装い新たな十二天屏風

屏風の仕立て直しをお願いしていた

十二天屏風(じゅうにてんびょうぶ)が

仕上がって納品していただきました。

 

十二天屏風は

尊い儀式で用いられる

仏具でもあります。

 

また

今後のことも考えて

屏風裏側を弔事の際に

使えるように

布を打っていただきました。

 

この十二天の仏画は

もともと額装されていましたが

本堂建替の準備を進める中で

額装のままでは

使うことも飾ることも

難しいと判断しまして

屏風として

仕立て直すことにいたしました。

 

またひとつ

事を進めることができ

安心しております。

 

お寺マッスルという取り組みを始めます

本年3月より

お弟子さんとして

当山においで下さっている

中野太陽さん(以下、太陽さん)は

元ボディービルダーでもあります。

 

元ボディービルダーなので

体の鍛え方については

相当お詳しいという

特技をお持ちです。

 

運動はとても大切なものですし

せっかく太陽さんが

おいで下さっているので

寺子屋ワークショップの一つとして

「お寺マッスル」という

取り組みを始めることにしました。

 

身心ともに

ととのえられるような

機会に出来ればと考えています。

 

詳細は後日お知らせします。

 

御詠歌は引き続き休会します

今月から御詠歌(ごえいか)を

再開する予定でしたが

色々考えた結果

引き続き休会することにしました。

 

昨今の状況ですと

御詠歌については

これまで通りの開催は

難しいと考えています。

 

3月以降ずっと休会しているので

当面の間はいっそのこと

御詠歌の教典にそった

法話会という形にして

実際のお唱えはCD等で

ご自宅でお聴きいただく

形式にするなどの対応を

検討しております。

 

御詠歌を通じて

「仏道のこころ」に

触れていただくことを

一番に考えた催事でもあるので

その意義にかなうような

新しい形を模索したいと思います。

 

▼準備万端でしたが…

 

▼撤収しました…

心にしみる

本日は

静かで穏やかな時間が

流れた一日でした。

 

午前中は調べものに性を出し

早めのお昼を済ませて

午後の打ち合わせの

準備をしていると

ピンポーンと来客が。

 

いらしたのは

市内のとある葬儀会館の

スタッフの方でした。

 

お話によると

もうすぐ退職なさるとのこと。

 

とてもお世話になった方で

心休まるご対応と優しさが

印象的な方でした。

 

わざわざ

ご挨拶においで下さった

そのお心遣いが

とても身にしみました。

 

その後ほどなくして

本堂建替にあたっての

仏像や仏具の修繕の打ち合わせを

業者さんと行いました。

 

良い方向に話がまとまり

一安心しております。

 

修繕していただく

仏像や仏具は

本年の秋彼岸後に

搬出される予定です。

 

10月頃に現本堂は

解体される予定ですが

仁王門については

仁王像搬出のため

秋彼岸後に仁王門の一部を

解体するそうです。

 

仁王像は修繕にあたり

現色が落とされ

新たに彩色されるため

現在のお姿を見られるのも

あとわずかとなります。

 

一時的とはいえ

しばらくのあいだ

当山の“門番”である仁王尊が

不在になると思うと

どこかさみしさのような

思いがいたします。

 

オンラインお寺ヨガの参加者募集中です

6/27午後7時より

寺子屋ワークショップ

お寺ヨガ

オンラインで開催します。

 

参加者を募集していますので

ご都合のよろしい方は

ぜひご一緒下さい。

 

詳細とお申込み方法は

以下のサイトに

掲載しております。

 

それぞれの場所から

同じ時間を過ごす

オンラインお寺ヨガ。

 

画面ごしではありますが

ご参加される方と

お会いするのを

楽しみにしております。

 

▼詳細&お申し込みはコチラ

https://terakoya-ws-terayoga.peatix.com/view

 

安心の合葬墓とは?

安心の合葬墓とは何か?

