された

聖観音像は金銅仏(こんどうぶつ)で

当時は七崎観音の御前立(おまえだち)

としてお祀りされていたそうです。

 

かつて七崎観音は

御正体(みしょうたい)が本尊として

お祀りされていたといわれますが

詳細は不明です。

 

この重信公が納められた

聖観音像が金銅仏であることには

当時の当山の本坊である

盛岡永福寺の聖天(しょうてん)

との関わりが考えられ

事相(作法)的な意味・意図が

踏まえられてのものと思われます。

 

重信公は南部藩が

「盛岡藩」と「八戸藩」に

分かれた当時の「盛岡藩」主です。

 

重信公が聖観音像を納められたのは

貞享4年(1687)年4月ですが

同じ年の11月28日に

永福寺41世住職である

宥鏡大和尚は御遷化(ご逝去)

されております。

 

宥鏡大和尚の不調も

観音像を奉納された

一要因である可能性もあります。

 

宥鏡大和尚の晩年

延宝8年(1680)1月に

盛岡永福寺は火災により

伽藍が「焼亡」しております。

 

一説にこの火災は

歓喜天(かんぎてん)という尊格の

天罰であると宥鏡大和尚は

捉えられたと伝えられ

そのため再建にあたっては

本尊壇とは別に

歓喜天の修法壇である

聖天壇(しょうてんだん)を

本堂に構えるなどされたそうです。

 

永福寺の本尊は十一面観音で

現在も内々陣に祀られますが

修法本尊としては

歓喜天が祀られております。

 

延宝8年の火災の後

諸堂の再建が図られ

元禄7年(1694)には

境内三万坪にも及ぶ一大伽藍が

整えられることになりますが

この時の藩主が

29代南部重信公です。

 

この重信公と永福寺42世住職である

清珊(せいさん)大和尚が

元禄4年(1691)年になされた

連歌(れんが)により

盛岡という地名が

定められたといわれます。

 

清珊大和尚は

江戸の知足院(ちそくいん)から

永福寺においでになられた方で

「筑波の僧正」とも呼ばれました。

 

盛岡永福寺は

歓喜天(かんぎてん)

という尊格をとても重要視しました。

 

歓喜天は聖天(しょうて(で)ん)

とも呼ばれます。

 

聖天の本地仏(ほんじぶつ)は

十一面観音とされ

南部藩の祈願所として

鬼門鎮護・領民豊楽の御祈祷では

歓喜天の秘法も

修法されたそうです。

 

歓喜天に関係する経典には

歓喜天の造像の重要性について

触れられており

そこでは具体的な素材も述べられ

その中に金銅も含まれております。

 

懸仏(かけぼとけ)や

小さな金銅仏を

寺社仏閣や霊場に納めることは

よくあることですが

重信公は歓喜天を大切にされた方で

かつ観音像を七崎の観音堂に

奉納した当時の住職である

宥鏡大和尚が晩年殊に

歓喜天を大切にされたことを踏まえると

歓喜天造像の作法になぞらえた形で

聖観音像も造像されたのではないか

と考えられるように思います。

 

また重信公の兄でもある

28代藩主の南部重直公も

七崎観音を篤く大切にされた方で

病気平癒の報賽(ほうさい)もあわせ

落雷により焼失した旧・観音堂を

再建された上に

末社十二宮を建立し

さらには多くの御寄進を

されております。

 

その際に用意された

明暦2年(1656 )の棟札を

当山で所蔵しております。

 

重信公は

貞享4年(1687)4月に聖観音像を

奉納されますが

大正期の神社の資料では

同年の5月20日に

重信公が「本社を再営」した

とあります。

 

貞享4年の棟札は

当山にはありませんが

それが事実であるとして

「本社」が観音堂を意味するとすれば

明暦2年(1656)年の再建から

31年後の再々建ということになるので

何かしらの災禍に

見舞われたのかもしれません。

 

南部氏と七崎観音を考える上で

旧・観音堂が

新羅堂でもあったことは

重要なことかと思います。

 

旧・観音堂は

南部氏代々の御守護として

新羅三郎義光公が合祀された

新羅堂(しんらどう)でもありました。

 

櫃(ひつ)に納められた

甲(かぶと)が祀られていたそうです。

 

さらには元服の御髪も

納められていたようです。

 

七崎観音が大切にされたのは

藩領安穏・領民豊楽などの

諸願成就への祈願に加え

南部氏の祖先崇拝に

深く関わるということも

大きな要因であったと

いえるでしょう。

 

重信公の父は

27代藩主の利直公です。

 

利直公は

十和田湖伝説に登場する

南祖坊(なんそのぼう)の

生まれ替わりであるという

言い伝えがある藩主です。

 

南祖坊とは

当山2世の月法律師の

弟子として永福寺にて修行して

全国練行の果てに

十和田湖に入定(にゅうじょう)し

青龍大権現という龍神になったと

伝えられます。

※詳しくはコチラ↓

https://fugenin643.com/blog/南祖坊伝説の諸相⑧/

 

現在の七崎観音は

重信公が貞享4年(1687)に

納められた聖観音(秘仏)で

年に1度だけ

旧暦1月17日のみ御開帳され

その御宝前にて護摩法要が

厳修されます。

※護摩法要の詳細はコチラ↓

https://fugenin643.com/blog/wp-content/uploads/2019/01/H31おこもり広告.pdf

 

現在の本堂は建替のため

近い将来取り壊される予定なので

現在の本堂での御開帳は

本年が最後になろうかと思います。

 

今回は重信公の観音像を中心に

(話題が何度もそれながら)

七崎観音について見てまいりました。

 

七崎観音の歴史は

実に奥深いものがあります。

 

ここ最近は

七崎観音の行事が近いこともあり

数回に分けて紹介させて頂いておりますが

後世に託すべき尊いものなので

拙僧(副住職)としても

出来る形でバトンを

未来へ繋げていきたいと思います。

IMG_8386

観音様

観音堂

IMG_0350

稀代の古刹 七崎観音③

七崎(ならさき)とは

現・豊崎町のかつての

名称です。

 

七崎という名の由来には

諸説あるようです。

 

一説には入江に突出する

七つの崎の一つであるといいます。

 

七つの崎とは

(資料をそのまま引用すると)

