素敵な「まいてら」ページ

つい先日開設した

当山の「まいてら」ページ。

 

こちらのサイトは

当ホームページの運営でも

大変お世話になっている

一般社団法人お寺の未来

手掛けているものです。

※お寺の未来HP:https://oteranomirai.or.jp

 

お寺の未来が定める基準を以て

審査を通過した寺院様方が

名を連ねられております。

 

当山のメンバーや由緒をはじめ

法事や葬儀や運営体制など

概要を把握して頂けるような

とても情報量の多いページで

ありながら見やすいものに

仕上げることが出来ました。

 

初縁の方のみならず

有縁の皆様にも

お読み頂ければと思い

ページを作成したので

お役立て頂ければ幸いです。

 


まいてらページの各タブ

▼お坊さん

https://mytera.jp/tera/fugenin55/monk/

 

▼見どころ

https://mytera.jp/tera/fugenin55/place/#tera_tab_block

 

▼行事お祝い

https://mytera.jp/tera/fugenin55/place/#tera_tab_block

 

▼祈願

https://mytera.jp/tera/fugenin55/kigan/#tera_tab_block

 

▼法事

https://mytera.jp/tera/fugenin55/houji/#tera_tab_block

 

▼葬儀

https://mytera.jp/tera/fugenin55/houji/#tera_tab_block

 

▼各種供養

https://mytera.jp/tera/fugenin55/kuyou/#tera_tab_block

 

▼会員制度

https://mytera.jp/tera/fugenin55/member/#tera_tab_block

 

合葬墓建立に向けて

ここ数日は体調が優れず

読経の声も風邪声で

“図太い”響きとなっております。

 

本日は体を休める時間があったので

明日からのお弔いの準備を済ませ

久しぶりにゆっくりさせて頂きました。

 

ゆっくりさせて頂いた分

ゆっくり色々と考える時間もあったので

とても有意義な休養となりました。

 

昨日のブログでも書きましたが

ここ最近合葬墓(がっそうぼ)の

お問い合わせやご相談が

大変多くなっております。

 

本日もお問い合わせがあり

お話を伺わせて頂きました。

 

合葬墓を必要とされていらっしゃる方が

とても多いということを

改めて感じさせられましたし

建立に向けて出来ることから

着手する必要があるように感じました。

 

合葬墓建立のためには

様々なことを踏まえなければなりません。

 

これまで行ってきた

各地の視察や情報収集で

得たものも活かしながら

これから具体的に当山の合葬墓の

準備をしたいと思います。

 

合葬墓をご使用予定の方に

お話を伺わせて頂きながら

来年一杯程かけて

話を詰めていくつもりでおります。

 

なるべく多くのお声を

寄せて頂けるとありがたいので

当山合葬墓のご使用を

ご検討の方は

お声がけ頂けると幸いです。

 

多くの方の

お心に寄り添える形の

合葬墓を建立したいと考えているので

ご協力頂ける方は

ご協力の程お願いいたします。

 

合葬墓について

当山では今後

合葬墓(がっそうぼ)の建立を

予定しております。

 

当山有縁の皆様には

数年前よりお伝えしておりますが

合葬墓のご利用をご検討されて

いらっしゃる方は

結構多いように感じられます。

 

ここ1ヶ月の間だけでも

将来的に使いたいとのご相談が

数件ございました。

 

合葬墓建立については

本堂建替事業の見通しがたった後に

本格的に進める考えでおります。

 

合葬墓を

必要とされていっらっしゃる

有縁の皆様のためにも

よく検討した上で

準備を進めたいと思います。

 

合葬墓建立までの間

将来的に合葬墓を

ご使用される方については

一時的にお寺でお骨を預かるなどして

対応させて頂きます。

 

ご相談等ございましたら

お気軽にお寄せ下さい。

 

七本塔婆(しちほんとうば)

当山近辺では

葬儀の際に通常の塔婆とともに

七本塔婆(しちほんとうば)

という塔婆が用意されます。

 

幅広で背の低い木の板ですが

これは初七日忌から七七日忌までの

塔婆を一枚にまとめたものです。

 

「七本」というのは

①初七日忌

②二七日忌

③三七日忌

④四七日忌

⑤五七日忌(三十五日忌)

⑥六七日忌

⑦七七日忌(四十九日忌)

の「七つの忌日」を意味します。

 

七本塔婆は

地域によって形状が様々ですし

お寺によって書式も様々です。

 

当地でよく見られる七本塔婆は

七行それぞれに上から

宝珠

半円

三角

バッテン(四角)

が記されていますが

これは五輪を意味します。

 

五輪とは

専門用語を用いると

地・水・火・風・空の5つです。

 

先程の5つの形と対応させると

宝珠=空

半円=風

三角=火

丸=水

バッテン(四角)=地

となります。

 

青春の歌

学生時代はカラオケで

親しい友人と

よく歌を歌ったものです。

 

皆様にとっての

青春の一曲は何ですか?

