様々なご縁のカタチについて

様々なご縁のカタチ

今回は

現在の普賢院における

様々な「ご縁のカタチ」について

整理してみたいと思います。

 

以前にも当ブログにて

何度か触れておりますし

ここ最近では

ポータルサイト「まいてら」に

普賢院のページを用意するために

再整理を試みました▼

 ポータルサイト「まいてら」はコチラ

 

本稿では

まいてらで作成したものを踏まえて

各項に補足説明を加えたいと思います。

 

目次
  1. 様々なご縁のカタチの概観
  2. 檀家(だんか)
  3. 信徒(しんと)
  4. おてらサポーター
  5. ご詠歌の会 会員
  6. その他

1.様々なご縁のカタチの概観

現行の「運営体制」において

ご縁のカタチを大まかにいえば

①檀家(だんか)

②信徒(しんと)

③おてらサポーター

④ご詠歌の会 会員

の4つの項目をあげることが出来ます。

 

この区分は大雑把なもので

実態を正確に説明するには

不十分なものといえますが

主だったものとして

この4項目について

本稿では述べさせていただきます。

 

4項目について

「まいてら」の会員タブにて

図示させていただいてりますので

その資料画像を

以下に添付いたします。

 

▼ポータルサイト「まいてら」掲載の案内図

 

 

 

2.檀家(だんか)

まずは

最もご縁深く

お寺の歩みを

ご一緒いただく「檀家」

について取り上げます。

 

檀信徒(だんしんと)という言葉は

檀家・檀徒と信徒を

総称するものとなります。

 

檀家・檀徒の「檀」は

サンスクリット語「ダーナ(dana)」

の音訳「檀那」から来ています。

 

ダーナ(dana、檀那)は

布施(ふせ)を意味します。

 

今回は詳述出来ませんが

布施には様々な意味があり

財施(ざいせ):金品などによる施し

法施(ほうせ):「法」による施し

といったものに加え

無財の七施

  1. 眼施(げんせ):優しい眼差し
  2. 和顔悦色施(わがんえっしきせ):穏やかでにこやかな顔
  3. 言辞施(げんじせ):励ましの言葉
  4. 心施(しんせ):慈しみの心
  5. 身施(しんせ):親身な態度
  6. 坐床施(ざしょうせ):座る場所や休む場所
  7. 房舎施(ぼうしゃせ):心地よい空間

という心の通った施しが

挙げられます。

 

お寺にお納めいただく諸浄財は

布施の教えが通わされているものと

普賢院では捉えております。

 

お心託されたご浄財を

お納めいただく

檀家・檀徒さん方のために

お寺を預かる住職としては

普賢院の護持に尽くして

祈りの空間を整え続けることと

日々精進と研鑽を重ね

有縁の皆様にお仕えするという

姿勢を大切にしております。

 

当山では寺院規則上

位牌堂に位牌壇をご用意いただいた方を

「檀家」としております。

 

このことは

普賢院における供養の中心が

位牌供養であることとも関係しています。

 

位牌堂の位牌壇は

ご用意いただくにあたり

1壇30万円を

冥加料(みょうがりょう)として

お納めいただいております。

 

壇内に設える

位牌や仏具は

各家にてご用意下さい。

 

普賢院の位牌堂の特徴は

壇の大きさが全て同じである点です。

 

当山では令和4年5月6日時点で

空いている位牌壇が40となっていますので

ご用意をご検討の方は

お早めにご相談下さい。

 

“不幸事”があってから

位牌壇をご用意いただくよりも

あらかじめご用意いただいた方が

よろしいかと思います。

 

いざという時になってから

全てを一気に準備しようとすると

色々と大変な場合が多いです。

 

当山に限らず

時間をかけられるのであれば

細かなことについての

説明に耳を傾けていただいて

ひとつひとつ確認しながら

判断を下していただければと思います。

 

話しを戻しまして

位牌堂に納められた位牌は

お寺が永代にわたり

守らせていただき

ご供養させていただくものになります。

 

昨今の社会状況も踏まえ

個別の位牌壇に

位牌を安置する形だけでなく

今後は合祀スペースに

位牌を安置いただけるようにいたします。

 