①鮫ノ崎

②舘鼻崎

③太郎ケ崎

④柏崎

⑤八戸ツヅケ岡崎(中舘)

⑥鼻崎

⑦七崎

だそうです。

 

当山は地域の中でも

やや高い場所に位置しますが

見晴らしが良く

海まで見渡すことができます。

 

海に至るまで

七つの岬が見える場所という

ことで七崎となったという

説もあります。

 

また浅水川が蛇行していた頃

七つの岬があるように見えることから

七崎となったとのいわれも

聞いたことがあります。

 

「崎」の意味である

「陸地が海や湖の中に突き出た場所」

ということで七崎と

いわれるようになったようです。

 

昭和4年(1929)の

鉄道工事の際に

豊崎町と接している

尻内の洞(ほら)から

長さ9間(約20メートル)もの

クジラの骨が出てきたそうで

かつてこの辺の地域は

大入江だったともいわれます。

 

地名の由来の他説として

七崎姫(ならさきひめ)という

都から流され当地へ来た

高貴なお姫様を

観音様としてお祀りして

当地を七崎と名付けたという

伝説もあります。

 

七崎姫伝説については

後日改めて

紹介させて頂きます。

 

七崎は

五穀の実入りよく

食料に乏しからず

と『新撰陸奥国誌』に記され

実り豊かな地域だったことが

分かります。

 

当山本堂内の観音堂に

秘仏としてお祀りされる

観音様は七崎観音とよばれ

古くから親しまれてまいりました。

 

七崎観音は

明治時代になるまでは

現在の七崎神社の場所にあった

観音堂に祀られており

当山は永福寺時代より

七崎観音の別当を

担っております。

 

旧・観音堂(現・七崎神社)には

七崎山 徳楽寺(とくらくじ)

という寺号もあり

『新撰陸奥国誌』では

“奇代の古刹”として

紹介されております。

 

明暦2年(1656)の

観音堂の棟札(むなふだ)があります。

 

旧・観音堂が落雷により

焼失したため

再建された際に

用意された棟札だそうです。

 

棟札表中央には

頂上の観音種字「サ」に続いて

奉再建奥州南部三戸郡

七崎正観音堂並末社十二宮

と記されております。

 

その主文右側に「大檀那」である

第28代藩主である南部重直の名があり

主文左側に

本願 当寺十六代法印宥鏡創之

と記されております。

 

先にもチラッと引用した

翻刻されて昭和41年に

県の文化財保護協会から

発行されている

『新撰陸奥国誌』

(原本は明治9年(1876)に完成)

でもこの棟札のことが

取り上げられておりますが

「当寺十二代」と誤記されてます。

 

原本がどうであるかは分かりませんが

翻刻され出版されているものに

ついては誤って記載されております。

 

“郷土史研究あるある”ですが

多くの方が頼らざるを得ないような

史料・資料自体が誤っているケースは

よくあることです。

 

ある文書によれば重直公は

慶安2年(1649)に江戸で

病に罹っていた時

七崎観音に祈願したところ

霊験があったということもあり

観音堂と末社十二宮を再建した上

所領として五百五石五斗三合を寄付し

別当を改めて永福寺と定め

神主1名、祢宜1名、舍人12名、神子1名

に対しても相当の領地を与えたそうです。

 

宥鏡(ゆうきょう)大和尚は

当山先師であり

永福寺41世住職です。

 

宥鏡大和尚は

奈良県の長谷寺から

永福寺住職として

お迎えされた方で

慶安4年(1651)に

三代将軍家光公がご逝去された際

日光東照宮でのご供養のため

召し出されていらっしゃいます。

 

また盛岡城の時鐘の銘文を

仰せ付けられたり

二戸の天台寺の

桂泉観音堂と末社の棟札も

記されていらっしゃいます。

 

宥鏡大和尚の晩年である

延宝8年(1680)に

盛岡永福寺は火災にあっており

その後焼けて損じてしまった

仏像や経典などを

東の岡の地中に納め

歓喜天供養塚を建立し

同所を41世以後の住職はじめ

末寺住職や所化などの境内墓地とし

さらには十和田山青龍権現を

勧請して祀られております。

 

七崎観音の観音堂再建の

棟札に記される

「当寺十六代法印宥鏡」

という部分は旧・観音堂に

徳楽寺という寺号がいつ頃から

用いられたのかを探る

手がかりになろうかと思います。

 

この「当寺」は

徳楽寺を指すものです。

 

七崎観音別当は

永福寺が担うことになり

盛岡へ永福寺(本坊)が

建立された後

旧地である七崎は

永福寺自坊として普賢院が引き継ぎ

別当も担当しております。

 

「十六世」という部分の

数え方の詳細は不明ですが

永福寺住職一代につき一世

として検討してみるならば

永福寺24世住職が

徳楽寺一世となった

可能性が考えられます。

 

あくまでも可能性です。

 

残念ながら

度重なる火災のため

縁起由緒の詳細は

不明なところが多く

24世はどの方が住職であったかは

分かりかねます。

 

しかも「永福寺住職」

(永福寺院家とも記されます)は

様々な条件を満たさなければ

正式な住職とはみなされておらず

場合によっては

住職代理として名代(みょうだい)が

たてられるケースが

江戸期に見られますし

記録が残っていない時期にも

なされていた可能性は大いにあります。

 

そういった方は

「第〜世」とは数え上げられません。

 

当山22世の宥漸大和尚は

応仁元年(1467)8月26日に

御遷化(ご逝去)されており

その後は30世の恵海大和尚

(元和3年(1617)御遷化)まで

先師の記録が不明となっております。

 

24世住職の代に

観音堂に徳楽寺の寺号が

用いられるようになったと

仮定すると

時はまさに戦乱の時代

ということになります。

 

ついでながら

永福寺30世の恵海大和尚は

「盛岡永福寺開祖」ともいわれ

盛岡に永福寺が建立された時の

住職で「聖の御坊」とも

呼ばれたそうです。

 

恵海大和尚は

盛岡の新たな城下町を作るにあたり

(胎蔵)曼荼羅を踏まえた寺院配置を

藩に進言したといわれます。

 

