心に寄り添う形

お墓を建立したくても

建立することが出来ないので

どうしたら良いか。

 

地元のお墓を“墓じまい”を

相談したい。

 

色々なご相談が

寄せられております。

 

本堂建替事業の開始が

将来のことを真剣に考える

契機となった方も

いらっしゃいました。

 

当山では合葬墓(がっそうぼ)の

建立を予定しております。

 

何年も前から

用意する必要を感じておりましたが

数年以内には建立したいと思います。

 

現段階での構想ですが

本堂裏にスペースを確保し

仏像を安置した形のお墓を

建立するつもりでおります。

 

昨今では色々な形の

永代供養墓や合葬墓が

あるようですが

当山の場合は

大規模なものではなく

“お墓らしい”合葬墓を

建立したいと考えております。

 

本堂裏の墓地スペースは

限りがありますが

そこに建立するとなれば

歴代住職の墓のすぐそばに

建立することとなります。

 

お寺とのご縁を感じていただきながら

合葬墓にお参りいただけるのよう

検討しております。

 

まだまだ詰めなければならない段階ですが

多くの方の心に寄り添えるものに

したいと切に願っております。

ohaka

手引の必要性

ご供養について

まとまった資料を

作って欲しいという

ご要望がありました。

 

拙僧(副住職)も

かねてより

「ご供養の手引」の

必要性を感じておりました。

 

お寺にいつお参りすれば良いのか?

法事では何を準備すれば良いのか?

お布施はどのように考えれば良いのか?

などなどご供養の際には

様々な疑問がわくものです。

 

特に初めて“仏様を持つ”方は

不安や心配が多いのが

現実かと思います。

 

つい先日のお弔いの際にも

手引のようなものがあると

非常に助かるというご意見を

頂いたので早速制作に

とりかかろうかと思います。

 

当山の行事や地域の慣習など

スッキリとまとまった資料に

仕上げたいと思います。

osoushiki_shinpai

戒名と御布施について

仏事において

最も多く寄せられるご質問は

戒名(法名)と御布施についてです。

 

この戒名であれば

どれ位の御布施を

お渡しすればよいですか?

 

この問いには

明確な金額を伴う答えは

ありません。

 

実際の所では位号(いごう)と

言われる部分を1つの基準として

納める御布施を

決められる方が

多いようですが

本質的な意味からすれば

微妙な所です。

 

お寺によっては

戒名料という形で

御布施とは別に御浄財を

お納め頂いたり

戒名別に御布施の目安を

定めている所もあります。

 

それらは多くの場合

お寺の運営や護持において

採用されている方法なので

本質的にどうこうという話とは

少し異なります。

 

話がそれましたが

位号(いごう)とは

孩児(がいじ)、孩女(がいにょ)

童子(どうじ)、童女(どうにょ)

信士(しんじ)、信女(しんにょ)

居士(こじ)、大姉(だいし)など

戒名(法名)の最後に添えられる

部分のことです。

 

次のような

ご要望もよく耳にします。

 

御布施の額に失礼があっては

ならないので戒名は

居士や大姉ではなく

信士や信女でお願いします。

 

こういったご要望は

珍しいことではありませんし

お気持ちも分かります。

 

しかし当山において

歴代住職が守り伝えてきた

志や姿勢からすれば

こういったご要望通りに

戒名を調整することは

出来かねます。

 

戒名は商品ではありません。

 

しかるべき戒名を

しかるべき方に

お授けさせて頂いております。

 

そもそも戒名は

位号によって

良いとか悪いとか

位が高い低いなどという

次元のものではありません。

 

仏弟子として

悠久の昔より受け継がれる

尊いお諭しである戒律を

正式に授かり

御教え(法)を担う者である

あかしが戒名(法名)です。

 

葬儀における戒名(法名)は

その方の歩みを讃えるものであり

現世的ものさし

金銭的ものさしにより

左右されるものではありません。

 

