千年イチイ

当山ふれあい豊山館裏手には

1000年もの昔からあるとされる

千年イチイがそびえます。

 

当山境内にて最も古い木です。

 

イチイは八戸市の「市民の木」でもあり

「オンコ」とも呼ばれます。

 

イチイは神聖な木とされ

吉祥を招き

魔を除(よ)ける霊木とされます。

 

高くそびえる千年イチイですが

内部には大きな空洞もあり

部分的に枯れているようです。

 

とはいえ現在もそびえるその姿には

歴史ロマンを感じさせられます。

IMG_3130

IMG_3132

IMG_3133

IMG_3120

正しい歴史をお伝え願います

当山のある地域は

かつて七崎(ならさき)と呼ばれ

伝説や伝承に彩られた地域です。

 

当山の起源は

1200年以上の昔に

さかのぼることが出来ます。

 

初代住職 圓鏡(えんきょう)上人は

弘仁8年(西暦817年)に

亡くなられております。

 

圓鏡上人が亡くなられたのは

平成30年(西暦2018年)から

さかのぼること1201年前

ということになります。

 

当山第2世住職は

月法律師(がっぽうりっし)

という方ですが

十和田湖伝説に登場する

南祖坊(なんそのぼう)は

この月法(月体)和尚の弟子とされ

当山にて修行したと伝えられます。

 

当山はかつて

永福寺というお寺でしたが

後に盛岡に拠点を移すこととなります。

 

盛岡に改められた

永福寺を本坊(ほんぼう)とし

発祥の地であるとともに

十和田湖伝説に連なる七崎のお寺を

自坊(じぼう)普賢院とします。

 

ちなみに永福寺は

三戸にも自坊として

嶺松院(れいしょういん)という

お寺も持っておりました。

 

三戸は盛岡南部氏(三戸南部氏)が

勢力を拡大させる“足掛かり”となった

象徴的場所でもあります。

 

永福寺は南部氏の祈願寺であり

多くの末寺を抱える権威ある大寺院でした。

 

本坊とは「行政等を取り仕切るお寺」

といった意味です。

 

自坊には色々な意味がありますが

ここで意訳すれば

「永福寺が直接管理するお寺」

といった具合でしょうか。

 

話は少し変わりますが

最近は地元でも「歴史ブーム」

のようで新聞や雑誌などで

地域の歴史が紹介されることがあります。

 

ご興味をお持ち頂きまして

記事を通じて歴史や伝説が

多くの方にお伝えされることは

大変尊いことなのですが

残念なことに

歴史的事実が誤っているものも

正直見られます。

 

伝説の内容云々は幾通りもあるので

バラエティーに富んで当然ですが

前提となる寺社の縁起等の

歴史については誤って

伝えられてしまっている

部分が時折見られます。

 

特に永福寺と

七崎神社について

ごちゃごちゃになって

しまっている感があるので

改めてご紹介させて頂きます。

 

当山の地域には

七崎神社(ならさきじんじゃ)

という神社がありますが

こちらは明治まで

七崎山 徳楽寺(ならさきさん とくらくじ)

という寺院でして

当山が別当寺を担っておりました。

 

徳楽寺の本尊は

現在当山の観音堂に祀られる

聖観音(しょうかんのん)で

明治の神仏分離の処置により

当山に移されまして

糠部三十三観音霊場

第15番札所の観音様となっております。

 

ちなみに当山の本尊は現在は

愛染明王(あいぜんみょうおう)ですが

もともとは十一面観音です。

 

「七崎神社が永福寺であった」との

記述が各所で相次いで

見られたのですがこれは誤りです。

 

永福寺を七崎神社であると誤解して

南祖坊が七崎神社で修行した

などと紹介されているものも

ありますがこれも誤っております。

 

当山の寺伝(じでん)や

七崎神社誌は

一般資料ではないので

あまり知られていない部分ですが

歴史的事実は大前提の部分なので

情報発信の前にせめて

歴史や伝説の舞台である寺社で

裏付けを行なって頂くことを

切にお願い申し上げます。

 

