意味の大切さを

マンダラエンディングノート

ワークショップが開催されました。

 

ファシリテーターの

ハーモニールイさんの進行の下

昨年10月より開催を重ね

今回が最終回でした。

 

法話を交えながら

マンダラエンディングノートの

ワークを進めるワークショップでしたが

ご参加の方は

多くのテーマに触れながら

多くのことを考えるきっかけに

なったのではないかと思います。

 

今回は「お墓」と「ご供養・法事・仏壇」が

テーマとしてとりあげられました。

 

いずれもが深い意味が託され

我々が生きる上での尊いお諭しとなり

心の拠り所ともなるものですが

その内容があまり踏まえられず

形のみになりがちなのかもしれません。

 

拙僧(副住職)としては

お墓の歴史であったり意味であったり

供養や仏壇の仏道的な意味などを

お伝えさせて頂いたつもりです。

 

4ヶ月にわたっての

マンダラエンディングノート

ワークショップは

改めて根本的に大切なことを

確認させて頂く機会になりました。

 

IMG_6679

IMG_8383

IMG_8384

キュウリいろいろ

昨日と本日は

センター試験が実施され

多くの方が受験された

ことかと思います。

 

当山有縁の方が

ご親戚の受験生のためにと

当山の七崎観音のお守りを

頂きたいとのご連絡があり

お渡しさせて頂きました。

 

ふと国語を解いてみようと思い

試験を解いてみました。

 

本年のものかと思いきや

2018年の問題でしたが

久しぶりに受験問題を

解いてみました。

 

古文漢文でかなりの失点を重ね

結果は7割ちょっとの得点でして

流石にブランクを感じました。

 

受験生の皆さん

お疲れ様です。

 

国語第二問(小説)の内容は

35年前に息子を亡くし

一年前に夫を亡くした

女性のお話でした。

 

子どもを亡くした後の

夫婦の日常や

夫を亡くした後の

女性の日々の描写が

絶妙な文章だと個人的に思います。

 

出典は

井上荒野(あれの)氏の

『キュウリいろいろ』

という小説とのことです。

 

センター試験の問題中の文章に

亡き子どもと夫の

ご供養のためにお盆の

精霊棚(しょうりょうだな)に

飾るキュウリについて

触れるくだりがあります。

 

小説のタイトルにキュウリと

あることと恐らくは

関係していると思います。

 

問題文しか読んでおりませんが

親しい身内を亡くした方の

心のあり方について

考えさせられるような小説でした。

school_test_seifuku_boy

年初のワークショップに参加しませんか?

本年も寺子屋ワークショップを

開催してまいります。

 

当山では自利利他(じりりた)を

大切な理念として

様々な催事をしております。

 

当山では寺子屋の催事で

お納め頂く御浄財の一部を

アーユス仏教国際協力ネットワーク

への寄付を通じて

国際協力活動に

役立てさせて頂いております。

 

寺子屋ワークショップに

ご参加頂き精進頂くことが

そのまま国際協力活動にも

重なるという取り組みです。

 

平成30年は

多くの方のご協力のおかげで

188,844円もの寄付を

させて頂くことが出来ました。

 

今月は

1/21マンダラエンディングノートws

1/24写経カフェ

が開催されます。

 

いずれも参加者を

募集しておりますので

ご興味をお持ちの方は

お気軽にご連絡下さいませ。

 

▼エンディングノートws詳細

http://fugenin643.com/blog/参加者募集中お寺エンディングノートws/

 

▼写経カフェ詳細

http://fugenin643.com/blog/写経カフェのお知らせ201901/

寺子屋ロゴ

IMG_8094

IMG_7381

仏道のかたち 御詠歌(ごえいか)

当山では

御詠歌(ごえいか)を

お伝えしております。

 

どこか懐かしい

民謡にも似た音の展開。

 

打ち振られる

鉦(しょう)と鈴(れい)の

爽やかな響き。

 

現在当山では様々な

「仏道のかたち」に

触れて頂く機会を

設けておりますが

諸々の催事の“はしり”であり

拙僧(副住職)の“原点”が

御詠歌(ごえいか)です。

 

本年は3月より

月2回の頻度で

お伝えいたします。

 

御詠歌をお伝えする時間なのですが

法話に多くの時間を

さいております。

 

当山の御詠歌である

豊山(ぶざん)流には

約130曲あります。

 

それぞれにはそれぞれの

背景や歴史があり

仏道において託された意味があります。

 

音の移り変わりや所作にも

深い意味があり

そこを紐解きながら

お唱えも研鑽していく所に

御詠歌の醍醐味があり

深い味わいがあります。

 

御詠歌をご一緒に研鑽頂く

講(こう)を立ち上げ

本年で9年目になりますが

現在までで十数名の方にしか

お伝えさせて頂いておりません。

 

当山では御詠歌を

ご一緒頂ける方を

募集しております。

 

ご参加頂いている方の中には

御詠歌というよりは

仏教を学ぶために

法話を聞くために

おいで下さっている方も

いらっしゃいます。

 

御詠歌を通じて

仏道に触れて頂いたり

深めて頂く場であると

当山は考えておりますので

ご興味をお持ちの方

いらっしゃいましたら

お気軽にご連絡下さいませ!