尊い命を授かり

立派に尽くされ

生涯を全うされた方の

お弔いに際し

御布施の事をはじめ

金銭的な不安を要因に

“違和感のある戒名”を

授けることは感心しません。

 

信士の戒名が”安い・平凡”

居士の戒名が”高い・偉い”など

いう考えは間違いです。

 

そういった「目」でもって

多くの戒名を見ることは

これまでに戒名を授かった方に

対しても大変に失礼なことです。

 

お気持ちは良く分かるのですが

僧侶としては

この点をしっかりと

お伝えしなければなりません。

 

有縁の方々に

儀式を執り行って頂き

お心をお運び頂き

新たな歩みの志を

お捧げすることこそが

最も大切です。

 

葬儀や仏事は

お弔いであると同時に

今を生きる方々の

心の修養の場でもあるのです。

 

それが本義であり

その部分がないがしろにされれば

古い祈りの形を受け継ぎ

諸々の作法をなすことを許された

僧侶が儀式を執り行う必要は

ないように感じます。

 

葬儀や法事のみが

ご供養ではありません。

 

それらはご供養の節目であり

自身ともお向き合い頂く

尊い機会です。

 

金額の価値は

尊い命の価値ではありません。

 

お金の価値は

相対的なものであり

日々刻々激しく変化しうるものですが

命の尊さははかり知れないものです。

 

尊い命の歩みを

讃えるものである戒名を

そのような「金額としての御布施」で

もって向き合うようなことは

仏道にはそぐいません。

 

どのように御布施を納めるか

明確に提示して頂きたいという

お声も寄せられますが

それでは御布施の本来の意味が

失われてしまいます。

 

時間の経過の中で

故人をお偲び頂きながら

どうするかをお考え頂いて

思いを通わせて頂いた上で

御布施をお納め頂きたく存じます。

 

先にも触れましたが

お気持ちは痛いほど

良く分かるのです。

 

当山では本義にのっとり

謹んで全ての儀式を

“全力で”執り行っております。

 

命に優劣がないゆえに

お弔いの儀式そのものにも

差別はありません。

 

有縁の方には

是非ともご理解頂きたい次第です。

 

▼【参考拙稿】お葬式について

http://fugenin643.com/blog/道を示すお葬式/

bg_natural_sky

お寺の日常

お寺の和尚さんは

日々をどのように

過ごしているのかを

よく尋ねられます。

 

寄せられる質問での

「日々」とは

法事や葬儀等の儀式関係以外の

時間を指します。

 

端的に言えば

「人それぞれ」です。

 

「お寺によって」ではなく

「人によって」異なると

断言できるかと思います。

 

最近の拙僧(副住職)の場合は

事務か作務(さむ)の

いずれかに勤しんでおります。

 

事務にしても作務にしても

その作業量は1人で

こなすには膨大です。

 

事務に関していえば

本堂建替事業の会計事務も

加わり毎日“おなかいっぱい”です。

 

作務に関していえば

広い境内・堂内の清掃は

1人で完遂するには“無謀”です。

 

あれこれと考えて

今後は有縁の方に

お力添えを頂きながら

日々を勤めなければならないと

感じております。

 

今は若さに頼って

何とか過ごしておりますが

いつまでも若いわけではないので

様々な心配が

つきまとっているのが

当山の現状です。

 

弱気になっていると感じられた方も

いらっしゃるかもしれませんが

拙僧(副住職)は正直に

そのように感じております。

 

ちなみに

お寺にも様々な会議や

研修会などが

多々ございます。

 

4月、5月は

各種会合が非常に多い時期です。

 

様々に慌ただしく

日々を過ごしておりますが

その分、学びも沢山ございます。

 

日々是修行。

 

前向きに

明日も精進いたします。

IMG_1144

ご祈願・ご祈祷とは?