▼七崎神社と普賢院

http://fugenin643.com/blog/七崎神社と普賢院/

IMG_0116

冬の十和田湖をゆく

正月三ヶ日が過ぎ

一段落したということで

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)と

十和田湖を訪ねました。

 

十和田湖伝説に登場する

南祖坊(なんそのぼう)は

当山にて修行したと伝えられます。

 

四季折々の十和田湖の姿を

“感じる”べくここ何年か

度々訪ねております。

 

雪の季節の

奥入瀬渓流も十和田湖も

まさに絶景です。

 

かつて十和田は「霊山」として

多くの方が修行に励んだ聖地でした。

 

自然の厳しさと美しさを

感じさせられる十和田湖。

 

かつての修行者が

「この世のものとは思えぬ」

とさえ感じられるような

人里離れたこの地にて

一心に行に励まれた光景が

想像されました。

 

IMG_3041

IMG_3034

IMG_3026

IMG_3068

IMG_3048

IMG_3049

IMG_3052

1人1人に思いをはせる

当山にお祀りされる

16基の墓石と

過去帳に記される

斗南藩(となみはん)の方の

お名前は二十数名にものぼります。

 

この中には

大まかな足跡を

辿れる方もいらっしゃいますが

大部分の方は

どのようなご生涯を歩まれたのか

当山では全く把握出来ません。

 

そのことについて先日

八戸の斗南藩歴史研究会の方に

おいで頂きお話をお伺いしましたが

結論からいえば

細かに足跡を辿ることは

難しいとのことでした。

 

この点については

本年夏に会津若松市から頂いた

お便りの内容が

とても具体的なものだったので

機会を見て

会津若松市に赴いて

お話を伺ってみたいと思います。

 

斗南藩の歴史を

後世に伝えるべく

色々と尋ねていく中で

様々なご縁を感じます。

 

八戸の斗南藩歴史研究会では

当山にて斗南藩の歴史を

お話して下さっても良いと

おっしゃって下さいました。

 

このようなご縁は

とてもありがたいと

つくづく感じさせられます。

IMG_2389

壮大な伝説と歴史

午前中は地元の小学校

3・4年生の皆さんが

お寺の見学にいらっしゃいました。

 

当山の歴史は地元の歴史や

伝承・伝説と

大きく関わっているため

色々と活発に

生徒の皆さんから

ご質問を頂きました。

 

また本日は

斗南藩歴史研究会の方にも

おいで頂きまして

当山の斗南藩の墓石にまつわる

お話をお伺いさせて頂きました。

 

当山には

南祖坊伝説や七崎姫伝説などの

伝承や伝説が伝えられます。

 

また斗南藩の墓石があり

今の世に激動の歴史を伝えます。

 

歴史でいえば

南部藩との関わりや

湯殿山大日坊(だいにちぼう)

との関係があるお寺です。

 

ついでながらですが

当山の本山である

奈良県桜井市の長谷寺と

十和田湖伝説にも

接点があります。

 

接点があるというよりは

接点を見出すことが出来ます。

 

12月に拙僧(副住職)は

現代教化研究所という部署にて

研究発表を控えておりまして

資料作成の合間に

何となしに

江戸時代の探検家である

菅江真澄(すがえ ますみ)が

記した『十曲湖』に目を通していた所

南祖坊についての説明の中にある

 

いつまても

ながらふ命ありて

慈尊の御世に

あひ奉らまく

泊瀬寺にこもり云々

 

との文言が目にとまりました。

 

長谷寺は

隠国(こもりく)

泊瀬(はつせ)

初瀬(はつせ)

とも記されており

泊瀬の文字は古事記にも登場します。

 

伝説は口承伝承に依る所が

大きいものではありますが

本山とのご縁を以てして

十和田湖伝説を紐解くと

より一層深みが増します。

 

