サハリンへ行ってまいります

8月26日から29日まで

拙僧(副住職)はサハリン(旧樺太)へ

行ってまいります。

 

サハリンは北海道の

さらに北に位置する

巨大な島です。

 

旭川の成田山大聖寺ご住職で

拙僧(副住職)と同じ

現代教化研究所の研究員でもある

伊藤聖健師にお声がけ頂き

第53回サハリン平和の翼へ一僧侶として

参加させて頂くことになりました。

 

参加者名簿を見ると今回の旅団は21名で

そのうち僧侶は拙僧(副住職)含め4名です。

 

多くは北海道の方で

旧樺太で出生された方など

旧樺太とゆかりのある方のようです。

 

拙僧(副住職)にお声がけ下さった

伊藤聖健師も先代住職である

ご尊父様が旧樺太出身です。

 

慰霊追悼の式典の他

郷土博物館やロシア正教会にも

立ち寄る予定となっております。

 

拙僧(副住職)はサハリンについて

ほとんど知らないので

下調べをしてみましたが

とてもデリケートな問題もあり

色々と考えさせられます。

 

自身の役目を果たしつつも

多くを学び多くを感じてきたいと思います。

 

大発見かもしれません〜早稲田観音と普賢院聖観音〜

滝尻善英氏の

『奥州南部糠部三十三カ所霊場めぐり』

(デーリー東北社、平成15年)に

掲載される第23番札所・早稲田観音の

十一面観音像の写真。

 

下から見上げるなアングルで

全体像が写真に納められ

仏像の特徴が捉えられています。

 

こちらがその写真です。

 

調べ物をしていて

それとなしに早稲田観音の

お姿を確認しようと思い

前掲の書籍を見たところ

早稲田十一面観音と

当山の聖観音(しょうかんのん)が

とても似ていることに気が付きました。

 

今話題にあがっている

当山の聖観音は観音堂内陣内殿の

七崎観音の脇仏として

向かって右側に祀られる観音像です。

 

古くから当山に祀られているようですが

その詳細は不明でした。

 

当山では本堂建替を控えており

来年春までには現在の本堂を

解体しなければならないため

本年の七崎観音御開帳の際に

内殿の観音像を細かく観察して

その特徴を確認しております。

 

そういった経緯があっての

今回の「気づき」です。

 

早稲田観音は

当山ととても関わりのある観音様で

かつて早稲田観音の別当を勤めていた

嶺松院(れいしょういん)は当山同様

江戸期に盛岡永福寺を本坊とする

関連寺院でした(現在は廃寺)。

 

普賢院と嶺松院は

いずれも永福寺の旧地ということで

自坊という形で庇護されました。

 

そういった歴史的関係性が

大いにある2所なので

同じ仏師が作仏された仏像が

祀られていたとしても

何ら不思議はありません。

 

それでは実際に

2体の観音像の類似点を

見ていきたいと思います。

 


【蓮台】

▼早稲田観音

▼普賢院聖観音

蓮台後方の“魚のヒレ”のようなものが

左右に施されており

これは早稲田観音の写真でも

この特徴的な部分が

当山同様左右両方に

施されていることが

はっきりと分かります。

 

また蓮台下の敷茄子(しきなす)と

呼ばれる箇所の作りや

その下にある蓮台もまた

作風がとても似ています。

 

【仏頭と上半身】

▼早稲田観音

▼普賢院聖観音

共通する点として

大きな耳たぶ

左手の形

左手に持たれている蓮の作風

装身具がない如来形

などが挙げられます。


 

前掲書より

以下を引用させて頂きます。

 

万治2年(1659)の

棟札(むなふだ)によると

二十年程前の寛永17年(1640)3月

門前の焚き火が飛び火して焼失し

宥鏡(ゆうきょう)法印の代に再興し

ご本尊の観音像も修復したと

記されています。(前掲書、p.92。)

 

寛永17年(1640)に

早稲田観音は火災に見舞われたことが

棟札に記されているとありますが

別の史料では

寛文年間(1661〜1673)にも

嶺松院が火災に見舞われていることが

記されております。

 

余談ですが

この宥鏡という方は

当山の先師でもありますが

その晩年の延宝8年(1680)に

本坊・盛岡永福寺も大火災に

見舞われております。

 

前掲書にも記されておりますが

早稲田観音の観音像は

棟札に記される万治2年(1659)

以前からある仏像ということになります。

 

当山の聖観音像もまた

同時期のものであれば

少なくとも三百数十年

当山にお祀りされていたことになります。

 

“真実”は

早稲田観音と当山の聖観音のみ知るわけですが

新たな仮説として

決して無理のないものかと思います。

 

さて

こういったことはどなたに

相談や問い合わせすれば

良いのでしょうか?

9/7『親子で学ぶ 子ども論語塾』にいらっしゃいませんか?

9/7午前10時より

親子で学ぶ 子ども論語塾

開催されます。

 

子ども論語塾では

福島の川崎葉子さんに

講師としておいで頂き

素読を通じて論語の響きに

触れて頂いております。

 

論語は

2500年前の戦乱の世を生きた

孔子の言行録です。

 

時代は違えども

論語の言葉は

今もなお私たちが生きる上で

大切なことを示しております。

 

1時間という短い時間ですが

子どもたちと一緒に

論語と向き合うことは

とても有意義かと思います。

 

参加者を募集しておりますので

ご興味をお持ちの方は

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

※担当者が不在の場合が多いため

ご連絡の際はメールでお願いいたします。

 

メール fugenin643@gmail.com

 

日程:令和元年9月7日(土)

時間:午前10時〜11時

会場:普賢院ふれあい豊山館

会費:500円(テキスト代別途)

16日はお盆法要が厳修されます

8月16日は午後1時より

本堂にてお盆法要を厳修します。

 

現在の本堂での

最後のお盆法要なので

いつも以上に丁寧に

お勤めさせて頂きたいと思います。

 

当地では

8月16日にお寺参りをする慣習があり

早朝より多くの方が

いらっしゃいます。

 

お参りの際は

お気をつけてお越しください。

 

お盆の冊子や各リーフレットも

用意しておりますので

お参りの方は

是非お取り下さい。

 

本堂とふれあい豊山館玄関に

本堂建替事業の今後の計画について

掲示しておりますので

そちらにもお目通しして

頂ければと思います。

 

設計前のプランではありますが

新本堂の間取りも

資料として掲示されていますので

是非御覧下さいませ。

 

8/16にお手伝い頂ける方いらっしゃいませんか?