盛岡城を

曼荼羅中央の大日如来と見立て

鬼門である東北に永福寺

生門である南東に妙泉寺

裏鬼門である南西に高水寺

将門である西北に岩手山権現

北方に菩提寺の聖寿寺・東禅寺を

配置するよう進めたとされます。

 

伽藍配置ということでは

当山と旧・観音堂(徳楽寺)との

位置関係も曼荼羅の考え方に

通じる所があります。

 

紐解けば紐解くほど

話題は尽きませんが

七崎の歴史や意味合いは

かなり壮大なスケールの

ものであると感じます。

image

IMG_0472

IMG_8330

IMG_8400

IMG_8368

▼徳楽寺(旧観音堂)のスケッチ

(『新撰陸奥国誌』所収)

IMG_3864

稀代の古刹 七崎観音②

当山本堂には

内御堂(うちみどう)として

観音堂がございます。

 

観音堂本尊として祀られる

聖観音(普段は秘仏)は

七崎観音(ならさきかんのん)と

称されます。

 

本堂に内御堂として

観音堂が作られたのは

明治19年(1886)です。

 

明治以前の七崎観音は

当山南方の観音堂に

お祀りされていました。

 

その観音堂は

七崎山徳楽寺の寺号もあり

明治以降は七崎神社として

改められました。

 

当山は永福寺時代より

ながきにわたり

七崎観音の別当を

担っております。

 

お寺には大小様々な

法会(ほうえ)や法要が

一年中開催されます。

 

当山でも古くより

数多くの儀式が

執り行われておりますし

旧・観音堂(徳楽寺)でも

多くの行事がありました。

 

現在の七崎観音は

年に一度の御開帳の際に

護摩法要が厳修され

「おこもり」といわれる

行事が開催されておりますが

当山に遷座(せんざ)されるまでは

旧・観音堂(徳楽寺)では

修験者の方や地域の方と共に

多くの祭事が開催されております。

※本年の「おこもり」詳細はコチラ↓

https://fugenin643.com/blog/wp-content/uploads/2019/01/H31おこもり広告.pdf

 

かつては藩が施主となり

開催されていた行事が

大部分だったそうで

現在は絶えているものが

多いのですが

主なものを紹介させて頂きます。

 


【旧・観音堂(徳楽寺)祭事】

1月7日(丑の刻)

柴灯(さいとう)護摩

 

初午

鎮火祭

 

3月

物始祭

流鏑馬

初皈(帰)祭・鳥払祭

 

4月7日

御浜出(八太郎旅所へ)

 

5月5日

四十八末社御山開

 

5月15日

十和田神社へ舍人が代拝

※十和田山別当は

代拝者を優遇して

接待した上に

御初穂料二百疋を

七崎へ酬賽するのが

恒例だったそうです。

 

6月24日

害虫払祭

 

二百十日

風神祭

 

8月6〜12日

荒神祭

 

8月13日

中の祭・荒神祭

 

8月17日

観音堂大法会・元宮観音祭

 

9月5日

御留(おとめ)祭

 

9月7日

重陽祭・実収祭

 

12月17日

年越祈祷

 

毎月18日

湯立祈祷

 

神楽は舍人が管理して

隔年毎に村内一般を

巡回して守札を配布


 

旧・観音堂での祭事は

「七崎修験」の方にも

ご出仕頂いてのもので

古い時代の祈りのあり方を

探る上でとても

参考になるものかと思います。

 

参考までにですが

御影供(みえく)という

弘法大師の法要や

正月や彼岸などの

住職はじめ僧侶による

主要な儀式や

重要な儀式は

本堂にて行うのが一般的で

当山の場合も同様です。

 

本堂とは

本尊堂という意味や

根本中堂という意味のある

とても重要な建物で

それ自体が“み教え”とされ

諸伽藍の中でも最重要なものですし

建立にあたって様々な作法が

施されます。

 

伽藍建立の際には

棟札(むなふだ)という

特殊な木札が作られるのですが

当山所蔵のものを見てみると

旧・観音堂の棟札の様式と

本堂の棟札の様式は

明確に異なっております。

 

七崎(現在の豊崎)には

修験に携わっていた方も

多かったようで

ここでは七崎修験と

呼ばせて頂きます。

 

細かにいえば

清僧(出家者)と

修験・(一世)行人などの

区別をしてお話すべきですが

ここでは大雑把な言葉で

述べさせて頂きます。

 

地元に残る文書には

補任状(ぶにんじょう)という

修験の文書があります。

 

その補任状は

本山派修験の総本山である

聖護院(しょうごいん)からの

認可証です。

 

修験と一言で言っても

本山派や当山派

羽黒修験や行人派など

一様ではなく

かつまた横の繋がりも

多く見られるものです。

 

天台系とされる本山派で

修験者の認可を頂く一方

地元では真言寺院に作法等の

伝授を受けているなどということは

珍しいことではありません。

 

こういったことは古い時代の

「宗派性」を考える上でも

欠かせない視点です。

 

専門的かつ日常的に

触れていなければ

分かりにくい部分なのですが

あまり注意が払われず

「真言宗」や「天台宗」や

「修験」という言葉が

安易に使われてしまい

実態が見えにくくなっている

ケースが多いように感じます。

 

先にあげた諸祭事にもあるように

毎年5月15日には

十和田神社へ舍人が代拝し

十和田山別当に優遇して

頂いた上に初穂料を

お納め頂く恒例が

七崎にはありました。

 

これは十和田湖伝説が

七崎と深く関わることに

由来します。

 

十和田湖伝説とは

南祖坊(なんそのぼう)という

僧侶が十和田湖の主である

青龍大権現となるという伝説で

その南祖坊は当山(永福寺)に

弟子入りして修行したと

伝えられております。

 

南祖坊は藤原氏の血筋であり

三戸郡の斗賀で生まれたとも

七崎で生まれたともいわれます。

 

藤原氏の氏神は

春日大明神であり

当山の本山である

奈良県の長谷寺では

本尊十一面観音の脇侍として

難陀竜王(なんだりゅうおう)が

春日大明神の化身として

お祀りされております。

 

十和田への代拝が行われた

15日という日取りに関連して

少し話を深めてみると

三十秘仏という考え方からすると

15日は南祖坊の出自である藤原氏の

氏神である春日大明神の縁日でもあります。

 

また15日は

布薩(ふさつ)といって

戒律を改めて持(たも)ち

精進する日でもあります。

 

