南祖法師三尊の懸仏が奉納されました

拙僧泰峻の弟子である

中野太陽さんが願主となり

造立に至った

懸仏(かけぼとけ)が

本日普賢院に奉納されました。

 

この懸仏は

十和田湖と八郎潟と田沢湖の

龍神の物語である

三湖伝説をモチーフとしております。

 

普賢院は

十和田湖伝説ゆかりの寺院で

南祖法師が修行したとされ

様々な伝承に関わりがあります。

 

伝説に思いを馳せることが出来る

尊い空間を一層整えたいという

太陽さんの願いの形のひとつが

今回の懸仏といえると思います。

 

開眼(かいげん)は後日

太陽さんにもご一緒いただき

お勤めしたいと思います。

 

▼奉納された懸仏(かけぼとけ)

 

▼奉納願主の太陽さんと懸仏

 

▼南祖法師三尊

中央:南祖法師(なんそほっし)

左:龍王(りゅうおう)

右:龍女(りゅうじょ)

 

大明さんにパイプ椅子をご寄贈いただきました

当山有縁の田中久一さんが

社長をつとめられている

(株)大明さんのご厚意で

パイプ椅子を30脚

ご寄贈いただきました。

 

このご寄贈には経緯がありまして

最初は大明さんが

倉庫の整理をしていた際に

使用する予定がなくなった

テーブル10台を

お寺で使わないかという

連絡をいただいたので

ありがたくテーブルを

ちょうだいいたしました。

 

テーブルをいただく際に

実際に倉庫に

連れて行っていただき

実物を確認させていただいたのですが

その際

パイプ椅子も使うかどうか

というお話しになりました。

 

ちょうど新本堂で

10脚程パイプ椅子を

準備しようと考えていたので

パイプ椅子も

いただくことにいたしました。

 

そうしましたら

田中久一さんのご厚意で

新しいパイプ椅子を

納めて下さると

おっしゃって下さり

今回のご寄贈に至ったといわけです。

 

様々な場面で

使わせていただきたいと思います。

 

(株)大明の田中久一さんには

中心より感謝申し上げます。

 

三湖伝説の懸仏が出来ました

現住職である拙僧泰峻の弟子である

中野太陽さんの発願により

三湖伝説をモチーフとした

龍王像と龍女像の造立のため

クラウドファンディング形式で

リターン(返礼品)を定め

勧募(ご寄付)のご協力を

お声がけした所

目標額を上回る善意を

お寄せいただきました。

 

太陽さんと相談しまして

余剰分のご浄財も

十和田湖伝説に関わるものに

つなげた方が良いだろうとの

結論に至りまして

懸仏(かけぼとけ)を

造ることにいたしました。

 

懸仏を制作するにあたり

必要な経費については

龍王龍女像造立に

お寄せいただいた

ご浄財の余剰金をあてることとし

不足分は拙僧泰峻が

寄付させていただくという形で

用立ていたしました。

 

その懸仏が

完成したとのご一報が入ったため

太陽さんに早速

弘前へお迎えに行っていただきました。

 

この懸仏は

お弟子さんである

太陽さんの尊い思いが

きっかけとなり

形となったものといえます。

 

懸仏は

出開帳(でがいちょう)で

用いられることの多い

形式でもあるので

関係各所に出開帳して

祈りを捧げるひとときを

ご一緒いただくということも

今後可能かと考えております。

 

5年ぶりの団参を計画しています

来年(令和5年)は

有志で総本山長谷寺(奈良県桜井市)へ

おもむく計画をしております。

 

来年は

弘法大師生誕1250年ということで

全国各地の各寺院ごとに

お声がけをして有志を募り

本山へ登嶺(とうれい)する

団参(だんさん、団体参拝の意)実施が

勧奨されています。

 

弘法大師御生誕の催事として

ということに加え

普賢院としては

前住職本葬

現住職晋山式

新本堂落慶式

という大きな行事を

終えて迎える年に当るので

団参を実施したいと思います。

 

前回の団参は平成30年(2018)で

今度の開催が令和5年(2023)なので

実に5年ぶりのこととなります。

 