この件については

新本堂完成後に

合祀スペースを整えた後に

改めてご案内出来るように

させていただきます。

 

檀家・檀徒さん方には

毎年運営費として4,000円を

年頭にご納入いただいております。

 

世話人さんがいらっしゃる地域では

年頭に決算報告書や寺報といった

書類を配布していただいておりまして

その際に

運営費の徴収もさせていただいております。

 

郵送でお知らせを

送らせていただいている場合は

振込用紙を同封して

それを使ってお振込いただきます。

 

檀家・檀徒の皆様には

令和4年秋に完成する

合葬墓(がっそうぼ)を

お使いいただけます。

 

合葬墓のご使用については

納骨される方お一人についての

冥加料の目安を

設けさせていただきます。

 

この件については

先日もブログにて

触れておりますので

詳しくはそちらをご参照ください▼

寺壇関係と合葬墓についての記事

 

お寺は行政上

宗教法人という法人格を持っており

普賢院の場合

代表役員を住職が務め

責任役員を総代長と副総代長が

務めることとなっています。

 

役員(世話人)は

檀家・檀徒さんにより構成されており

その中から

総代さんが選出され

総代さんの中から

総代長と副総代長が選出されております。

 

檀家という言葉に

檀徒という言葉も併記して

本項では述べてきましたが

檀家は家を単位とした言葉で

檀徒は個人を単位とした言葉です。

 

変化の著しい昨今において

家単位ではない

個人単位でのご縁というあり方が

増加傾向にあるがゆえの表記です。

 

要するに

様々なご事情があるということです。

 

諸事において

臨機応変かつ柔軟に

向き合わせていただいております。

 

普賢院は

とても古いお寺で

永きに渡って

多くの方のお力添えにより

守り継がれ

祈り継がれてきました。

 

檀家・檀徒さんは

ご供養を菩提寺である普賢院に

託されているという意味合いが

強いともいえますが

それのみならず

悠久の昔からの流れを受け継いで

さらに紡ぎ続けていく歩みを

ご一緒いただいているともいえます。

 

3.信徒(しんと)

檀家・檀徒と呼ばれる方以外で

普賢院に葬儀、法事、祈祷などを

ご依頼される方は

寺院規則上「信徒」

と呼ばれます。

 

これは

日常的に用いる呼称ではなく

あくまでも規則上の呼び方です。

 

普賢院では

檀家・檀徒さん以外の方でも

各種法務のご相談があれば

ご一緒させていただいております。

 

そういったご縁のあり方を

表現する言葉のひとつが

「信徒」であるといえると思います。

 

菩提寺を持たないため

葬儀や法事などを

ご相談される場合もありますし

他に菩提寺がある場合でも

ご供養をお願いされる場合もあります。

 

ご祈祷については

檀家・檀徒であるか否かは

あまり関係ない部分ということもあり

年々ご依頼が増えているように思います。

 

このようなご縁のあり方は

ここ数年増加傾向にありますし

今後もますます増えるのではないかと

推測しております。

 

普賢院は

檀家・檀徒さんに支えられる

檀家寺(だんかでら)であると同時に

祈願寺(きがんでら)として

寺檀関係のみにとどまらず

祈りが捧げられてきたという

歴史的経緯があります。

 

そのようなお寺の性格は

現在も受け継がれており

これからも変わることはないと思いますし

普賢院の特徴と言えるかと思います。

 

4.おてらサポーター

年に何回か

境内・堂内の清掃を

お手伝いいただける方を

おてらサポーターとして

募集しております。

 

令和2年からはコロナ禍のため

おてらサポーターの皆さんに

おいでいただく機会を設けておりませんが

徐々に再開させていただきたいと思います。

 

境内にしても堂内にしても

お寺の者だけで清掃するのでは

とても手が足りず

悩まされておりました。

 

おてらサポーターの皆様とは

ご縁を深めさせていただきつつ

境内・堂内を

掃き清めて拭き清めさせて

いただきたいと思います。

 

5.ご詠歌の会 会員

ご詠歌の会は

「ご詠歌講」ともいいます。

 

ご詠歌の会は

2011年より始まったもので

ご参加の皆様には

年会費2,000円

講習費(お茶代として)毎回500を

納めていただいておりました。

 