 

▼御詠歌を聞いてみる

https://www.youtube.com/watch?v=y94b8ZKyoLY

https://www.youtube.com/watch?v=I_LRCv1UxmM&t=93s

 

▼本年の予定(2019上半期)

御詠日程表

※各日午前10時〜11時半

※各回お茶代として500円

※年会費2000円

※見学も大歓迎です。

IMG_3897

IMG_3878

小正月法要が行われました

当山では毎年1月16日に

小正月の行事が行われます。

 

小正月はいつも人手が

大幅に足りず

準備や後片付けに

いつも以上の時間が

かかるのですが

今回もお手伝いに

駆けつけて下さった方が

いらっしゃったおかげで

無事に終えることが出来ました。

 

早朝に若干雪が舞ったものの

天候にも恵まれ

本年最初の大きな行事は

とても良いものだったと

感じております。

 

▼法要の様子(動画)

84BE23BE-7B15-4E1A-86A8-16815D739889

 

F2AF1A9C-9F9C-443E-9F50-282306F0886D

E42CFFEB-F298-4ACE-905C-6B1B94EBED43

DB10D6E6-E476-44B6-8F7E-54F907F6EC8E

97BF6728-3BF0-4FDF-A261-0BBAEB039F12

寄附のご報告

当山では寺子屋活動にて

ご参加の皆様より

お納め頂いた御浄財の一部を

国際協力活動へ寄附させて

頂いております。

 

平成30年は

アーユス仏教国際協力ネットワークへ

年会費を含め188,844円もの

寄附をさせて頂くことが出来ました。

 

携わって下さった

全ての皆様に

心より御礼申し上げます。合掌

0EA85071-AEBA-45AE-BC07-601896CBBBA0

2/14お寺の上映会『天鹿乃路(ししかみのみち)』

当山でもお世話になっている

民族楽器奏者の奈良裕之(ゆうじ)さんの

ドキュメンタリー映画が

クラウドファンディングにより

制作されました。

 

奈良さんは

国内外でご活躍され

その演奏は“光の旋律”といわれます。

 

本年最初のお寺の上映会は

奈良さんのドキュメンタリー映画

『天鹿乃路(ししかみのみち)』を

上映いたします。

 

上映後は奈良さんに

民族楽器の演奏をして頂き

さらにその後は

奈良さんお手製の精進カレーに

舌鼓をお打ち頂きます。

 

奈良さんのカレーは

知る人ぞ知る名物カレーです。

 

心とお腹を満たして下さいませ。

 

奈良さんが国内外各地にて

“光の旋律”を奏で

祈られるお姿を通じて

森羅万象の命の響きを

見つめてみませんか?

 

どなた様でも

ご参加頂けますので

ご興味をお持ちの方

名物カレーに惹かれた方は

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

日程:平成31年2月14日(木)

時間:午前10時〜午後1時頃

内容:法話×映画上映×精進カレー

会費:3500円

申込:担当者が不在のことが多いので

お申込みは極力メールにてお願いします。

メール fugenin643@gmail.com

※参加費の一部は国際協力活動への

寄付にあてさせて頂きます。

奈良裕之 天鹿乃路

IMG_5036

IMG_5050

IMG_5053

▼映画『天鹿乃路』予告動画

https://www.youtube.com/watch?v=LSC7eqaSvPk

 

▼奈良裕之(ゆうじ)氏動画

https://www.youtube.com/watch?v=u5yTN3ksCaU

 

役員総会が開催されました

当山の役員総会が開催され

有意義な会議となりました。

 

平成30年度の会計報告や

本堂建設委員会の報告を中心に

活発な審議がなされました。

 

当山にとって

本年は歴史的な一年となりそうです。

 

心強い役員の皆様や

有縁の皆様とともに

当山の歩みを力強く

進めてまいりたいと思います。

IMG_4045

IMG_4054

IMG_4061

一日がかりの発送作業

当山では毎年1月に

檀信徒の皆様へ

寺報『おてらだより』と

決算報告書等の書類を

お届けしております。

 

拙僧(副住職)妻の

力を借りながら

1日がかりの発送準備が

何とか終わり

安心しました。

 

明日は当山の役員総会です。

 

一年で最も大切な会議なので

充実したものにしたいと思います。

IMG_8363

IMG_8359

2/21おこもり護摩法要のご案内

当山本堂内の観音堂に

秘仏としてお祀りされる観音様は

七崎観音(ならさきかんのん)と

呼ばれとても古くから

親しまれてまいりました。

 

七崎観音は年に一度

旧暦1月17日にのみ御開帳され

御宝前にて護摩法要が

厳修されます。

 

この行事は

「おこもり」と呼ばれます。

 

平成31年は

2月21日が御開帳にあたり

護摩法要が行われます。

 

当山では近い将来

本堂建替事の予定があるので

文化8年(1811)に建立された

現在の本堂での

最後の「おこもり」に

なるかもしれません。

 

おこもりは

一時存続の危機に

瀕しておりましたが

ここ数年は各所より

有縁の方がご一緒下さるようになり

多くの方と共に

年に一度のひとときを

過ごさせて頂いております。

 

“観音様のお祭り”ですので

ご都合のよろしい方はご参列頂き

ご縁をお結び頂ければと思います。

 

どなた様でもご参加頂けますので

お気軽にお運び下さいませ。

 

▼詳細はコチラをご参照下さい!

http://fugenin643.com/blog/wp-content/uploads/2019/01/H31おこもり広告.pdf

 

IMG_3356

護摩写真

IMG_3395