この日に

お手伝い頂ける方も

募集しております。

 

お手伝い内容は

下記の通りになります。

 


①位牌堂位牌壇の早朝のお膳上げ

午前7時にお寺に集合して頂き

位牌堂位牌壇の

お膳上げをお手伝い頂きます。

 

早朝おいで頂いた方には

お弁当も用意させて頂きます。

 

②位牌堂の片付け(午後)

午後2時にお寺に集合して頂き

位牌堂の後片付けをして頂いて

終了次第解散という流れになります。

 

終了は遅くとも4時半頃かと思われます。


 

①、②のいずれかでも

お手伝い頂ける方

いらっしゃいませんか?

 

①のみ、②のみでも構いません。

 

①、②いずれも

お手伝い頂ける方は

早朝の作業が終了後

午後の後片付けまで

時間がありますので

1度お帰り頂いて結構です。

 

ご検討の程

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

お手伝い頂ける方

いらっしゃいましたら

下記アドレスまで

ご連絡下さいませ。

 

fugenin643@gmail.com

終活雑誌に掲載されました

産経新聞出版『終活読本ソナエ』

(2019年夏号)にて

拙僧(副住職)がチラッと

登場させて頂いております。

 

取材して頂いた記者の方は

大学時代の先輩でもあり

人類学の研究室で

共に学ばせて頂いた方です。

 

終活について

多くの情報に触れられる雑誌なので

興味をお持ちの方は

是非ご一読下さいませ。

 

黙々と棟札の文字を書き写す

強い雨音の響く本堂で

棟札に記載される文字を

筆で黙々と書き写す。

 

朝から夕方まで

ひたすら黙々と。

 

これは7/12のお話です。

 

ただ単に

「手本」を移すという作業ではなく

解読を要するなど

頭を使うことも多く

切り上げる頃にはクラクラしました。

 

当山では毎年8月に

お盆を迎えます。

 

お盆には各地から帰省される方も多く

お寺にも多くの方がお参りされます。

 

当山では

本堂建替を控えておりますので

今年のお盆が

現在の本堂で迎える最後のお盆となります。

 

そのようなこともあり

主だった棟札には

一体どのようなことが

記載されているのかを

お参りされた方に

見て頂けるようにしようと思い

取り組みを始めた次第です。

 

当山に所蔵される

棟札や木札は

貴重な歴史を今に伝えております。

 

展示方法など

一切白紙状態ですが

当山とご縁のある方々に

当山の歴史に触れて頂けるよう

試行錯誤してみたいと思います。

 

お不動様のお迎えに弘前へ

修復をお願いしていた

当山の不動明王像が

仕上げられたとの

ご連絡を頂き

弘前の仏師さんのもとへ

お迎えにあがりました。

 

仏師の小堀寛治さんには

少し前に別のお不動様の

修復をして頂いております。

 

今回も

迅速かつ懇切丁寧に修復して頂き

前にも増してご威徳溢れる

お姿にして頂くことが叶いました。

 

こちらのお不動様には

文化7年(1810)の火災の跡が

見られるので

それ以前から当山に

祀られていたことになります。

 

あちらこちらに

壊れている部分がありましたが

素晴らしいお手入れをして頂いたので

これからも永く

護持して頂きたいと思います。

 

お不動様は

これまでと同じ様に

観音堂の脇堂に

お帰りになられました。

 

当山にお参りの際は

是非お手を合わせて頂き

装いが改まった

お不動様に祈りをお捧げ下さい。

 

【参加者募集中】7/25寺子屋ワークショップ『写経カフェ』

7/25

午前10時より

寺子屋ワークショップ

写経カフェ

が開催されます。

 

寺子屋ワークショップで

お納め頂く御浄財の一部は

アーユス仏教国際協力ネットワーク

への寄付を通じて

国際協力活動に活用されます。

 

寺子屋ワークショップに

ご参加頂き精進頂くことが

そのまま国際協力活動に重なります。

 

参加者を募集しておりますので

ご参加される方は

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

日程:令和元年7月25日

時間:午前10時〜正午頃

会費:1500円

会場:普賢院ふれあい豊山館

定員:24名

【参加者募集】7/20『お寺でマインドフルネス』

“現代の瞑想”とも呼ばれる

マインドフルネスを

お寺でご一緒しませんか?

 

マインドフルネスは

仏教瞑想を起源とした

“ストレス低減法”です。

 

今回もマインドフルネスは

階上町にあるヨガスタジオ

セナジースタジオのオーナー

バリー・グロスマン(Barry Grossman)さんに

ご指南頂きます。

 

どなた様でも

ご参加頂けますので

ご参加される方は

メールでご連絡下さいませ。

 


寺子屋ワークショップ

「お寺でマインドフルネス」

日程:令和元年7月20日(土)

時間:19時〜20時

会場:普賢院ふれあい豊山館

講師:バリー・グロスマンさん

会費:1000円

※会費の一部は国際協力活動への寄附となります

申込:メールにて受付いたします。

メール fugenin643@gmail.com