改めて志をたてる

4/22は日帰りでの上京で

大本山護国寺に隣接する

宗務所に行ってまいりました。

 

今回は現代教化研究所の

研究員に就任してから

初めての研究発表を

所内会でさせて頂き

実り多いアドバイスやご指摘を

頂戴しました。

 

地道に日々刻々と

研鑽させて頂こうと

改めて志をたてさせて頂いた

今回の研究発表でした。

IMG_9933

IMG_9887

IMG_9934

【参加者募集】5/19お寺でマインドフルネス

マインドフルネスとは

仏教の瞑想を起源とした

ストレス低減法で

「現代の瞑想」ともいわれます。

 

階上町にあるヨガスタジオ

セナジースタジオのオーナー

バリー・グロスマン(Barry Grossman)さんに

当山においで頂き

マインドフルネスを

ご指南頂けることとなりました。

 

お寺の静寂な空間で

心と向き合うひとときを

ご一緒しませんか?

 

どなた様でも

ご参加頂けますので

ご参加される方は

メールでご連絡下さいませ。

 


寺子屋ワークショップ

「お寺でマインドフルネス」

日程:令和元年5月19日(日)

時間:19時〜20時

会場:普賢院ふれあい豊山館

会費:1000円

※会費の一部は国際協力活動への寄附となります

申込:メールにて受付いたします。

メール fugenin643@gmail.om

 

 

お寺でマインドフルネス2

IMG_9088

想い出のランドセルギフトの記事が掲載されました

4/21の地元紙・デーリー東北に

当山で取り組んでおります

想い出のランドセルギフト

記事が掲載されました。

 

本日記事をご覧になられて

ランドセルをお届け下さった方が

数組いらっしゃいました。

 

大変ありがたいことです。

 

当山では5/3まで

ランドセルを回収させて頂き

同日にワークショップと

発送作業を行います。

 

日本で役目を全うした

ランドセル。

 

今度はアフガニスタンの

子どもたちにより

新たな物語が紡がれます。

 

アフガニスタンは

就学支援が必要な

厳しい環境下にあります。

 

ご賛同ご協力頂ける方

いらっしゃいましたら

ご協力の程

何卒よろしくお願いいたします。

 

▼詳細はコチラをご参照下さい。

http://fugenin643.com/blog/使い終えたランドセルをアフガニスタンへ/

 

IMG_9863

ランドセルの物語を紡ぐ

想い出のランドセルギフト。

 

当山では

日本での役目を終えたランドセルを

集めております。

 

そのランドセルは海を越えて

アフガニスタンに運ばれ

新たな持ち主のもと

新たな日々が紡がれます。

 

当山では5/3まで

ランドセルの回収を行っております。

 

ご協力頂ける方

いらっしゃいましたら

ご協力の程

何卒よろしくお願いいたします。

 

▼詳しくはコチラをご参照ください

http://fugenin643.com/blog/使い終えたランドセルをアフガニスタンへ/

IMG_4459

IMG_4460

在来線の魅力

青森鉄道という

在来線があります。

 

拙僧(副住職)は普段

乗車する機会はあまりないのですが

この前の愛媛出張から帰るため

三沢から八戸駅に向かう際に

乗車させて頂きました。

 

天気も良かったので

外を眺めながら

車両に揺られていると

駅によっては

名所案内の案内板が

設置されておりました。

 

以前から設置されている

ものだと思いますが

初めて気が付きました。

 

こういった名所案内の

地を訪ねるような

在来線の旅も

してみたいと感じました。

IMG_9859

IMG_9860

IMG_9861

春を堪能する

境内が一気に春めきました。

 

気温も20度を超え

暑さを感じる程の日が

続いております。

 

花は良いものです。

 

当山にお運びの際は

彩りと香りも

ご堪能頂ければと思います。

IMG_9854

IMG_9857

上空10700メートルから

先日愛媛県松山市への

フライトは往路復路ともに

天候に恵まれたので

窓からの光景は

素晴らしいものとなりました。

 

地上からはるか上空より

壮大な歴史や伝説の舞台でもある

壮大な光景を眺めることが出来

とても充実した心持ちです。

 

▼長野上空より富士山方面

IMG_9852

 

▼紀伊半島の山々

IMG_9853

 