ご詠歌の会は

コロナ禍のため

2020年3月より休止状態です。

 

様子を見て

再開する予定ではありますが

まだ目処は立っておりません。

 

6.その他

すべてのご縁のあり方を

文字に起こすのは至難の業ゆえ

大まかなものを

紹介してまいりました。

 

その他として

各種催事へのご参加であったり

各種取り組みへのご協力などが

あげられるかと思います。

 

たとえば

写経カフェやお寺ヨガなどの

寺子屋ワークショップは

これまで実に多くの方に

ご参加いただいておりますし

それを契機に

現在も親しくさせていただいている方は

大勢いらっしゃいます。

 

 

以上

様々なご縁のカタチ

について概観してまいりました。

 

まだ整理が不十分ではありますが

普賢院の現状について

本稿の内容で

大まかに把握することは可能かと思います。

 

ご不明な点等ございましたら

お気軽にお問い合わせ下さい。

普賢院の寺檀関係と合葬墓について

普賢院の

供養の形式において

中心となるのは位牌です。

 

特に

位牌堂に祀られる位牌が

大切なものとしております。

 

▼位牌堂の詳細はコチラ

位牌堂について

 

普賢院では

位牌堂に位牌壇を

ご用意いただいたお家の方を

檀家さんとして

ご縁を結ばせていただいております。

 

これまでは

個別に位牌壇をご用意いただく形が

普賢院における寺檀関係の

主要なものでしたが

昨今の社会状況や変化も踏まえ

今後は位牌を合祀するスペースを整えて

そちらに位牌をご用意いただく形で

檀家さんとして

歩みを共にしていただけるように

したいと考えております。

 

位牌堂に祀られる

各家あるいは各人の位牌は

お寺が永代にわたり

ご供養するものとなります。

 

位牌壇をお持ちでなくとも

葬儀や法事などの

諸儀式をご依頼される場合も

多くありますが

そのようなご縁の方は

寺院規則上は

「信徒(しんと)」と呼ばれます。

 

細かなことですが

「檀家」は家を単位とした呼び方で

個人単位では檀徒(だんと)といいます。

 

檀信徒(だんしんと)

という言葉がありますが

これは檀家・檀徒と信徒さんを

一言であらわすものです。

 

さて

ここからは

今秋完成する合葬墓の話題も

交えて記させていただきます。

 

普賢院の合葬墓は

檀家さん

または檀徒さんが

使用いただけるものという

方針をとらせていただきます。

 

合葬墓の使用にあたっては

合葬墓の意味合いや

普賢院の供養形式について

説明させていただき

諸事項の確認を終えたうえで

同意書をご提出いただき

使用許可証をお受け取りいただく

という流れをイメージしております。

 

合葬墓は

檀家さん檀徒さんが

お使いいただけるということは

言い方を変えると

檀家さん檀徒さんになっていただくと

合葬墓をお使いいただける

ということになります。

 

このような形にした理由を

端的にいえば

普賢院の供養の形式を

きちんと遵守させて

いただきたい

ということに尽きます。

 

このことが

「安心」につながるものと

考えております。

 

先にも触れましたが

位牌堂に祀られる位牌は

永代にわたって供養されるもので

普賢院においては

ご供養の中心となるものです。

 

合葬墓のご使用を

ご検討の方であったり

ご相談をいただく方の多くは

永代供養を

ご希望されている傾向があります。

 

法式(供養の形式など)を

重んじるべきだと

拙僧泰峻は考えております。

 

永代にわたる供養を担うにあたり

丁寧なご供養をさせていただけるよう

形式をきちんと整えることに

ご協力いただきたいと

住職としては願います。

 

さらに

合葬墓建立の経緯を振り返りますと

当山有縁の皆様の

絶大なるお力添えによる

本堂建替事業の一環として

合葬墓も建立出来るに至ったわけなので

まずは檀家さん檀徒さん方に

お使いいただきやすいようにしたい

という思いもあります。

 

すでに

檀家さん檀徒さんとして

ご一緒に歩ませていただいている方で

合葬墓をご使用される場合には

所定の段取りの後

使用にあたっての

冥加料(みょうがりょう)を

お納めいただきまして

使用許可証をお渡しいたします。

 