話題が尽きない所ですが

この辺で一段落させて頂きます。

 

今回は当山が永福寺時代より

別当としてお仕えした

七崎観音が祀られていた

旧・観音堂(徳楽寺)の祭事を

紹介させて頂きました。

IMG_3333

IMG_0350

IMG_8377

IMG_8379

IMG_8382

IMG_8387

IMG_8393

稀代の古刹 七崎観音①

当山本堂内の

観音堂の本尊である

聖観音は今も昔も

七崎(ならさき)観音

通称されます。

 

当山は古くから

七崎観音の別当を

つとめております。

 

七崎観音は

様々な伝説に彩られ

様々な方により

様々に語られた

由緒ある観音様です。

 

普段は秘仏ですが年に一度

毎年旧暦1月17日にのみ

御開帳され御宝前にて

護摩(ごま)法要が厳修されます。

 

平成31年は

2月21日が御開帳となります。

※詳細はコチラ↓

https://fugenin643.com/blog/wp-content/uploads/2019/01/H31おこもり広告.pdf

 

七崎観音はかつて

現在の七崎神社の場所にあった

観音堂にお祀りされておりました。

 

七崎観音は

霊験すこぶるあらたかということで

南部藩に篤く敬われ

各所からの参詣も絶えなかったようで

その観音堂は時代を経る中で

七崎山(なさらきさん)

徳楽寺(とくらくじ)

という寺号を頂いております。

 

現・豊崎町(かつての七崎)の

永福寺地区は

当山の本堂真正面から

真東にズバッと道が伸びており

そこに門前町が形成されるように

町が作られております。

 

さらに当山は

豊崎のほぼ中央に

位置しており

地域を一望出来る場所に

お寺が建立されております。

 

また豊崎の西に位置する

滝谷(たきや)地区へも

道が当山と旧観音堂(現・七崎神社)の

間からのびており

その途中に「南宗坊(なんそのぼう)」

という地名も残っております。

 

南宗(祖)坊は

当山2世の月法律師の弟子として

当山にて修行したとされる

十和田湖伝説の僧侶です。

 

観音堂への参詣道も

当山門前道に垂直に交わるように

南北方向に整えられており

浅水川に架けられた橋は

観音橋(かんのんばし)と

名付けられております。

 

橋は

こちらの岸(此岸(しがん))から

向こうの岸(彼岸(ひがん))に

渡すということで

仏道では深い意味を持ちます。

 

観音橋はいわば

“聖域への入口”

ということになります。

 

当山から浅水川対岸の地域を

下七崎(しもならさき)といいますが

この地区には

七崎観音へ参詣するために

身分の高い方が

留まられる屋敷である

御田屋(おんたや)がありました。

 

御田屋を由緒とした

「おだや」という屋号が

現在も用いられており

歴代には当山の総代を

お勤め頂いた方もいらっしゃり

当山を古くからお支え頂いております。

 

当山の歴史を紐解く上で

「七崎観音別当」という立場は

非常に重要な意味を持ちます。

 

当山は永福寺時代より

現在に至るまで

七崎観音別当を担っております。

 

七崎観音別当であることの

意味はとても大きく

当山の前身である永福寺は

盛岡南部藩の祈願所となり

盛岡五山の筆頭寺院として

隆盛を極めてまいります。

 

別当寺としての

永福寺や普賢院と

七崎観音の由緒が混同されて

しまうことが多いのですが

厳密にいえば

七崎観音と永福寺・普賢院は

ある程度「区別」して

捉えるべきものです。

 

専門性が極めて高い内容や背景が絡み

加えて地域の家々の歴史が

深く関わることでもあるので

しばしば郷土史研究などで

とりあげられる

近世の文書の情報だけでは

どうしても限界がありますし

当山にまつわる諸事を紐解くには

多分野にまたがっての視点が

求められるように思います。

 

当山有縁各家先祖代々の方々の

確かなお歩みや口伝

それらを踏まえ

当山先師諸大徳含め

これまで多くの地元の先人方が

まとめられてきた「もの」に

耳を傾けると

今のなお“いき続けている”

志に触れるような思いになります。

 

そんな志に触れつつ

七崎観音をメインテーマとして

何回かに渡り

紹介させて頂きたいと思います。

観音堂

IMG_1127

IMG_1120

南祖坊伝説の諸相⑩ 南祖坊御成(おなり)の部屋

八戸市図書館所蔵の

文政12年(1829)

『十和田記 全』(十和田山御縁起)

という近世の写本には

南祖坊や八郎の来臨に際して

部屋を用意するという

エピソードが掲載されております。

 

南祖坊の来臨には

「十和田山の御間」

「十和田様の御間」(永福寺にて)

八郎(八郎太郎、八の太郎)の来臨には

「八竜大明神の御間」(潟屋伊左衛門家にて)

の一間(ひとま)が用意され

七五三縄(しめなわ)が

張られたと

『十和田記 全』には記されます。

 

いずれのエピソードでも

「彼岸」の時季に

触れられております。

 

今回は「十和田山の御間」に

言及している同書の

「御縁起見る心得のケ条覚」

という所をとりあげます。

 

この部分はこの写本の書写者が

同書を見る際に心得を

項目立てて

それぞれケ条毎に

説明したもので

今でいう書籍の註釈の

ようなものです。

 

各心得(註釈)を見るに

『十和田記 全』の書写者は

とても誠実な方で

写本を書写するにあたり

地名や関係する事柄について

丁寧に調べていらっしゃいますし

神仏への畏敬の念をもち

謹んで取り組まれたことが

伝わってまいります。

 

写本ついででいうと

当山には

『十和田山神教記』の写本が

2冊ございます。

 

『十和田記 全』と

『十和田山神教記』には

“写本の限界”ともいうべき

点への言及も見られ

注目すべき重要な箇所と考えます。

 

“写本の限界”については

機会を改めて

述べさせて頂こうと思います。

 

では話を戻して

『十和田記 全』にある

「御縁起見る心得のケ条覚」の

「十和田山の御間」が登場する

部分を以下に引用して

その後に大まかな

内容紹介として

「拙訳」を記させて頂きます。

 

※引用にあたり

小舘衷三氏の

『十和田信仰』(昭和63年、北方新社)

