絵本づくりCFの記事が掲載されました

今朝の地元紙・デーリー東北に

クラウドファンディング(CF)で

作成した絵本について掲載されました。

 

今回掲載していただいた記事は

デーリー東北の田村純也さんが

昨年末に取材下さったものをもとに

書いて下さったものです。

 

田村さんは

昨年年頭にデーリー東北に

寄稿させていただいた

新春随想の記事でも

お世話になった記者さんです。

 

昨年末の除夜の鐘リレーにも

極寒の中

ご一緒下さいました。

 

そんな記者さんがつづられた記事は

とても素敵なものだなと感じました。

 

さて

暗中模索状態で

紆余曲折ありながらも

多くのご支援者の温かな

お支えのおかげで

絵本づくりCFは

目標を達成することが出来ました。

 

思った以上に反響が大きく

CF終了後も

絵本へのお問い合わせが

多く寄せられております。

 

完成した絵本

『龍になったおしょうさま』は

ご支援者にお渡しする分と

教育機関等へ寄贈する分のみ

製本いたしました。

 

朝刊の記事をご覧になられて

お問い合わせを

多数いただいたのですが

お譲り出来る在庫は

全くない状態です。

 

ただ思った以上に

お問い合わせが

多かったため

増刷CFも含めて

対応を検討したいと思います。

 

単に増刷して

お代と引き換えに

お譲りする形となると

収益事業となってしまうため

増刷するとすれば

CFへのご支援者を

改めて募らせていただき

製本するという運びになると思います。

 

今後の対応については

決まり次第

お知らせいたします。

 

絵本の発送作業がもうすぐ終わります

クラウドファンディングで

製作した絵本『龍になったおしょうさま』

の発送作業がもうすぐ終わりそうです。

 

郵送分は本日全て発送を終え

あとは直接受け取りの方に

お渡しするのみとなりました。

 

第一陣で発送した方には

すでに届けられているようで

到着のお電話を

多数いただいております。

 

まだ届いてない方には

近日中に届きますので

もう少しだけお待ち下さい。

 

絵本は順次発送しております

当山では

お寺の新聞である寺報(じほう)には

年頭に全ての檀信徒の皆様に

お届けする『おてらだより』

年4回(小正月・春秋彼岸・お盆)

刊行する『おてら通信』

夏に発行する『寺子屋だより』

の3種類があります。

 

昨日は『おてらだより』を

一気に書き上げて印刷を発注し

本日は『おてら通信』を

一気に仕上げて印刷を発注しました。

 

人間やれば出来るものだなと

毎年末感じております。

 

それとは別の話になりますが

絵本『龍になったおしょうさま』の

発送を順次行っております。

 

年末までには

発送作業が終わりますので

もうしばらくお待ち下さい。

 

絵本と返礼品のご祈祷を行いました

絵本づくりクラウドファンディング(CF)は

現在発送作業を進めております。

 

完成した絵本と返礼品(お札など)の

ご祈祷を行いました。

 

本当ですと

お運びいただける方に

おいでいただいて

ご祈祷をご一緒出来れば

良かったのですが

今回は法要の様子を撮影して

動画をご覧いただく形にしました。

 

絵本と返礼品(お札など)は

準備が整い次第

順次発送いたしますので

もう少しお待ち下さいませ。

 

製本された絵本が届きました

クラウドファンディングで

取り組んでいる

十和田湖伝説の絵本づくりですが

製本された絵本が

届けられました。

 

とても良い具合に

仕上げていただきました。

 

返礼品でもある

お札とともに

ご祈祷させていただいた後

ご支援者の皆様には

お届けいたします。

 

今週末に発送作業を行うので

もうしばらくお待ちくださいませ。

 

えほん動画を作り1年となります

早いもので

えほん動画『龍になったおしょうさま』を

You Tubeにアップして1年になります。

 

そして本年は

絵本を製本すべく

クラウドファンディングを実施し

現在はご支援者の皆様へ

お届けする準備を進めております。

 

このプロジェクトは

有志で結成した「かたり部(ぶ)」

というチームで取り組んできたのですが

チームの各人それぞれが

異なる分野でご活躍の皆さんです。

 

当初の予定では

動画を作る予定はなかったのですが

コロナ禍により

ミーティングが出来なくなったため

オンラインで打ち合わせをしていた際に

製本に先立って動画を作ろうということになり

試行錯誤して編集したという経緯があります。

 

素晴らしいご縁により

郷土の誇れる伝説を

未来へ語り継ぐ取り組みを

進められていることを

大変うれしく思います。

 