行き先は

本山を含む

奈良・京都方面で

期間は2泊3日

予算は15万円前後(前回は14万7千円)

定員は20名程

を予定しております。

 

正式なご案内は

令和5年1月に

させていただきます。

 

前回の団参は

とても有意義で楽しいもので

思い出深いものでした。

 

今度の団参も

良いものになるよう

準備をすすめてまいります。

 

 

▼前回の団参(本山での記念写真)

八戸市内の小学校への絵本寄贈が叶いました

少し前のことになりますが

知人の方にお取次ぎいただき

八戸市教育委員会を通して

八戸市市内の小学校への

絵本『龍になったおしょうさま』の

寄贈をご快諾いただいたので

5月2日に八戸市庁の

教育委員会へ絵本を

お渡しいたしました。

 

豊崎小学校へは

すでに寄贈しておりまして

三条小学校へは

オダプリントの社長さんが

お届け下さることになったので

小田さんを通して

寄贈されます。

 

郷土の誇る伝説の

いちバリエーションに

親しんでいただければ幸いです。

 

 

書籍寄贈のルートに関して

いくらか詳しい方からのアドバイスで

当初は八戸市博物館に

相談すると心強いとのことだったので

お寺の行事にお見えになっていた

博物館の方に話題をお伝えして

後日改めて相談させていただきたい旨を

お伝えしたのですが

どうやら事情が様々あるようで

博物館が窓口になるのは難しいと

かたり部メンバーに伝言がありまして

別ルートでの寄贈となりました。

 

詳細や趣旨を踏まえて

正式にお願いする以前に

窓口にはなれないとの伝言を

いただいた形になったわけですが

明確にお断りしなければならない

ご事情があるのでしたら

直接住職に

ご一報いただければ

良かったのにと

非常に残念に感じています。

 

怒り恨みは全くありませんが

多重の意味で

「非常に」残念に思います。

 

断りの言伝を預かった方が

板挟みのような感じで

精神的負担がかかっていたように

見受けられましたし

とても申し訳なく思いました。

 

雑把に耳にした所では

“感謝状目的の寄贈”と

捉えられているような言い回しに

聞こえるようなことも

おっしゃられたようで

拙僧としては

詳細や趣旨を聞く以前に

そうした偏見による

事の決定がなされたことに

疑念を抱いております。

 

博物館での対応が

難しいと伝言を受けて

行政的窓口では

伝説の類の書籍を

取り扱うのが難しいものと

考えていたのですが

どうもそういったわけでは

ないようでした。

 

拙僧のみならず関係者において

こうした疑念が生じたのは事実で

良い気分であるわけはありません。

 

繰り返しますが

住職としては

この件について

怒りや恨みは全くありません。

 

理由があってのご判断であることは

重々承知しているのですが

その理由について

伝えるべき者に

明確に示すべきだったと感じます。

 

普賢院の寺檀関係と合葬墓について

普賢院の

供養の形式において

中心となるのは位牌です。

 

特に

位牌堂に祀られる位牌が

大切なものとしております。

 

▼位牌堂の詳細はコチラ

位牌堂について

 

普賢院では

位牌堂に位牌壇を

ご用意いただいたお家の方を

檀家さんとして

ご縁を結ばせていただいております。

 

これまでは

個別に位牌壇をご用意いただく形が

普賢院における寺檀関係の

主要なものでしたが

昨今の社会状況や変化も踏まえ

今後は位牌を合祀するスペースを整えて

そちらに位牌をご用意いただく形で

檀家さんとして

歩みを共にしていただけるように

したいと考えております。

 

位牌堂に祀られる

各家あるいは各人の位牌は

お寺が永代にわたり

ご供養するものとなります。

 

位牌壇をお持ちでなくとも

葬儀や法事などの

諸儀式をご依頼される場合も

多くありますが

そのようなご縁の方は

寺院規則上は

「信徒(しんと)」と呼ばれます。

 

細かなことですが

「檀家」は家を単位とした呼び方で

個人単位では檀徒(だんと)といいます。

 