に資料として翻刻されている

ものを使用して

適宜書き下しをしました。


 

盛岡永福寺

古き伝え話に云(いわ)く

十和田山青龍大権現

昔の宿縁 有事にや

今も永福寺へ春秋の

彼岸中日の内には

御越(おこし)有よし。

 

よって永福寺に

十和田山の御間とて

一と間(ひとま)あり。

 

真言七五三(しめ)を張

常に人の御入を禁じ

〆切置候よし。

 

人躰にて御越(おこし)の節は

永福寺法印

罷出(まかりで)て

謁し奉る。

 

竜躰にて御越(おこし)の節は

寺中殊の他

慎居候由(つつしみおりそうろうよし)。

 

尤(もっとも)

人躰竜躰にて御越にかかわらず

膳部(ぜんぶ)供は

差上(さしあげ)候よし。

 

但し時々の住僧の

新正(しんせい)行ひによって

御越の有と無とあるよし。

 

爰(ここ)に一つの話あり。

 

中古の事の由

永福寺法印に名僧ありしに

例の通(とおり)十和田様

ある年の彼岸に

御越ありけるに

この法印覚悟の印を結び

十和田様の御間に入

尊躰(そんたい)を拝し奉り

夜(よも)すがら法語を問い奉りしに

 

十和田様仰申(おうせもうす)は

我々今

如斯(かくのごとく)してある事

恋しくうらやましくおもふべし。

 

必々おもふ事なかれ

 

御教文(おきょうもん)の

おもむきをつとめ

よこしまなく

天命を保(たもた)なば

後には神とも仏とも成ぬべし。

 

弥勒(みろく)の出世を待

我々の勤(つとめ)

昼夜幾度といふ勤あり

其苦痛(そのくつう)

中々凡夫の今おもふ心にて

浅くも勤まる事にあらず

 

其時(そのとき)其苦痛を

いとふ時は何百何千年経るとも

破戒(はかい)に落入べし。

 

最早(もはや)

深(ふかくして)更にも及びぬ。

 

我も其身の

勤行(ごんぎょう)にかかる也

おふせられ

法印退かしめ

それぞれに御間を〆させ

透見(すかしみる)等は

◻る御禁(おとど)めあり。

 

しつまり給ふ。

 

法印は我常の眠蔵(めんぞう)に

引取(ひきとり)けれども

通夜をして信心をこらし

禅座をなして

御座(おすわり)なされけるに

十和田様御苦しげなる御声にて

暫(しば)しが程

煩わせ給ふ様子

御かげにて

法印 伺ひ奉るさえ

消入(きえいる)ばかりに

おぼしめしける事にてはなし

御出(おいで)も御帰りも

住持法印の他は知る人

更になき事と云(いえ)り。

 

今も絶ず御出(おいで)のよし。

 

是等の次第も

永福寺の縁起になるべし。

 

此寺の住職に付て

尋ね問ひもとむべき事とぞ。

 

神に祝われ給ふ。

 

御上(おかみ)にさえ

かやうに辛苦の御勤(おつとめ)あり

有難き大悟のおん事ならん。

 

必ず等閑(とうかん)に

聞べからずと也。

 


【大雑把な拙訳】

十和田山青龍大権現は

南祖坊の頃に修行した

宿縁のある永福寺へ

今でも春秋彼岸の中日に

(または中日までの間に)

おいでになられるため

永福寺には

十和田山の御間という

一間(ひとま)がある。

 

その一間には

真言七五三縄を張り

常に人の出入りは禁じられ

しめきられた。

 

人の姿かあるいは

龍の姿でおでましになる。

 

しかも

いらっしゃるか否かは

その時々の僧侶の

正月の「行い」に左右

されるという。

 

大雑把に意訳すれば

そのようなことが記され

次に重ねて

南祖坊来臨のエピソードが

述べられます。

 

ある年の彼岸に

南祖坊が来臨した際に

永福寺の法印が印を結び

十和田山の御間に入り

南祖坊を拝したのち

一晩中法語を問うた。

 

すると南祖坊は

おっしゃった。

 

私たちがこのように

対面して求法に応じるなど

していることは

羨望される所だろうが

そのような心を

抱くことはお止めなさい。

 

み教えの意味意図する所を

しっかりと励み

ひとときひとときを

大切にするならば

いずれ「神」にも「仏」にも

成ることが出来るだろう

(尊い道を成就出来るだろう)。

 

経文に記される所の

釈尊入滅の後

56億7千万年の後に訪れるとされる

弥勒菩薩の出世を待つ

私たちには昼夜に

いくつものお勤めがある。

 

はるかかなた先に

目指す所の時間軸がある

私たちが

そのお勤めを成すことで

おのずと伴う苦労や苦痛は

今現在と主に向き合う

凡夫の心では

勤まるものではない。

 

その苦痛が受け入れられず

嫌悪するならば

何千年たとうが

破戒の境界に深く陥っているので

修行が成就することはない。

 

私も弥勒の出世を待ち

勤行に励む身なのだ

と南祖坊はおっしゃられ

永福寺の法印を

十和田山の御間から

退出させて部屋を閉めさせ

内部を見ることを

禁じさせた。

 

静かになり

法印は寝室へ戻ったが

寝ることなく通夜して

瞑想に励んだ。

 

すると

南祖坊の苦しげな声で

しばらくの間

もだえていらっしゃる様子が

法印にはその影によって

伺われたが

次第に消えていった。

 

ちなみに南祖坊の

御越も御還も法印以外で

知る者はいないという。

 

これらのことは

永福寺の縁起に

まつわるものなので

永福寺住職に

尋ね求めるべきである。

 

神(青龍大権現)の

御利益・加護があるだろう。

 

天皇にも

辛苦を伴うような

お勤めが毎日ある。

 

とても有り難い

大悟の浄行である。

 

いいかげんな

気持ちで聞くべからず。

 


 

入室独参(にっしつどくさん)

という言葉があります。

 

仏教の辞典では

「師家の室にひとりで入り

親しく参問すること」と

説明されますが

今回とりあげた

「十和田山(様)の御間」での

南祖坊と法印のやりとりは

まさに入室独参といえます。

 

南祖坊は

昼夜の幾つもの「勤め」に

言及しており

自身も弥勒出世までの長い間

苦痛を伴いながら「勤め」を

なしている様子が記されます。

 