「将来のために、永代供養を今のうちから考えないと…」

「跡継ぎがいない人は、お墓をどうすればいいのか…」

 

そのようなお悩みを

多くの方がお持ちです。

 

普賢院では

このようなお悩みを

少しでも解消すべく

合葬墓(がっそうぼ)を

建立する予定です。

 

合葬墓は

様々な不安を抱かれる方に

安心を与えられる

ひとつの方法として

最近全国各所で

需要が高まっています。

 

今回は合葬墓について

簡単にまとめてみようと思います。

 

 目次
  1. 合葬墓とは何か?
  2. 場所によって異なる内容
  3. 普賢院の考える合葬墓
  4. まとめ

1.合葬墓とは何か?

合葬墓は「合同で使用するお墓」です。

 

管理者はケース・バイ・ケースで

お寺が管理する場合もあれば

自治体が管理する場合もあります。

 

八戸において

合葬墓あるいは永代供養墓を

用意しているお寺は

全体の9割にのぼるそうです。

 

その一方で普賢院には

まだ用意がありません

(令和2年6月21日時点)。

 

2.場所によって異なる内容

合葬墓と言っても

どのように管理運営されているかは

千差万別です。

 

最近はインターネットで

合葬墓や永代供養について

まとめられている

サイトも多くあります。

 

ですが

合葬墓や永代供養を

ご検討の方は

インターネットの情報のみではなく

専門家にお話を聞いてみたり

実際にどのような場所で

どのような管理者により

どのような形で

ご供養されるのかを

確かめることをお勧めします。

 

3.普賢院の考える合葬墓

普賢院では合葬墓を

歴代住職墓の隣に建立します。

 

合葬墓本尊としては

不動明王を安置いたします。

 

合葬墓へは

専用の布袋を用いて

納骨します。

 

位牌堂に納骨棚も設置したので

納骨棚と連携させた形での

ご供養も可能です。

 

要するに一定期間

納骨棚に安置した後の

合葬墓への納骨が

出来るということです。

 

普賢院では

合葬墓ご使用にあたり

当山の理念・護持・運営に

ご賛同いただきたいと

考えています。

 

規約や使用料については

有縁の方々にご意見を

うかがいながら

内容を詰めている所です。

 

※当山の合葬墓の

ご使用をご検討の方は

お気軽にご相談下さい。

 

4.まとめ

今回の記事には

「安心の合葬墓」という

タイトルをつけましたが

安心するために

大切なポイントは

 

  • 調べること
  • 確かめること

 

だと言えます。

 

特に「確かめること」が重要です。

 

この2点の大切さは

合葬墓や永代供養のみならず

お寺をお探しの場合も

あてはまることだと思います。

 

以上

今回は合葬墓をテーマに

記させていただきました。

 

▼合葬墓本尊

 

▼納骨棚(位牌堂脇祭壇の地袋に設置)

ベンチをお納め頂きました

八戸市の老舗葬儀店である

山村総本店さまより

ベンチをご奉納頂きました。

 

頂戴したベンチは

本堂裏に建設した新倉庫脇に

設置させて頂いております。

 

ありがたく使わせて頂きます。

 

まことに

ありがとうございました。

 

会議ツールzoomのインストールについて

6/27(土)午後7時より

開催される

寺子屋wsオンライン『お寺ヨガ』は

zoom(ズーム)という

ツールを使って行います。

 

▼詳細&お申し込みはコチラ

https://terakoya-ws-terayoga.peatix.com/view

 

今後当山では

様々な取り組みの上で

zoomを使う機会を

増やしていく予定です。

 

そうったことも踏まえ

本日はzoomの

インストールについて

ご案内させて頂きます。

 

とても便利なツールなので

老若男女問わず

インストールしてみて下さい!