久しぶりに

えほん動画を見返してみましたが

色々と悪戦苦闘した甲斐が

あったと感じます。

 

十和田湖伝説に関連してですが

お弟子さんの太陽さんの発願(ほつがん)により

龍王像と龍女像を

有縁の仏師さんに製作していただき

南祖法師(なんそほっし)尊像と

同じお堂にお祀することとなりました。

 

この件については

後日改めてご案内いたしますが

ここ1〜2ヶ月程

お弟子さんの太陽さんは

龍王像と龍女像を奉納するにあたり

あちらこちらへ

調査や参詣に赴かれておりました。

 

太陽さんの浄行もまた

後世へ当地の伝説を伝えたいとの

尊いお心を糧としたものでして

とても素晴らしいことと感じます。

 

絵本の校正が終わりました

絵本づくりクラウドファンディングは

ご支援の受付を終えて以降

ご支援者の名簿確認や

印刷に向けた最終チェック

返礼品の準備などをしてまいりました。

 

最終印刷の前に業者さんから

見本として絵本を一冊

送っていただきました。

 

再度目を通しまして

さらに修正を重ね校了とし

印刷を正式に発注していただきました。

 

今後の段取りですが

ご支援下さった皆様へ

お届けする絵本と返礼品が

20日頃に出揃う予定で

それからご祈祷して発送となります。

 

最終週には

お手元に届けられるかと思いますので

ご支援者の皆様

もうしばらくお待ち下さいませ。

 

絵本づくりCFへのご支援ありがとうございました

郷土の誇る伝説を未来に語り継ぎたい

という思いで取り組ませていただいた

絵本づくりクラウドファンディング(CF)。

 

最終集計は

次の通りとなります。

 

ご支援者数 196名

ご支援額 1,285,500円

 

多くの方に

ご一緒いただいたおかげで

結果的に目標額以上の

ご支援額が寄せられました。

 

ご支援下さった皆様に

心より感謝申し上げます。

 

絵本等は年内のお届けとなりますので

ご支援者の皆様

もうしばらくお待ちくださいませ。

 

絵本づくりCFは明日で受付終了です

現在取り組ませていただいている

絵本づくりクラウドファンディング(CF)

は明日がご支援受付の最終日となります。

 

様々なご縁が交差した

とても有意義な

取り組みとなっていることを

心より感謝いたします。

 

当山有縁の檀家さんのみならず

沢山の方にお力添えいただいております。

 

御詠歌や写経カフェなど

寺子屋にてご一緒いただいた方からも

ご協力いただきました。

 

小・中・高校時代に

大変お世話になった先生や

母校の高校で

教育実習で大変お世話になった先生

といった拙僧の恩師の方々も

わざわざ当山に

おいで下さり

ご支援下さいました。

 

学生時代の友人の親御さんが

ご支援下さるケースも多くありました。

 

コロナ禍となって以来

すっかりご無沙汰になってしまった

十和田湖畔のお世話になった皆様からも

温かなご支援を寄せていただきました。

 

SNSを通じて

ご支援下さった方も

多くいらっしゃいます。

 

皆様のご支援は

とても大きな励みになりました。

 

久しぶりの再会に

とても感動する場面も多々ありました。

 

当プロジェクトは

郷土の誇れる伝説を未来に語り継ぐ

「絵本づくり」を目指したものですが

この途中経過には

かけがえのない尊さが

あるように思います。

 

ご支援下さった皆様の

ご期待にしっかり

お応えして

最後までやり遂げます。

 

ご支援受付は

明日までとなりますので

ご支援の程

よろしくお願いいたします。

 

詳細は下記ページを

ご参照下さいませ▼

絵本づくりクラウドファンディングの詳細

 

 

▼返礼品の木札(大)

一枚一枚書いております。

絵本づくりCFの支援額が100万を突破しました

当山に伝わる十和田湖伝説を

未来に語り継ぎたいとの思いを込めた

絵本づくりクラウドファンディング(CF)。

 

おかげさまで

多くの善意が寄せられ

ご支援額は100万を超え

ご支援者数も150人に

迫ろうとしております。

 

多くの方に

ご一緒いただいたことに

心より感謝しております。

 

ご支援の受付は

10/30までとなっております。

 

ご協力いただける方は

お力添えの程

よろしくお願いいたします。

 

▼プロジェクト詳細は下記をご参照下さい▼

絵本づくりクラウドファンディング詳細

 

 

《本日の工事の様子》

基礎外部の足場が組まれ始めました。