檀家さん檀徒さんとして

今後ご縁をお結びいただける方は

位牌堂の使用にあたる

冥加料をお納めいただきまして

さらに合葬墓を

ご使用される場合は

合葬墓の手続きをしていただきます。

 

普賢院位牌堂の位牌壇の空きは

令和4年5月4日時点で40となっていますので

ご用意の予定がある方は

お早めにご相談いただければと思います。

 

今後整える

位牌の合祀スペースは

ただいま仮観音堂として

使用している祭壇となります。

 

位牌堂の位牌合祀スペースを

ご使用の場合の冥加料も

位牌壇ご使用の場合と

同じにする予定です。

 

合葬墓使用における冥加料は

まだ決定してはおりませんが

お一人30万円を「目安」とする案で

今後話し合いをする予定でおります。

 

法式に関連してですが

毎年5月の開山忌(かいさいんき)

という行事にて

合葬墓に納められる方々の供養を

重ねさせていただきます。

 

開山忌(かいさんき)とは

いわば歴代住職のご法事で

普賢院を開創開山された

圓鏡(えんきょう)上人の

ご命日が5月15日なので

5月に行っております。

 

開山忌はお寺において

重要な意味を持つ行事ですし

お寺が続く限り伴うものといえます。

 

そういった重要な行事に

合葬墓供養も行うのであれば

「永代にわたって供養する」ことを

一つの具体的な形で

説明出来ると思い至りました。

 

開山忌については

合葬墓供養のほかに

会津斗南藩縁故者供養と

戦没者供養もあわせて

行わせていただく予定です。

 

まとまりに欠けてはおりますが

本日は位牌堂と合葬墓のことを

中心に書かせていただきました。

 

丁寧な供養をさせていただくにも

普賢院がこれまで大切にしてきた

法式を時代に即応させつつも

本質は踏まえさせていただきたいと思います。

 

▼位牌堂位牌壇

 

▼合葬墓イメージ図

お墓をテーマに終活カフェを開催しました

昨年から開催を始めた終活カフェ。

 

今回は

「お墓」をテーマとして

特に今秋完成する合葬墓の

話題を中心に

お集まりの方に

お話させていただきました。

 

合葬墓を用意するにあたっての

当山の理念や考え方などにも

触れつつお伝えいたしました。

 

また

泰峻住職の弟子である

中野太陽さんにもお手伝いいただき

終活カウンセラーとして

お話していただきました。

 

終活カフェの様子を

お伝えする動画を用意したので

ご覧いただけると幸いです。

 

令和4年4月の主な行事案内

花粉が多いせいか

目も鼻も喉も

ムズムズしているのは

決して拙僧だけではないと思います。

 

新年度となり

まだ4日しか経っていませんが

すでにバタバタしております。

 

さて

今月の主な催事の予定を

させていただきたいと思います。

 

今月10日は

八戸ブックセンターにて

「十和田湖伝説と南祖法師」というイベントが

八戸ブックセンターにて開催されます。

 

▼詳細はコチラ

「十和田湖伝説と南祖法師」イベント詳細

 

定員10名(要申込)で

参加費1000円となっています。

 

令和4年4月4日時点で

参加申込7名とのことなので

あと3名ご参加いただけます。

 

短い時間ですが

読み聞かせやトークイベントなど

内容は盛り沢山で

ご一緒させていただきますので

ご興味をお持ちの方は

ぜひお申し込みください。

 

12日には

終活カフェを普賢院で開催します。

 

午後1時からの開始で

会費は不要です。

 

なお

終活カフェも要申込

定員20名としております。

 

現在12名のご参加を

承っているので

まだ余裕がございます。

 

今回の終活カフェは

お墓をテーマにして

色々と考える時間に

したいと思います。

 

また

当山に今秋完成する

合葬墓についての考え方や理念等についても

お伝えしたいと考えております。

 

ご興味ご関心をお持ちの方は

お気軽にお問い合わせください。

 

それともう一つ

今月末まで

使い終えたランドセルを

集めております。

 

▼詳細はコチラ

「思い出のランドセルギフト2022」ご案内

 