ここで南祖坊は

永福寺法印に「法」を教授する

先師や阿闍梨(あじゃり)として

描かれているように感じます。

 

彼岸の中日のうちに

南祖坊がおいでになるという

「十和田山(様)の御間」は

結界され〆切られて常時

人の出入りも禁じられたとの

描写についても

灌頂(かんじょう)や大会(だいえ)

といった具体的な儀式の空間や

荘厳(しょうごん)の作法に加え

様々な節目に用いられる

大小の諸作法が

着想となっているように

思われます。

 

今回引用した部分についても

深められる所が多々ありますが

この辺で留めさせて頂き

別の機会にまた

触れさせて頂きます。

IMG_5562

七崎から盛岡へ移る永福寺

江戸時代の紀行家である

菅江真澄(すがえますみ)の

文化4年夏の紀行文である

『十曲湖』(とわだのうみ)で

当山の歴史について

触れられております。

 

『十曲湖』には以下のように

記されております。

 


 

森岡の盛岡寶山永福寺ハ

新儀の真言にて

大和の國

初瀬の小池坊の流れにて

むかしハ五戸の七崎よりうつせり

 

いまも永福寺村といひ

そこに観世音の堂あり

 

これを永福寺ともいへり

 


 

菅江真澄は

『十曲湖』の約20年前に

『委波氐迺夜麼(いわてのやま)』

という紀行文も著しており

そこでも十和田湖伝説を

紹介しております。

 

両著作を比較すると

『十曲湖』の情報量は格段に多く

広く情報を集めたことが

よく分かります。

 

引用文で盛岡永福寺に

触れておりますが

正確には盛岡永福寺の山号は

宝珠(ほうしゅ)盛岡山です。

 

「新儀」という部分も

正確には「新義」となります。

 

菅江真澄は

盛岡永福寺は

七崎(現在の豊崎)から移したと

伝えておりますが

これは当山で把握している

由緒と同内容となります。

 

つまり

盛岡に永福寺が改められることになり

普賢院が永福寺自坊として

旧地である七崎永福寺を

引き継ぐことになったわけです。

 

永福寺は三戸にも伽藍を構えます。

 

その三戸永福寺は

盛岡永福寺の建立にあたり

嶺松院(れいしょういん)が

永福寺自坊として引き継ぎます。

 

自坊というのは

いまでいう別院と

お考え頂ければ分かりやすいかと思います。

 

ちなみに自坊に対しての

盛岡永福寺は本坊という位置づけです。

 

菅江真澄はさらに続けて

七崎から盛岡へ永福寺が移った後の

今も永福寺村といい

永福寺村には観音堂があって

これを永福寺ともいうと

記しております。

 

現在も当山周辺の地名は

「永福寺」となっており

当山は現在普賢院という寺院名ですが

「永福寺」とも呼ばれております。

 

お寺の呼び名というのは様々で

現在の当山は

永福寺とも呼ばれれば

七崎のお寺さんとも呼ばれますし

七崎観音のお寺

十五番札所のお寺とも

南祖坊のお寺などなど

一様ではありません。

 

そういったことが

かつてもあったようで

観音堂もまた永福寺とも

呼ばれていたと

菅江真澄は伝えております。

 

この観音堂には

現在当山にお祀りされている

七崎観音がお祀りされておりました。

 

観音堂は七崎山 徳楽寺という

寺号を授かる程の

とても立派なものとなり

当山が別当寺をつとめておりました。

 

観音堂は明治になり

七崎神社になります。

 

そこに祀られていた

聖観音は現在

当山本堂内の観音堂に

七崎観音としてお祀りされております。

IMG_8314

IMG_0349

▼七崎神社(旧 観音堂・七崎山徳楽寺)

IMG_8327

IMG_8331

南祖坊伝説の諸相⑨ 来臨する南祖坊

当山は

南祖坊(なんそのぼう)という

僧侶が修行をしたと

伝えられるお寺です。

 

南祖坊とは

十和田山開祖とされ

十和田湖青龍大権現

(せいりゅうだいごんげん)

という十和田湖の龍神となった

とされる伝説の僧侶です。

 

『邦内郷村志』という書物の

十湾湖(十和田湖)の説明に

「又日」(またいわく)として

“南祖坊の来臨”について

紹介されております。

 

原文は漢文なので

意味を取りやすいように

書き下して引用し

それを意訳してみます。

 


【書き下し】

又日(またいわく)

永福寺に於いて

年々三月某日

御影供(みえく)今に至る。

 

南宗青龍神

道場に来格する

其の徴(しるし)

揭(かかげる)焉。

 

此の時に當たり

寺中厳(おごそ)かに

潔斎(けっさい)して

火を更(あらた)め

座を儲(もう)け

屏風(びょうぶ)を以て

其の四方を圍(かこ)み

卓を置き供物品々を備える。

 

香を炷(た)き

音聲(おんじょう)を禁じ

之を俟(ま)つ。

 

其の来去(らいこ)共

必ず風雨暴風發(おこ)る。

 

爰(ここ)を以て

其の時候を知ると云う。


【意訳】

永福寺では

弘法大師(3/21が“命日”)の

ご法事である

御影供(みえく)という法要が

今でも行われている。

 

南祖坊(青龍大権現)は

永福寺道場に来臨する時に

見られる“兆候”を

ここに掲げる。

 

南祖坊来臨に当たって

寺中の者は

精進潔斎を行い

灯明をあらため

座を用意し

その四方に屏風を立て

机に供物をはじめ設えを整える。

 

香を焚いて

音声を禁じて

南祖坊の来臨を待つ。

 

南祖坊が来臨する際も

お還りになる際も共に

必ず暴風雨となる。

 

暴風雨がおこることで

南祖坊が来たことを

承知すると言われる。


 

御影供(みえく)は

とても重要な法要で

弘法大師空海に捧げられます。

 

拙僧(副住職)は

真言宗豊山派の僧侶ですが

真言宗の僧籍を持つ

僧侶のことを

真言行者(しんごんぎょうじゃ)

ともいいます。

 

真言宗の僧侶は

行者ですので

修行ということを

とても重んじます。

 

修行すべきことは

究極的にはあらゆること

ということが出来るのですが

教相(きょうそう)