 

『嗚呼、青春の日々』(ゆず)

という有名な歌があります。

 

この歌は

高校時代から

親しい友人達と

よく歌った一曲です。

 

本当によく歌いました。

 

よく歌ったので

歌詞は今でも

しっかりと覚えています。

 

調べてみると

『嗚呼、青春の日々』

という歌は

亡くなった親友への

おもいを綴ったものなのだそうです。

 

最近になって

久しぶりに

この想い出に溢れた一曲を

聴いてみました。

 

想い出に溢れた一曲だけあって

色々と思い出されて

心に染み入りました。

 

以下

その歌詞の一部です。

 


そっちの世界は一体どんなだい?

俺もそのうち行くけどさ

 

その時までめーいっぱい

悩むこともあるけれど

自分なりに生きてゆくよ

 

この唄は聞こえているのかい

もし聞こえているのなら

下手くそな唄一緒に歌おうぜ

 

嗚呼 嗚呼 青春の日々よ

嗚呼 嗚呼 青春の日々よ

嗚呼 嗚呼 懐かしき町よ

嗚呼 嗚呼 素晴らしき友よ

嗚呼 嗚呼 美しき命よ

嗚呼 嗚呼 青春の日々よ


 

普段から拙僧(副住職)は

有縁の皆様と

葬儀や法事など

“命に向き合うひととき”を

ご一緒させて頂いております。

 

施主やそのご家族ご親族が

このひとときに

捧げられているおもいは

きちんと届いていますか?

このお経は聞こえていますか?

と自心の内で問いかけることがあります。

 

人の歩みは

唯一無二の「命の物語」です。

 

そして

ご供養にはご供養の

「物語」があり

「命の物語」の続きと

いえるかもしれません。

 

ご供養は

生きる私達が

施主となるものです。

 

先立った大切な方の

「命の物語」の続きを紡ぐのは

今を生きる私達なんだと思います。

 

人は誰しもが

命を全うする

その時を迎えます。

 

その時まで

“目一杯”“自分なりに”

歩みを進めて

自身の命を全うすることが

「仏道におけるご供養」において

大切なことなのだろうと

感じております。

 

【参加者募集中】お寺でエンディングノートws

マンダラエンディングノート

ワークショップ

〜人生の地図を描く〜

が1月21日に開催されます。

 

法話を交えつつ

エンディングノートの

ファシリテーターである

ハーモニールイさんに

進行して頂きながら

ご自身とお向き合い頂く

ワークショップです。

 

毎回2つのテーマをとりあげ

マンダラエンディングノートを

書いて頂いております。

 

今回のテーマは

「相続・遺言」

「供養・法事・仏壇」です。

 

法話としては

いずれもが

お話してもお話し尽くせない程

多くに触れられるテーマだと感じます。

 

堅苦しい場ではないので

どなた様もお気軽にお運び下さい。

 

ご参加される方は

1月18日までに

ご連絡を下さいますよう

お願いいたします。

 

お申込み先などは

下記をご参照下さいませ。

https://fugenin643.com/blog/マンダラエンディングノートワークショップのお/

IMG_6679

IMG_7377

IMG_7378

【参加者募集中】12/10終活ワークショップ

マンダラエンディングノート

ワークショップで

終活に思いをめぐらしつつ

ご自身の“人生の地図”を

描いてみませんか?

 

マンダラエンディングノート

ワークショップが

12/10午前10時より

開催されます。

 

このワークショップでは

毎回2つのテーマが

取り上げられます。

 

今回のテーマは

「お墓(納骨)」

「財産」の2つです。

 

特に「お墓(納骨)」については

悩まれていらっしゃる方が

多いかと思います。

 

拙僧(副住職)は

法話を担当いたしますが

最近のお墓事情にも触れつつ

お話させて頂きます。

 

ご興味をお持ちの方は

お気軽にご一緒下さいませ。

 

※詳細は下記をご参照下さい☆

▼ワークショップの詳細

https://fugenin643.com/blog/マンダラエンディングノートワークショップのお/

IMG_6679

IMG_6680

IMG_7381

IMG_5595

11/13マンダラエンディングノートワークショップのお知らせ

法話を交えながら

マンダラエンディングノートを

手がかりとして

ご自身とお向き合いになりませんか?