長谷寺は観音信仰では

日本屈指の大霊場です。

 

長谷寺のみならず

十和田湖伝説であるとされる

三国伝記所蔵の文書に登場する

書冩山(しょしゃざん)という所も

分かる者からすれば

その三文字からだけでも

壮大なストーリーを感じさせられます。

 

そういった話も

機会があれば

お伝えしたいと思います。

 

書かれてある内容以上に

南祖坊伝説は壮大なものです。

 

伝説にしろ歴史にしろ

点と点を「面」として

壮大なスケールを以て

躍動的にお伝え出来るよう

精進させて頂きます。

IMG_2636

会津若松市より連絡を頂きました

当山境内には

斗南藩(となみはん)の方のお墓が

16基お祀りされております。

 

昨年そのことについて

会津若松市へ問い合わせた所

会津若松市文化課より

回答を頂戴しました。

 

そこには

会津若松市史研究会よりの

お返事も添えられており

当山の斗南藩の墓石は

会津藩士とその家族のものであり

貴重な歴史資料であると

記されておりました。

 

まだまだ勉強不足ですが

学びを重ねながら

しっかりと斗南藩の歴史を

後世へ伝えなければと

改めて感じさせられました。

IMG_2392

IMG_2389

開拓の精神に触れる

新渡戸稲造が創設した

新渡戸記念館では

三本木開拓の歴史や

新渡戸稲造の足跡に

触れることが出来ます。

 

新渡戸稲造の祖父にあたる

盛岡藩士・新渡戸傳(つとう)は

“不毛の地”に川を作り町を作りました。

 

それが現在の十和田市です。

 

斗南藩について学びを進めていた所

旧会津藩である斗南藩の方も

開拓について尋ねるべく

新渡戸傳(つとう)を訪ねたと

記録がありまして

新渡戸記念館を訪ねさせて頂きました。

 

新渡戸記念館は

拙僧(副住職)が小学生の頃

社会科見学で訪れた記憶があります。

 

新渡戸記念館の訪問はそれ以来なので

三十年まではいかなくとも

二十数年ぶりに訪れたことになります。

 

新渡戸記念館の新渡戸さんと

学芸員の角田さんには

懇切丁寧にお話を伺わせて頂き

貴重な史料を拝見させて頂きました。

 

当山には斗南藩の方の墓石が16基

本堂裏手に並んでおり

激動の時代を今に伝えております。

 

当山では二百数年ぶりに

本堂を建替えるに当たり

歴史や伝説などの整理をしており

斗南藩の歴史も見直している所です。

 

また十和田と当山のご縁でいうと

十和田湖伝説の南祖坊は

当山にて修行されたと伝えられます。

 

本堂建替は色々な意味で

大切な機会であると考えております。

 

歴史や伝承・伝説に

改めて向き合う機会でもあると捉え

後世に伝えていくためにも

出来ることは全力を注ぎたいと思います。

 

IMG_2165

IMG_2156

IMG_2154

IMG_2152

IMG_2149

棟札を読む

現在の本堂は文化8年(1811年)に

建立されたものです。

 

その際の棟札は

真言宗に伝わる伝統的な書式の下

表裏両面に色々と書かれております。

 

一部を紹介すると表面中央には

本尊・愛染明王(あいぜんみょうおう)を

表す梵字である「ジャク」に続き

奉建再建本堂一宇八間仁六間

本尊羅誐尊

院内安穏興隆佛法諸難消除

當寺檀家息災延命子孫繁昌所

と書かれております。

 

羅誐尊(らぎゃそん)とは

愛染明王のことです。

 

その右側には

大檀那

南部大膳大夫利敬公

御武運長久領内泰平

の文字が見られます。

 

大檀那(だんな)とは「大施主」の意味で

当時の盛岡藩藩主・利敬(としたか)公が

厚く庇護下さったことを意味しております。

 

同面には他に大工棟梁

木挽(こびき)