檀信徒(だんしんと)

という言葉がありますが

これは檀家・檀徒と信徒さんを

一言であらわすものです。

 

さて

ここからは

今秋完成する合葬墓の話題も

交えて記させていただきます。

 

普賢院の合葬墓は

檀家さん

または檀徒さんが

使用いただけるものという

方針をとらせていただきます。

 

合葬墓の使用にあたっては

合葬墓の意味合いや

普賢院の供養形式について

説明させていただき

諸事項の確認を終えたうえで

同意書をご提出いただき

使用許可証をお受け取りいただく

という流れをイメージしております。

 

合葬墓は

檀家さん檀徒さんが

お使いいただけるということは

言い方を変えると

檀家さん檀徒さんになっていただくと

合葬墓をお使いいただける

ということになります。

 

このような形にした理由を

端的にいえば

普賢院の供養の形式を

きちんと遵守させて

いただきたい

ということに尽きます。

 

このことが

「安心」につながるものと

考えております。

 

先にも触れましたが

位牌堂に祀られる位牌は

永代にわたって供養されるもので

普賢院においては

ご供養の中心となるものです。

 

合葬墓のご使用を

ご検討の方であったり

ご相談をいただく方の多くは

永代供養を

ご希望されている傾向があります。

 

法式(供養の形式など)を

重んじるべきだと

拙僧泰峻は考えております。

 

永代にわたる供養を担うにあたり

丁寧なご供養をさせていただけるよう

形式をきちんと整えることに

ご協力いただきたいと

住職としては願います。

 

さらに

合葬墓建立の経緯を振り返りますと

当山有縁の皆様の

絶大なるお力添えによる

本堂建替事業の一環として

合葬墓も建立出来るに至ったわけなので

まずは檀家さん檀徒さん方に

お使いいただきやすいようにしたい

という思いもあります。

 

すでに

檀家さん檀徒さんとして

ご一緒に歩ませていただいている方で

合葬墓をご使用される場合には

所定の段取りの後

使用にあたっての

冥加料(みょうがりょう)を

お納めいただきまして

使用許可証をお渡しいたします。

 

檀家さん檀徒さんとして

今後ご縁をお結びいただける方は

位牌堂の使用にあたる

冥加料をお納めいただきまして

さらに合葬墓を

ご使用される場合は

合葬墓の手続きをしていただきます。

 

普賢院位牌堂の位牌壇の空きは

令和4年5月4日時点で40となっていますので

ご用意の予定がある方は

お早めにご相談いただければと思います。

 

今後整える

位牌の合祀スペースは

ただいま仮観音堂として

使用している祭壇となります。

 

位牌堂の位牌合祀スペースを

ご使用の場合の冥加料も

位牌壇ご使用の場合と

同じにする予定です。

 

合葬墓使用における冥加料は

まだ決定してはおりませんが

お一人30万円を「目安」とする案で

今後話し合いをする予定でおります。

 

法式に関連してですが

毎年5月の開山忌(かいさいんき)

という行事にて

合葬墓に納められる方々の供養を

重ねさせていただきます。

 

開山忌(かいさんき)とは

いわば歴代住職のご法事で

普賢院を開創開山された

圓鏡(えんきょう)上人の

ご命日が5月15日なので

5月に行っております。

 

開山忌はお寺において

重要な意味を持つ行事ですし

お寺が続く限り伴うものといえます。

 

そういった重要な行事に

合葬墓供養も行うのであれば

「永代にわたって供養する」ことを

一つの具体的な形で

説明出来ると思い至りました。

 

開山忌については

合葬墓供養のほかに

会津斗南藩縁故者供養と

戦没者供養もあわせて

行わせていただく予定です。

 

まとまりに欠けてはおりますが

本日は位牌堂と合葬墓のことを

中心に書かせていただきました。

 

丁寧な供養をさせていただくにも

普賢院がこれまで大切にしてきた

法式を時代に即応させつつも

本質は踏まえさせていただきたいと思います。

 

▼位牌堂位牌壇

 