 

法話は拙僧(副住職)が担当いたします。

 

その時々の話題に沿いながら

様々にお伝えさせて頂きます。

 

マンダラエンディングノートの

ワークはハーモニールイさんが

ご担当下さいます。

 

11/13のテーマは

「大切な人へのメッセージ」

「葬儀」の2点です。

 

殊に葬儀については

色々と不安な点が

多いことかと思います。

 

この機会に

色々と思いを

めぐらせてみませんか?

 

ご興味をお持ちの方は

是非ご一緒下さいませ。

 

詳細は下記を

ご参照下さい。

 

▼ワークショップ詳細

https://fugenin643.com/blog/マンダラエンディングノートワークショップのお/

IMG_6679

IMG_7378

人生の地図を描く時間

10/22は

マンダラエンディングノートワークショップが

開催されました。

 

このワークショップは

法話を交えつつ

8つのテーマから構成される

マンダラエンディングノートを

用いて自身と向き合うものです。

 

今月より月1回

各2テーマずつ取り上げて

マンダラエンディングノートを

仕上げてまいります。

 

このエンディングノートは

ファシリテーターである

ハーモニールイさんの

説明を頂きながら

ワークを進めます。

 

第1回目は

「私の人生」

「病気・介護状態になったら」

の2つがテーマでした。

 

ご参加の皆様との共有の時間もあり

実に深い学びや気づきに満ちた

時間であったように思います。

 

次回は11月13日の開催です。

 

テーマは

「大切な人へのメッセージ」

「葬儀」

の2つとなります。

 

各回単発での

ご参加も承っておりますので

ご興味をお持ちの方は

是非ご一緒下さいませ。

 

詳細は下記をご参照下さい。

 

▼ワークショップの日程など

https://fugenin643.com/blog/マンダラエンディングノートワークショップのお/

 

IMG_7372

IMG_7377

IMG_7378

IMG_7381

多くの方のお心に寄り添えられるように

当山位牌堂の

前方左手祭壇には

お預かりしております

骨箱(こつばこ)が安置されております。

 

ご事情は様々です。

 

お預かりしている骨箱は

ただ安置されているだけなので

どことなく気がかりな部分がありました。

 

時が経てば経つほど

ホコリも積もりますし

もっと丁寧な方法は無いものかと

思案しております。

 

また将来的には

当山でも合葬墓(がっそうぼ)を

建立する予定なので

そのことも踏まえながら

あれこれと考えております。

 

一案ですが

現在骨箱をお預かりしている

祭壇下のスペースに

棚を作って頂き

そこで骨箱を安置

出来るようにしてはどうかと

考えております。

 

位牌堂前方左手祭壇中央には

当山本尊と同じ

愛染明王(あいぜんみょうおう)が

お祀りされておりますし

地元の檀家さんにお作り頂いた

五重塔も設えられております。

 

五重塔は五輪塔や五輪塔婆と同義であり

ご供養においては

とても尊いものです。

 

そういった祭壇の下に

安置所を設けて

納めさせて頂いて

ご供養させて頂いた方が

丁寧であるように感じております。

 

また合葬墓との関連でいえば

こういった安置所があることで

より多くの方のお考えにあわせた形の

ご供養が出来るようにも思います。

 

さらに

合葬墓をご利用される方や

骨箱の安置所をご利用される方で

当山位牌堂位牌壇の無い方々のための

位牌壇も必要かと思いまして

一列三段の位牌壇を

設置いたしました。

 

この一列三段の位牌壇は

現在の位牌堂を建設する際に

見本として作って頂いたもので

しまってあったものを

位牌堂前方左手に

移動させて頂きました。

 

それぞれのお寺に

お寺ごとのご供養の形式が

あると思いますが

当山にも伝統的なご供養の形があり

その伝統において

位牌堂のお位牌は

大切なものです。

 

どのようなご事情があるにしても

ご供養においては

同じ形で差別なく

お勤めさせて頂きたく

以上のようなことを

一案として考えております。

 

あくまでも拙僧(副住職)の一案ですが

必要なことだという確信がありますので

総代の方や役員の方に

相談させて頂いて

具体的な形に整えたいと思います。

IMG_5581

IMG_5578

IMG_5579