普請世話方の名前や

落慶の日付が記されており

歴史を感じさせられます。

IMG_1675

IMG_1676

IMG_1677

風土を感じる

青森県の誇る景勝地

奥入瀬渓流と十和田湖。

 

彩られた自然の中に

自身を委ねるために

時間を作って赴きました。

 

十和田湖は当山と

ゆかりのある地でもあり

最近はちょくちょく

訪ねさせて頂いております。

 

十和田湖伝説に登場する

南祖坊(なんそのぼう)は

当山にて修行したと伝えられます。

 

それと先月末に拙僧(副住職)は

真言宗豊山派総合研究院

現代教化研究所准研究員

という公職を仰せつかりまして

「ナーガ(龍神)信仰」を

自身の研究テーマの1つとして

取り組ませて頂くつもりでおります。

 

古代インドでのナーガ信仰と

日本に見られるナーガ信仰は

同じようで違いが見られます。

 

中国の影響もあり

「龍」の捉え方や思想には

展開や特徴が見られます。

 

十和田湖伝説も

ナーガ信仰の1つであるといえます。

 

十和田湖伝説がどのように

語られているのかということや

いつの時代のどの書物に

記述が見られるかということは

これまでに丁寧に研究されているようです。

 

拙僧(副住職)は「仏教的視点」を以て

伝説に向き合わせて頂くとともに

仏道についてもお伝え出来るよう

向き合わせて頂きたいと考えております。

 

調査や研究と聞くと

資料を読み漁ったりなどの

イメージが強く持たれがちかと思いますが

“風土を感じる”ことが

とても大切なことです。

 

昔のままに香る草木。

昔のままに照らす太陽と月。

昔のままに歌う鳥。

昔のままに積もる雪。

 

歴史を学ぶにしても

人類学や民俗学のような

参与観察をするにしても

舞台の風土を感じることは

非常に意味のあることです。

 

十和田山はその昔

霊験あらたかな聖地として

多くの修験者が修行に

訪れた地であるとされます。

 

熊が生息し

巨大な火山岩が切り立つ深い山を

ひたすらに行脚し

壮大な湖が目の前に広がった時

はかり知れぬ感動を

感じた方もいらっしゃったろうと思います。

 

修験者は旅行者ではありません。

 

では修験者は何のために修行をしたのか。

仏道修行とは何なのか。

どのような修行をするのか。

龍神とは何なのかなどなど。

 

挙げれば切りがありませんが

拙僧(副住職)がお伝え出来ることを

整えていきたいと思います。

IMG_1494

IMG_1513

IMG_1501

IMG_1533

IMG_1639

IMG_1559

IMG_1629

IMG_1596

IMG_1613

御朱印のススメ

IMG_1445

当山は糠部(ぬかべ)三十三観音霊場

第15番札所です。

 

糠部霊場の御朱印はスタンプ式が主流で

当山でも本堂の観音堂前に

御朱印のスタンプを置いております。

 

直筆の御朱印は

入用の方にお声がけ頂いた際に

対応させて頂いておりましたが

御朱印を書いて頂きたいとの

お願いが増えております。

 

拙僧(副住職)が対応出来る時は

筆を取らせて頂きますが

法務中や不在時には

対応が出来ませんでしたので

ハガキサイズの紙札に

御朱印をしたためたものを

用意することにいたしました。

 

糠部霊場の観音様の御朱印と併せ

当山本尊・愛染明王の御朱印と

南祖法師(なんそほっし)の御朱印も

用意いたします。

 

これを機に御朱印の

体裁を見直しまして

書式が定まりました。

 

下の写真が

あらかじめ御朱印をしたためた紙札です。

 

拙僧(副住職)が対応出来ない場合は

これに朱印を押して御朱印といたします。

 

巡礼にて御朱印をいただくことは

尊いご功德をいただくこととされます。

 

お参りの際には

是非お声がけ下さいませ。

IMG_1442