▼合葬墓イメージ図

龍王龍女像の開眼法要を行いました

令和4年4月に奉納された

龍王像と龍女像の

開眼法要を行いました。

 

龍王像と龍女像は

三湖伝説と称される

龍神の物語をモチーフとして

拙僧泰峻の弟子である

中野太陽さんが造立を発願して

勧進を呼びかけて

奉納して下さったものです。

 

開眼法要の様子をお伝えする

映像を準備したので

ぜひご覧下さいませ。

 

三湖伝説に思いをはせる龍王龍女像の奉納

拙僧泰峻の弟子である

中野太陽さんの発願により

造立された龍王像と龍女像を

奉納していただきました。

 

龍王像と龍女像は

十和田湖伝説に関連したもので

龍王像は八郎潟の

龍神・八郎太郎をモチーフにされており

龍女像は田沢湖の

龍神・辰子姫をモチーフにされております。

 

これらの御像は

当山に祀られる

南祖法師尊像(なんそほっしそんぞう)の

脇仏としてお祀りいたします。

 

龍王像と龍女像を

紹介する動画を用意したので

ご覧いただけると幸いです。

 

絵本寄贈の受け入れ先を募集しております

昨年クラウドファンディング(CF)で

制作した絵本『龍になったおしょうさま』

の寄贈受け入れ先と

なって下さる所を

募集させていただきます。

 

寄贈用で製本した絵本は

70冊となります。

 

当初は

八戸市博物館に相談させていただき

市内小中学校や公民館等へ

寄贈させていただきたいという

案があったのですが

伝説の類の内容の絵本ですと

行政的窓口では

対応が難しいようなので

方針を変更しまして

県内外問わず

ご縁ある方の所と

入用の所へ

お贈りしたいと思います。

 

70冊という限定ではありますが

小学校などの教育施設

公民館などの文化施設

福祉施設

各種事業所

お寺

葬儀会館など

寄贈絵本を

お受け取りいただける所がありましたら

普賢院へご連絡下さいますよう

お願いいたします。

 

普賢院においでいただける方には

直接お渡ししますが

遠方の場合は

着払いでのお受け取りに

ご協力下さいますようお願いいたします。

 

寄贈絵本お受け取り受付

連絡先 普賢院

※住職は不在の場合が多いのでメールでご連絡いただけると助かります。

メール fugenin643@gmail.com

電話 0178-23-2135

※残部が無くなり次第、受付は終了いたします。

 

厳しい時代背景と神童南祖丸という視点

 

▼イベント情報はコチラ

「十和田湖伝説と南祖法師」の詳細

 

令和4年4月10日午前10時から

八戸ブックセンターで開催される

絵本刊行イベント「十和田湖伝説と南祖法師」

は残席1となりました。

 

感染症対策の兼ね合いで

今回は定員10名での開催です。

 

当日のスライド資料を本日仕上げました。

 

短い時間ですが

有意義な時間を

ご一緒させていただきたいと思います。

 

クラウドファンディングで制作した

絵本『龍になったおしょうさま』の

“原作”は『十和田山神教記』

(とわださんじんきょうき)

という幕末の写本で

当山では2冊所蔵されております。

 

この写本は

その内容が

仏教説話的要素が色濃い点に

特徴があります。

 

現在

十和田湖の現地で「伝説」として

語られている内容は

様々な写本の要素が

組み合わされて成っていると

指摘することが出来ます。

 

近世以降(江戸期以降)

様々な写本が作られて

様々な形で様々に語られるわけですが

このバラエティーに富んだあり方への

向き合い方は

まだまだ未着手の部分があるように思います。

 

一つ例をあげるとすれば

時代背景的な部分でいえば

死生学で指摘される

死生観の転換を踏まえることも

出来ると思われます。

 

“神仏の申し子”であったり“神童”として

描かれる南祖法師が

最終的に神仏につながる存在になり

入定(にゅうじょう)して

十和田湖を介した

現世と“地続き的な常世”にあり続けるような

描かれ方に

その時代的死生観が反映されていると

想定するならば

これまで主に考えられてきた筋書き以外に

浮かび上がってくる「時代の声」が

聞こえてくるように思うのです。

 