▼室戸岬(高知)上空からの空と海

IMG_9851

時代の花

 

境内の梅の花が

開き始めました。

 

梅は新たな元号である令和と

深く関わる花です。

 

春の訪れとともに

新たな時代の幕開けを

告げているようです。

IMG_9850

伊予松山の古刹 浄明院(じょうみょういん)

本年も愛媛県松山市

別府町(べふちょう)の

飯岡山 浄明院

(いいおかさん じょうみょういん)

牡丹(ぼたん)まつり法要に

出仕してまいりました。

 

毎年赴かせて頂いておりますが

ありがたいことに

いつも温かくお迎え頂き

大変良くして頂いております。

 

浄明院の歴史は古く

奈良時代に行基(ぎょうき)により

開かれたと伝えられます。

 

奈良・平安時代の

お仏像が祀られ

悠久の歴史と

篤い祈りが捧げられてきたことが

感じられるお寺です。

 

鎮守として

飯岡(いいおか)大明神が

お祀りされますが

こちらは役行者(えんのぎょうじゃ)が

勧請されたものだそうです。

 

役行者は修験道開祖とされ

真言宗とも深く関わる方です。

 

同地には飯岡神社という

神社がありますが

こちらは江戸時代まで

浄明院が別当寺を

担っていたそうです。

 

今年の法要には

飯岡神社宮司さんも

ご一緒にお勤め下さいました。

 

まさに神仏習合の法要となり

とても尊い時間だったと感じます。

 

大変勉強になりました。

 

浄明院副住職の

森脇宥海師は拙僧(副住職)と

宗門大学編入同期で

本山長谷寺での修行同期でもあり

とても親しくさせて頂いております。

 

宥海師には当山の

七崎聖観音おこもり護摩法要に

毎年おいで頂いております。

 

浄明院では

様々な取り組みがされておりますが

その多くは同院副住職の

宥海師が手がけられていらっしゃいます。

 

また

宥海師は臨床仏教師の資格をお持ちで

がんセンターを毎週訪問され

患者さんのお心に寄り添われる

活動もされていらっしゃいます。

 

誠実で情熱的に

お寺と向き合われるお姿から

今回も多くの事を

学ばせて頂きました。

 

IMG_9776

IMG_9731

IMG_9735 2

IMG_9705

IMG_9741 2

IMG_9744

IMG_9743

IMG_9745

IMG_9749

IMG_9754

IMG_9755

IMG_9726

IMG_9758

IMG_9765

IMG_9768

IMG_9847

行基菩薩ゆかりの東山温泉

本年4月1日〜3日にかけ

研究調査を兼ねて

会津若松市へ赴いた際に

東山温泉にも行かせて頂きました。

 

東山温泉は

奈良時代に活躍した

行基(ぎょうき)という高僧が

開いたとされます。

 

行基は

朝廷より菩薩号を諡号され

行基菩薩と尊称されます。

 

天智天皇7年(668)に

現在の堺(大阪)にて生まれ

天平21年(749)に

行年82歳で入滅されたとされます。

 

東山温泉のホテル東鳳の

案内板によると

天平年間(729〜749)に

行基が会津を訪れた際に

八咫烏(やたがらす)の“導き”により

発見されたそうです。

 

峰の方で

烏が啼いていたため

仰ぎ見た所

軍荼利(ぐんだり)

妙見(みょうけん)

聖観音の三尊が現れたそうです。

 

そこで三社権現を奉り

羽黒山東光寺を開いたのが

この東山温泉の始まりだと

案内されておりました。

 

行基菩薩は

近畿地方を中心にご活躍された方で

各地にお寺を開かれました。

 

行基伝説は全国各地に見られ

青森県内にも伝わっております。

 

その一例として

当山の近くでいうと

階上町の寺下観音(糠部第1番札所)が

あげられます。

 

拙僧(副住職)は

4/13〜15まで愛媛県松山市別府町の

飯岡山 浄明院(じょうみょういん)に

法要のため行ってまいりますが

浄明院本尊・薬師如来像は

行基菩薩の御作(おんさく)の

とても古い仏像です。

 

行基菩薩は

当地近辺の地域に伝わる

「祈り」について考える時

欠かすことの出来ない

キーパーソンの一人といえます。

IMG_9564

IMG_9560