ご祈願・ご祈祷について

よくご質問を頂きます。

 

ご祈願・ご祈祷は

願いの成就を祈るひとときであり

それとともに

願いの成就のために自身が歩みを進める

志を立てるひとときでもあります。

 

ただ単に

法要をすれば良いというものではありません。

 

当山では

観音堂にてご祈願・ご祈祷のお勤めを

厳修させて頂いております。

 

法要に臨まれるにあたり

どのような願いを捧げられるかを

お伺いさせて頂き

法話をさせて頂いた後に

ご参列の方と祈りの時間を

ご一緒させて頂いております。

 

ご祈願・ご祈祷について

ご質問等ございましたら

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

img_0947

お経のおはなし〜意味が分からなくとも〜

お経の意味が分からずに

読経していても

きちんとご供養になりますか?

 

そのようなご質問を

頂いた事がございます。

 

結論から申しますと

尊いご供養となります。

 

伝えたい思いがあっても

言葉にできない思いも

あるものです。

 

いざ何かを

伝えようと思っても

適切な言葉が

見当たらなかったり

するものです。

 

伝えたいことがあっても

言葉にしきれないことも

よくあることです。

 

あえて言葉にせずに

思いを捧げることも

温かな心のやりとりです。

 

お経には

そういった一面もあります。

 

当然のことながら

お経や

一連の作法、儀式には

意味があります。

 

しかし

お経との向き合い方は

意味を紐解くだけでは

ありません。

 

意味が分からなくとも

ただひたすらに

“一心に”お経を唱えることにも

深い意味があるのです。

 

真言宗では

御宝号(ごほうごう)といって

南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)

という短い「お経」があります。

 

南無阿弥陀仏

南無妙法蓮華経

南無本師釈迦牟尼仏

など宗派毎に

それぞれの宗派を

代表する文言があります。

 

それぞれの文言には

記される文字が

意味する所のみならず

仏道のこころが全て

託されております。

 

皆様各々に

ゆかりのある

お唱え方に

ご自身のお声をのせて

「おもい」を奏でられては

いかがでしょうか。

IMG_7789

お寺の会計

平成28年度の

会計監査が行われました。

 

お寺も

法人格を持っておりますので

会計事務も

しっかりと行わなければ

なりません。

 

「お寺の会計」が

どのようになっているのかは

あまり知られていない所

かもしれません。

 

「お寺は税金と無関係」という

誤ったイメージを

お持ちの方も多いかと思います。

 

お寺は

非営利組織ですので

御布施やお賽銭などの

御浄財には

税金が課されません。

 

それらの御浄財は

住職などに入るのではなく

お寺に入れられます。

 

お寺から

住職や副住職へは

給与が出されますが

その給与には

一般企業と同様に

税金が課されます。

 

所得税

健康保険税

市県民税など

お寺の者も

納めさせて頂いております。

 

税金でいうと

境内地(けいだいち)における

固定資産税も

課されておりません。

 

「坊主丸儲け」という

“悪いイメージ”が

長年にわたり

巷に流布しているように

感じられますが

現実とはかけ離れたイメージです。

 

「経済的基盤」が

盤石に整っている

お寺は全国的にも

ほんの一部であり

大半は

お寺の維持管理で

目一杯です。

 

維持することができず

廃寺(はいじ)になる

お寺も多い昨今です。

 

お寺だけでは

祭祀を司る住職一家の

生計が立てられず

兼業せざるをえない方や

大きなお寺へお勤めされる方も

多数いらっしゃいます。

 

しっかりした会計事務が

求められるようになったのは

そう古い話ではありません。

 

当山においても

檀信徒の皆様から

毎年お納め頂いております

運営費の会計処理は

役員の会計担当の方々に

正確に処理して頂いておりましたが

それ以外の部分については

不十分に処理されておりました。

 

会計について

本格的に学ぶ機会も少なく

どのようにすればよいかも

分からないような状態で

帳簿をつけておりました。

 

時代の流れもあり

昨今ではお寺においても

高度な会計事務を

求められるようになりました。

 

それを受け

お寺の住職であり公認会計士も

務められる方の

ご指導を仰ぎ

「お寺の会計」について

学ばせて頂いたり

他のご寺院様に

相談させて頂いたりと

方々よりお力添えを頂戴しながら

会計を整えております。

 