普賢院は

JOICFP(ジョイセフ)が主催する

思い出のランドセルギフト

の取り組みに趣意賛同し

2018年から毎年

開催させていただいております。

 

本年もまた

実施させていただきますので

ご協力いただける方

いらっしゃいましたら

ご助力の程

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

合葬墓や永代供養のご相談が増えております

ここ最近

合葬墓や永代供養の

ご相談が相次ぎました。

 

当山の合葬墓は

新本堂完成の頃にあわせ

建立される予定でして

現時点では基礎までが

完成しております。

 

合葬墓の使用の際に

お納めいただく勧進額も

一応目処をたてておりまして

現時点までに

ご相談いただいた方には

その旨お伝えしております。

 

ご使用にあたっては

当山護持への理念や方針に

ご賛同いただけることを

ひとつの条件と

させていただきたいと

考えております。

 

当山では

ご供養において「丁寧さ」を

とても重んじてまいりましたし

これからも大切にしたいと思います。

 

当山でいうところの

“丁寧なご供養”には

何を準備していただきたいのか

ということであったり

何をしていただきいたいのか

ということなども

ある程度具体的に

お伝えする必要が

あるように感じています。

 

そういったことを

踏まえたうえで

合葬墓であったり

永代供養をご希望される方々の

ご要望をお聞きして

どのような形での

ご供養が出来るかを

模索したいと思っております。

 

 

▼本堂建設工事の様子

本日は雨の時間が長かったのですが

その中でも

作業を進めて下さいました。

 

安心の合葬墓とは?

安心の合葬墓とは何か?

「将来のために、永代供養を今のうちから考えないと…」

「跡継ぎがいない人は、お墓をどうすればいいのか…」

 

そのようなお悩みを

多くの方がお持ちです。

 

普賢院では

このようなお悩みを

少しでも解消すべく

合葬墓(がっそうぼ)を

建立する予定です。

 

合葬墓は

様々な不安を抱かれる方に

安心を与えられる

ひとつの方法として

最近全国各所で

需要が高まっています。

 

今回は合葬墓について

簡単にまとめてみようと思います。

 

 目次
  1. 合葬墓とは何か?
  2. 場所によって異なる内容
  3. 普賢院の考える合葬墓
  4. まとめ

1.合葬墓とは何か?

合葬墓は「合同で使用するお墓」です。

 

管理者はケース・バイ・ケースで

お寺が管理する場合もあれば

自治体が管理する場合もあります。

 

八戸において

合葬墓あるいは永代供養墓を

用意しているお寺は

全体の9割にのぼるそうです。

 

その一方で普賢院には

まだ用意がありません

(令和2年6月21日時点)。

 

2.場所によって異なる内容

合葬墓と言っても

どのように管理運営されているかは

千差万別です。

 

最近はインターネットで

合葬墓や永代供養について

まとめられている

サイトも多くあります。

 

ですが

合葬墓や永代供養を

ご検討の方は

インターネットの情報のみではなく

専門家にお話を聞いてみたり

実際にどのような場所で

どのような管理者により

どのような形で

ご供養されるのかを

確かめることをお勧めします。

 

3.普賢院の考える合葬墓

普賢院では合葬墓を

歴代住職墓の隣に建立します。

 

合葬墓本尊としては

不動明王を安置いたします。

 

合葬墓へは

専用の布袋を用いて

納骨します。

 

位牌堂に納骨棚も設置したので

納骨棚と連携させた形での

ご供養も可能です。

 

要するに一定期間

納骨棚に安置した後の

合葬墓への納骨が

出来るということです。

 

普賢院では

合葬墓ご使用にあたり

当山の理念・護持・運営に

ご賛同いただきたいと

考えています。

 

規約や使用料については

有縁の方々にご意見を

うかがいながら

内容を詰めている所です。

 

※当山の合葬墓の

ご使用をご検討の方は

お気軽にご相談下さい。

 

4.まとめ

今回の記事には

「安心の合葬墓」という

タイトルをつけましたが

安心するために

大切なポイントは

 

  • 調べること
  • 確かめること

 

だと言えます。

 

特に「確かめること」が重要です。

 