本堂建替や住職交代という節目にあったため

改めて過去帳を見てみると

江戸〜昭和のある時期までは

とても多くの子どもが亡くなっていることに

気が付かされます。

 

子どもの成長にちなんだ行事を

大切にする伝統が

日本にはありますが

これは子どもが健やかに生育することが

いかに尊いものとして

捉えられていたのかということにも

通じる話とえいます。

 

江戸期の東北は

幾度も飢饉(ききん)に見舞われ

子どものみならず

多くの命が犠牲になっています。

 

当山の棟札(むなふだ)や文書の類を見ても

そういった時代において

切実に願いが捧げられた形跡が見られます。

 

このような視点から

南祖法師の伝説を眺めると

これまでとは少し異なった心情の持ち方による

伝説との向き合い方を

想定出来るように思います。

 

実は本年2月に

青森県津軽地方のある慣習を事例とした論文を

現代教化研究所という研究機関の研究員として

提出したのですが

これは死生観を手がかりとして

現代的供養の特徴について

述べさせていただいたものです。

 

2年越しの執筆だったので

当初の予定よりも

掘り下げた形で仕上げることが出来まして

その一連の研究の中で

近世の東北の状況が

いかに過酷なものであったのかを

改めて確認させられました。

 

という伏線があり

十和田湖伝説を死生観という観点を踏まえて

眺めてみることの可能性に思い至ったわけです。

 

 

 

 

少し話は変わりますが

当山は南祖法師が修行したとされるご縁で

十和田湖伝説が語られる際に

触れられることが多くあります。

 

十和田湖において

伝説は観光資源として大切にされており

それをもとにした取り組みが盛んであるのは

とてもよろしいことだと思いますが

当山の由緒や縁起について

当山が所蔵する棟札(むなふだ)や過去帳を含む文書の記述や

当山・当地にて語り継がれている内容とは全く異なる様々な形で

断定的に語っている方もいらっしゃる様です。

 

十和田信仰の関連寺社は

少ないため

そういったお話を現地等で耳にされた方が

当山においでになられて

色々と質問いただく場合が多いのですが

中には完全な事実誤認を

引き起こされているケースも見られ

これはちょっと…と

思わされることもありました。

 

関連寺社のひとつである

当山が把握する内容とは全く異なる

当山についての言説がなされているわけですから

当山・当地として

歓迎するものであるわけがありません。

 

観光目的としての語りということで

関連地各所にて語り継がれる

寺社の縁起の尊さは

関係ないのかもしれませんが

明らかに配慮に欠けているように感じます。

 

せっかくのご縁があっても

こういったことが続けば有縁各所が

疎遠になってしまうのではないでしょうか…

 

少なくとも

現在の当山としましては

何かご相談されたとしても

お力になれることは

あまりないと考えています。

 

それはそれとして

これまで拙僧泰峻は

お堂内陣にお入りいただき

各仏像を近くでじっくり

ご覧いただくことに対して

あまりに無警戒な部分があったうえ

縁起等の根拠となりうる

所蔵文書等の内容の公開が

最近まで少なかったということもあり

今回話題としているような状況を

ある意味助長していたとも感じられるので

この点は方針を改めたいと思います。

 

普賢院住職には

七崎観音別当という肩書もあり

現在は内御堂となっている

七崎観音堂を司る役目もあります。

 

普賢院(七崎永福寺)と

七崎観音堂(七崎山徳楽寺)の

縁起を守り伝えるのも当山住職の勤めです。

 

そもそも当山は

十和田湖伝説ゆかりのお寺ではありますが

観光のためのお寺ではありません。

 

当山は

檀信徒の皆さんや有縁の皆様により

お支えいただき

お守りされてきた寺院であり

代々「祈り」(供養・祈願など)に

力を入れてきたお寺です。

 

歴代数えられない程

沢山の方々に

携わっていただいてきて

今の普賢院があるということを

お踏まえいただいたうえで

諸事ご対応いただきたいものです。