会計という言葉を

用いると

どうしても「お金」の

印象が強くなってしまいますが

お寺に納められる「お金」は

御布施・御浄財であり

施主様方が託された

尊いものです。

 

それをきちんと

お守りし

護持運営に反映させることが

「お寺の会計」の意義なのだと

考えております。

soroban

 

 

 

“道を示す”お葬式

sky_00031-jpg-pagespeed-ce-qy1ryagguv

宗派によって

お葬式の執り行い方は

異なりますが

当山にて執り行われる

お葬式は

引導(いんどう)を

お渡しすることが

肝要となります。

 

引導とは

「引き導く」ということであり

それと同時に

「引き導いて頂く」ということです。

 

「仏道の歩みを示すこと」であり

「仏道の歩みを示して頂く」こと

でもあります。

 

仏道とは

仏法(ぶっぽう)による歩み方です。

 

仏法とはみ教えのことであり

“安らぎ”に通じるものです。

 

仏道では

生きとし生けるものは

この上なく尊い命を授かっており

本来的に仏なのだと説きます。

 

しかし

本来的に仏ではあることは

その方の人生における

ありのままの全てが

清浄であることとは異なります。

 

仏とは何なのか

仏としての歩みとは何なのか

といったことが

儀式において

順次紐解かれます。

 

葬儀における

一連の儀式は

当然のことながら

それぞれに意味があり

作法をなしながら

進められます。

 

真言宗豊山派では

引導作法(いんどうさほう)という

師子相承(ししそうじょう)に

受け継がれる作法に則り

引導をお渡しします。

 

引導をお渡しするにあたり

戒名(法名)がお授けされます。

 

戒名とは

智慧と慈悲に

みちあふれた

“仏としての名”です。

 

戒名は

その方の人生に

仏道のみ教えが重ねられます。

 

戒名の「戒」は

戒律の「戒」です。

 

「戒」とは

安らぎ(悟り)を得るために

大切にすべき尊い心がけでもあります。

 

戒名とは

「戒」を授かった者という

意味でもあります。

 

戒名は

法名(ほうみょう)ともいいます。

 

法名とは

“み教え”を受け継ぐ仏弟子の名を

意味します。

 

戒名・法名は

「亡き方のお名前」という

意味ではありません。

 

これらは

連綿と受け継がれる

法灯(ほうとう)を

受け継ぐ者(仏弟子)

としての尊い御名です。

 


お葬式のみならず

ご供養は

「心を通わせる」ことが

とても大切です。

 

儀式をただやれば良い

というものではありません。

 

供養の「養」とは

生きる者が

心を養って頂くということ

でもあります。

 

ご供養のひとときに

託された様々なメッセージを

自身と照らし合わせ

自身の歩みに活かすことも

大切なことなのです。

 

自身の歩みに

仏法へ託された御心を

活かす道が

仏道です。

 

仏道としてのご供養。

 

お葬式

ご法事

季節の行事

様々な節目にあたり

それぞれの“道”が

言葉を超えて

私たちにも

示されております。

 

慈しみの御心で

そのひとときが

包まれているということを

感じて頂くことも

ご供養の

大切な形かと思います。

 

「心」の通った

ひとときに

「心」を感じて頂く

あたたかなご供養。

 

是非とも

心が通わされた

ご供養の誠を

お捧げ下さいませ。

 

▼当山本尊・愛染明王(中央)

img_3705

位牌堂〜永代にわたるご供養〜

当山近辺には

ご自宅のお位牌とは別に

位牌堂にお位牌を

お祀りして

ご供養する慣習があります。

 

当山本堂の横にございます

ふれあい豊山館の2階が

位牌堂です。

 

位牌堂には

檀家各家の位牌壇が

設えられ

位牌壇には

お位牌が納められます。

 

現在、当山の祭祀を

任せられている

住職家も檀家の一員として

位牌壇に位牌を

納めさせて頂いております。

 

位牌堂の慣習は

全国的なものではありません。

 