 

ご案内にあたり

今回は下記のサイトを

参照させて頂きました。

https://zoom.nissho-ele.co.jp/blog/manual/zoom-install.html(Zoom編集部)

 

パソコンの場合

まずは公式ページの

ダウンロードセンターから

ミーティング用zoomクライアント

をダウンロードします。

ダウンロードした

インストーラーを起動して

インストールを行います。

 

インストールを終えたら

次にアカウントを取得します。

 

アカウントは

取得しなくても問題ないのですが

あった方が断然便利なので

取得されることをおすすめします。

 

アカウント取得は

zoom公式ホームページ

を開いて頂き

ページ右上にある

「サインアップは無料です」

と書かれた所をクリックします。

 

メールアドレスや

お名前など

必要事項を

流れに沿って

ご記入頂いて

アカウントを取得します。

 

スマホやタブレットの場合は

zoomのアプリを

ダウンロードして下さい。

 

パソコンとスマホとタブレット

それぞれにzoomを

インストールした場合

同アカウントで連携出来るので

複数の端末をお持ちの方は

それぞれにインストール

すると良いと思います。

 

zoomに限らず

昨今は実に便利なツールが

沢山使われています。

 

拙僧(副住職)も

色々と触れさせて頂いておりますが

地方の一寺院として

将来を見据えた取り組みや

コミュニケーションにおいて

とても有意義なものだと感じます。

 

拙僧(副住職)は機械音痴なので

ほぼ使いこなせていないのですが

使ったり触れてみないと

分からないことが多いと実感しています。

 

オンラインでの取り組みを

少しづつ定着させるためには

“慣れる”ことも必要と思われます。

 

慣れるためには

実際に触れてみることが

最も効果的なので

試験も兼ねて

オンラインお寺サロン(仮称)を

開催してみようと考えています。

 

拙僧(副住職)は

これまで通りの

直接的なコミュニケーションに

まさるものはないと

考えていますが

“ITリテラシー”の向上は

地域においても

今後ますます必要と

されるはずです。

 

その一助と

なるかどうかは分かりませんが

「新しい生活様式」の一環として

この機会にzoomを

使われてみるのも

意味あることだと思います。

 

余談も混じりましたが

今回はzoomの

インストールについて

ご案内させて頂きました。

 

zoomについての説明は

様々なサイトでもされてますし

YouTubeの動画にも

あげられているので

それらもご参照下さいませ。

 

まいてらカレンダーを更新しました

「まいてら」というサイトに

昨年秋に作らせて頂いた

当山のページの

カレンダーを更新しました。

 

様々な行事案内を

こちらのサイトの

カレンダー機能を活用して

まとめていこうと

当初は意気込んでいたものの

操作になれなかったこともあり

実行出来ずにいました。

 

要するに

億劫がってしまい数か月もの間

更新出来ずにいましたが

今後はきちんと

取り組ませて頂きたいと思います。

 

▼まいてらカレンダー

https://mytera.jp/calendar/寺子屋ワークショップお寺ヨガ-2/

 

▼お寺ヨガのご案内

https://fugenin643.com/blog/寺子屋wsオンライン『お寺ヨガ』を開催します/

 

▼お寺ヨガのお申し込み

https://terakoya-ws-terayoga.peatix.com/view

 

 

▼まいてらカレンダーのスクリーンショット

寺子屋WSオンライン『お寺ヨガ』を開催します

寺子屋ワークショップ(WS)

『お寺ヨガ』を

オンラインで開催します。

 

詳細は

下記お申し込みのページに

掲載しておりますので

そちらをご参照下さい。

 

▼詳細&お申し込みはコチラ(peatix)

https://terakoya-ws-terayoga.peatix.com/view

 

寺子屋WSは

2月以降の開催を

見合わせざるをえない状況でしたが

今回はオンライン化への

チャレンジをいたします。

 

開催を重ねながら

改善していきたいと思います。

 

画面越しではありますが

自利利他(じりりた)の

ひとときを

各所でご一緒させて

頂ければと思います。

 

皆様のご参加を

心よりお待ちしております。