事相(じそう)という

両輪を深めることを

大切にいたします。

 

教相の修行とは

教学や教理などを

学び深めていくこと。

 

事相の修行とは

作法や法式などを

相承し体得し研鑽していくこと。

 

教相あっての事相であり

事相あっての教相なので

この両者は車の両輪に

喩えられます。

 

つまりはいずれもが

重要であるということです。

 

道場とは

そういった修行の場で

重要な場所なのです。

 

御影供(みえく)をはじめ

重要な儀式は様々ありますが

それらが厳修される場所も

道場といわれます。

 

尊い儀式には

それぞれの荘厳(しょうごん)や

設えが法式として

諸流伝えられておりますが

引用箇所に見られる

設えの簡単な記述についても

そういった作法に

紐づけた上で

具体的に再現出来るように思います。

 

また南祖坊の来去には

風雨暴風が必ず伴うと

記されております。

 

これは前回「伝説の諸相⑧」として

とりあげた南部利直公の伝説にも

見られるまさに諸相の一つです

https://fugenin643.com/blog/南祖坊伝説の諸相⑧/)。

 

今回引用した箇所だけでも

深めるべきことが多いのですが

その中でも真言宗における

具体的な儀式や作法との

結びつきが見られるという点は

伝説を考える上で

重要な意味を持つように思います。

IMG_8042

IMG_0605

南祖坊伝説の諸相⑧ “南祖坊の生まれ替わり”南宗院殿利直公

伊藤祐清(1663〜1749)の

『祐清私記』という文書に

27代藩主(盛岡2代)

南部利直(1576〜1632)と

南祖坊にまつわる伝説が

記されております。

 

それは

南祖坊が南部利直に

生まれ替わった

という伝説です。

 

利直公は

盛岡での城築という偉業を

達成した藩主です。

 

『祐清私記』の該当箇所を

以下に引用させて頂きます。

 


 

南部利直公

武勇誠に畏敷(おそろしき)

御大将なり

 

扨(さて)利直公

御寝姿を密(ひそ)かに

見奉(みたてまつら)ば

御形蛇体に見えさせ給うと也

 

有時(あるとき)利直公の夢に

南宗(祖)坊 見えさせ玉ふは

我は蛇体にして候か(が)

過ぐる頃

蛇体の苦痛を遁(のが)れ

貴公に生れ替候

と見ると思召

御夢は覺めにけり

 

其の由(よし)を翌日

御次衆に御物語候由

何れも實にもと思ふ人多く之有

 

然るに

寛永九年(1632)之春

御参観にて江府へ御登り

同年八月十八日

江戸にて御逝去

 

急御飛脚下り

同廿(にじゅう)六日夜

福岡へ到着

 

頓て東禅寺大英和尚へ

仰遣られ

御牌名調(ととのえ)けり

南宗院殿と申し奉る

 

其の後

江戸金地院より

御調(おととのえ)成され候

御牌名も南宗院と書けり

 

扨て(さて)

不断御咄成される

南宗(祖)の坊 生替(うまれかわり)

誠に明白也

 

金地院も東禅寺も右之子細は

夢にも知らぬとも

両方百里を隔てし処にて

一ツに書しは不思議なれ

 

軈而(やがて)

九月初に御尊骸下り

三戸にて御葬禮あり

 

傅日(つたえていはく)

利直公御葬禮の時

俄に曇り大雨

稻妻(いなずま)雷電

甚(はなはだ)しければ

御供の人々も

何れの色を失ひけるとそ

 


 

伊藤祐清は利直公没後の人なので

利直公の後世において

どのように神格化されていたかの

一端が垣間見られます。

 

ついでにですが

藩主をはじめ武士が

神格化されることは

この時代において

よく見られることです。

 

『祐清私記』の引用箇所の

要点をまとめてみます

(便宜上①〜⑥の

ナンバリングをしました)。

 

①利直公の寝ている姿を

密かに見てみたところ

その形が蛇体のようだった。

 

②利直公の夢に南祖坊が登場し

蛇体の苦を遁れ

利直公に生まれ替わったと

伝えた。

 

③そのことを翌日

次衆に話たところ

本当のことと捉えた者が

多くいた。

 

④寛永9年(1632)

8月18日に江戸で逝去。

 

⑤東禅寺と金地院

両院とも利直へ

「南宗院」号を

お授けしようとしていた。

 

⑥三戸での葬儀は

いきなり曇って大雨となり

稲妻が走り雷音が轟いた。

 

②の「蛇体の苦」に関連して

龍蛇のことを仏道では

龍畜(りゅうちく)や

龍趣(りゅうしゅ)ともいいます。

 

龍畜・龍趣は

仏道でいう六道(ろくどう)の

畜生(ちくしょう)道の一種とされます。

 

地獄・餓鬼・畜生を

三悪趣(さんあくしゅ)ともいい

“迷いの境界”とされます。

 

「蛇体の苦」として

身の上に熱沙(ねっさ)が雨ふり

鱗の下には身を喰らう虫が集まり

皮膚が何度も消え失せるなど

仏道の経や論書に

様々書かれております。

 

④の利直公の命日ですが

18日は観音様の御縁日でもあります。

 

南祖坊伝説では

観音菩薩という尊格が

いわば本地となっております。

 

利直公の命日が

観音様の御縁日であることは

「南宗院殿利直公伝説」を

ある意味で“後押しした”と

いえるかもしれません。

 

⑤の戒名についての逸話も

僧侶としての見識を踏まえ

少し深めたいと思います。

 

利直公の戒名は

南宗院殿月渓晴公大居士です。

 

いわゆる戒名には

部分部分に意味があるのですが

今回は院殿号を中心に

紐解いてみます。

 

南宗院殿は「院殿号」

(〜院だと「院号」)

月渓は「道号」(どうごう)

晴公は「戒名」

(狭義ではこの部分を戒名といいます)

大居士は「位号」(いごう)

といいます。

 

院号というのは

天皇が譲位の後に移り住んだ

御所の名前に由来するものです。

 

それが公家や武士や高僧の

呼称となり定着します。

 

院殿号は足利尊氏の

「等持院殿」が始めだそうで

それ以後武家や大名の

戒名として使われるように

なったようです。

 