この2点の大切さは

合葬墓や永代供養のみならず

お寺をお探しの場合も

あてはまることだと思います。

 

以上

今回は合葬墓をテーマに

記させていただきました。

 

▼合葬墓本尊

 

▼納骨棚(位牌堂脇祭壇の地袋に設置)

令和2年5月30日晴天なり

暑い一日となりました。

 

強い日差しに照らされた

境内を眺めると

とても癒やされます。

 

気がつけば今月も終わりです。

 

6月に入ると

お盆に向けての準備が

少しずつ始まります。

 

まずは何といっても

衛生面について

色々と考えなければなりません。

 

消毒液の準備はもちろんですが

多くの方がお参りされることを

想定すると

本堂と位牌堂の動線についても

万全を期して

配慮しなければならないようにも

感じております。

 

法要については

例年通りの開催は難しいので

お焼香のみして頂く方式にするか

無参列者でのお勤めにする等

検討中です。

 

本年の秋彼岸は

お盆の形式を踏襲する予定です。

 

どのような形にするかは

堂内各所にご案内を

貼り出させて頂きます。

 

話しは変わりますが

合葬墓(がっそうぼ)のデザインが

大体決まりました。

 

施工をご担当頂く石屋さんと

打ち合わせを重ねておりまして

とても良い方向に

話が進んでいるように感じています。

 

以前もお伝えしましたが

当山歴代住職墓の横に

建立いたします。

 

様々なご事情で

お墓を建立出来ない方や

お寺での永代供養をご希望の方が

とても多い時代です。

 

当山でも

多くの相談が

寄せられてきました。

 

この度の合葬墓建立が

お墓にまつわる不安を

抱かれる方の安心に

つながればと思います。

 

ご利用頂くにあたっての

契約についてであったり

金額について等の詳細は

これから詰めてまいります。

 

 

▼合葬墓建立予定地

お骨の安置棚が出来ました

位牌堂正面の左方脇祭壇の地袋に

お骨を仮安置出来るように

棚を五戸木工さんに

制作・設置して頂きました。

 

これまでは

様々な事情で

お預かりした骨箱を

祭壇に仮安置してきましたが

将来的には新設した棚に

お祀りさせて頂きたいと思います。

 

また

今後新設される

合葬墓のご供養とも

うまく連携させたいと考えています。

 

合葬墓の建立予定地

当山では近い将来

合葬墓(がっそうぼ)を

建立します。

 

建立場所について

色々と検討しましたが

歴代住職墓の横に

建立する方針で

準備を進めることにしました。

 

合葬墓の本尊として

現在の本堂前に建立されている

不動明王像をお祀りする予定です。

 

お墓の悩みが

多く寄せられる昨今。

 

少しでも

多くの方のお心に

寄り添えるように

したいと思います。

 

合葬墓建立に向けて

ここ数日は体調が優れず

読経の声も風邪声で

“図太い”響きとなっております。

 

本日は体を休める時間があったので

明日からのお弔いの準備を済ませ

久しぶりにゆっくりさせて頂きました。

 

ゆっくりさせて頂いた分

ゆっくり色々と考える時間もあったので

とても有意義な休養となりました。

 

昨日のブログでも書きましたが

ここ最近合葬墓(がっそうぼ)の

お問い合わせやご相談が

大変多くなっております。

 

本日もお問い合わせがあり

お話を伺わせて頂きました。

 

合葬墓を必要とされていらっしゃる方が

とても多いということを

改めて感じさせられましたし

建立に向けて出来ることから

着手する必要があるように感じました。

 

合葬墓建立のためには

様々なことを踏まえなければなりません。

 

これまで行ってきた

各地の視察や情報収集で

得たものも活かしながら

これから具体的に当山の合葬墓の

準備をしたいと思います。

 

合葬墓をご使用予定の方に

お話を伺わせて頂きながら

来年一杯程かけて

話を詰めていくつもりでおります。

 

なるべく多くのお声を

寄せて頂けるとありがたいので

当山合葬墓のご使用を

ご検討の方は

お声がけ頂けると幸いです。

 

多くの方の

お心に寄り添える形の

合葬墓を建立したいと考えているので

ご協力頂ける方は

ご協力の程お願いいたします。