一説には

雪深い北国において

冬はお墓参りが難しいとして

位牌堂の慣習が

形作られたといわれます。

 

お寺によって

その形式は様々ですが

当山の位牌壇の大きさは

全て均一です。

 

位牌堂のお位牌は

お寺が永代にわたり

お守りするものです。

 

様々なご事情により

後を見る方がいなくなったり

家が絶えてしまったりした場合も

お寺が続く限り

お位牌はお守りされ

ご供養されます。

 

現代的にいえば

お位牌の永代供養です。

 

位牌堂には

当山の歴代住職のお位牌も

正面にお祀りされております。

 

お位牌は

ご供養において

とても大切なものです。

 

当山位牌堂には

当山とご縁のある家々の

お位牌がお祀りされております。

 

当山の永きにわたる歴史は

多くの有縁の方々の

歩みとともに紡がれたものです。

 

当山を

今に伝え守り続けて下さった

全ての方へ

永代にわたり

ご供養の誠を捧げる場が

位牌堂です。

 

ご自宅のお位牌と

位牌堂のお位牌は

意味合いが若干異なります。

 

ご自宅のお位牌は

お仏壇に

ご本尊と共に

お祀りされるもので

位牌堂のお位牌は

お寺に

お祀りされるものです。

 

ご自宅のお位牌は

各家の日常の中で

お守りされることに

深い意味があり

位牌堂のお位牌は

お寺に

お祀りされ

お守りされることに

深い意味があります。


 

位牌堂と本堂を

どのように

お参りすれば良いか

ご質問を頂くことが

時折ございます。

 

実は

とても大切なことなので

ご説明申し上げます。

 

位牌堂に位牌壇のある方は

本堂をお参りして後に

位牌堂をお参り下さい。

 

当山は境内に

分譲墓地はございませんが

菩提寺にお墓のある方も

お墓参りの際は

本堂をお参りした後に

お墓をお参りするのが

正式な作法となります。


位牌堂位牌壇の御用意を

ご検討されている方は

お気軽にご相談下さい。

 

なお

当山では

位牌堂に位牌壇を

御用意される場合

30万の御浄財を

お納め頂いております。

 

その他

運営費・斎米料として

毎年4000円を

お納め頂いております。

 

その他、諸事詳細は

お寺にて直接

お話させて頂きますので

お気軽にお問い合わせ下さい。


 

▼位牌堂

dsc_9044

 

▼位牌堂位牌壇(大きさは均一です)

img_0705

 

▼位牌壇の設え(例)

※現住職家(品田家)の位牌壇です

img_0706

 

▼地蔵菩薩立像(位牌堂正面)

img_0711

 

▼十三仏像(位牌堂正面)

img_0709

悩みの尽きぬ現代のお墓事情

お墓にまつわる

ご相談が

沢山寄せられるように

なりました。

 

当山には

分譲墓地は

ございませんが

多くの有縁の方が

様々なご事情から

悩まれているように

拝察しております。

 

有縁の方々が

お心に抱かれている

不安に少しでも

寄り添えるように

環境を整える

必要があると感じております。

 

これは

「時代の流れ」でも

あるのだと思います。

 

お墓を建立しても

後を見る方が

いらっしゃらないため

どうすればいいか

困られているという

お声をよく耳にします。

 

古いお墓が

地元にあるが

長年遠方に住んでいるため

いずれは整理しなければ

ならないが

どのように対処すれば

いいのか悩んでいる

というお声もよく耳にします。

 

すでにあるお墓を

守る者がいないので

どうすればいいだろうか

というご相談も

よくございます。

 

「家」のあり方が

大きく変わりつつある昨今

これまで継承されてきた

お弔いの形式も

少なからず

時代にあった“手直し”

をしなければならない

時期なのだと思います。

 

伝統とは

守るべき根本が保たれながら

時代に即した変化を重ね

今に伝えられるものです。

 

当山でも

情報収集と研修を重ね

多くの方

ご安心頂けるような

体制を整えさせて

頂きたく存じます。

IMG_5607