東禅寺と金地院の両院が

「南宗院(殿)」の院(殿)号を

調えたとあります。

 

この点に関連してのことですが

「利直公自身が

自分を南宗坊の

生まれ替わりだと唱えた」

とのお話を聞いたことがありますし

確か十和田湖の方では

このように説明を受けたように

記憶しております。

 

そういったことを伝える

文書があるのかもしれませんが

今回とりあげた

『祐清私記』では

大分ニュアンスが異なっており

利直公没後に菩提所の東禅寺と

江戸の金地院(家康公開基)の

両院が調えたとしております。

 

東禅寺は

南部守行公以来の

菩提所(ご供養を担うお寺)で

臨済宗妙心寺派ですが

『邦内郷村志』には

弘法大師の伝説があり

弘法大師真筆の法華経が

あると記されております。

 

戒名というものは

色々と踏まえて

調えられるものです。

 

南宗院(殿)という院(殿)号は

利直公が南宗(祖)坊を

篤く信仰したことに

由来すると巷では

説明されているようですが

おそらくそれだけに

とどまらないと思います。

 

多くの場合

戒名の各所に

採用される文言は多義的です。

 

利直は盛岡の築城を果たし

南部藩の拠点を

南方に移した方ですし

「宗」という字には

尊いという意味や

教派という意味以外にも

中心という意味もあります。

 

戒名に触れることの多い

一僧侶から見ると

盛岡の築城などの

利直公の偉業に通じるように

思います。

 

また先にも触れましたが

利直公の命日は18日で

これは観音菩薩の御縁日です。

 

南という方角は

観音菩薩を象徴する

方角でもあります。

 

また南は

宝生(ほうしょう)如来という

尊格をはじめとする

宝部(ほうぶ)の方角でもあり

多々なる実績を残したことを

称えているとも考えられるでしょう。

 

他にも述べられそうなことは

沢山ありますが

戒名については

この辺でやめておきます。

 

⑥では葬儀の時

にわかに天候が崩れて

荒れに荒れた様子が

伝えられます。

 

「南祖坊伝説の諸相⑦」では

「南祖坊が来臨・降臨する際は

必ず大風雨となる」とのいわれが

あったことに触れましたが

このいわれに通じる部分かと思います。

 

要するに

利直公の葬儀の大荒天は

南祖坊に由来するものだということを

⑥は暗に示しているのです。

 

このエピソードもまた

利直公が南祖坊の

生まれ替わりであるという伝説を

強く“後押しした”のではないでしょうか。

 

200px-Nanbu_Toshinao01

普賢院本尊 愛染明王

当山本堂は文化7年(1810)に

火災に見舞われ

翌文化8年(1811)に

再建されました。

 

当山本尊である

愛染明王(あいぜんみょうおう)

の御仏像は火災にあった後に

当時の当山本坊である

盛岡永福寺 宥瑗(ゆうえん)法印

より寄附されたものです。

 

愛染明王像の光背(こうはい)には

朱書で志趣が以下のように

記されております。

 

寶照山普賢院本尊新造立志趣者奉為

大守公御武運長久国家安穏及護持宥瑗

法運長遠院内繁昌也敬白

文化七歳次庚午九月大祥日教道覺宥代

寶珠盛岡山永福密寺現住法印宥瑗寄附之

 

本尊はいうまでもなく

当山にて最も大切な尊格です。

 

造立されて200年以上になりますが

今もなおそのご威光が

放たれております。

 

本尊愛染明王

南祖坊伝説の諸相⑦ コケ(鱗)のお土産

『永福寺物語』(昭和22年、山岸郷友会)

という冊子によれば

当山の前身である永福寺では

毎年4月(現在の5月?)に

南祖坊護摩供養会

(なんそのぼうごまくようえ)

が行われていたそうです。

 

江戸期に永福寺は盛岡に

拠点を構えることになりますが

以後も十和田湖伝説に登場する

十和田湖の龍神(青龍大権現)

でもある南祖坊は

篤く信仰されたようです。

 

毎年厳修されていたという

南祖坊護摩供養会当日の

護摩の時間になると

不思議なことに必ず

大風雨が起こったと

伝えられます。

 

この大風雨は

南祖坊が永福寺に来たことを

示すものでもあり

護摩の法会が終わると

風雨は止んで晴れたそうです。

 

そして南祖坊はお土産として

大蛇のコケ(鱗)を3枚ずつ

置いていったといわれます。

 

明治時代の廃仏毀釈の嵐が

吹き荒れる中

盛岡永福寺は東坊(普賢院)を残し

廃寺に追い込まれます。

 

様々な困難がありながらも

昭和17年に再興を遂げ

かつての東坊の地に建立されたのが

現在の盛岡にある永福寺です。

 

その再興にご尽力された

当時のご住職である熊谷道安師は

南祖坊大遠忌護摩供養会

(だいおんきごまくようえ)

を執り行いました。

 

当日は絶好の春日和で

快晴だった所

護摩の時間になると

“大風雨”に見舞われましたが

約2時間後には再び晴れたそうです。

 

「約2時間後」というのは

護摩供養会が終わって後

という意味だと思います。

 

実際に護摩の作法は

当山や盛岡永福寺が用いる法流の

次第通りに全てお勤めすると

約2時間かかります。

 

護摩(ごま)というのは

密教ではとても大切なもので

その起源は古代インドに遡ります。

 

護摩は日本でも古くから

ご祈祷の際に厳修されております。

 

余談ですが

現在当山の観音堂内に

お祀りされている

南祖坊の御像である

南祖法師(なんそほっし)尊像は

とても黒いお姿をしております。

 

当山住職によれば

これは護摩が何度もお勤めされた

ためだろうとのことです。

 

おそらくその通りだと思われます。

 

南祖坊にまつわる法要や法会は

他の文書にも見られますが

細かな検討や紹介は

日を改めさせて頂きます。

 

南祖坊の来臨・降臨は

大風雨とともになされる。

 

そして大蛇のコケ(鱗)を

3枚ずつ置いていく。

 

今回はコケ(鱗)のお土産

というエピソードを

南祖坊伝説の諸相の1つとして

紹介させて頂きました。

20160224_1233

 

▼盛岡永福寺に建つ青龍大権現の碑

IMG_7267

IMG_7244