論語塾のススメ

5/13に当山にて

親子で学ぶ子ども論語塾

が開催されます。

 

その打ち合わせで

洗心美術館にお伺いした所

初回は体験や確認の意味を込め

参加費は頂かないこととなりました。

 

親子で学ぶ

ご家族で学ぶ

という所に大きな意味がある機会です。

 

論語では

君子(くんし)という言葉が

出てきますが

ここでいう君子とは

政治的な意味ではなく

端的にいえば“素晴らしい人”

といった意味です。

 

論語で説かれる君子は

理想論的にのみ述べられているのではなく

とても現実的に語られます。

 

5/13は色々と体験して頂く時間ですので

論語塾ではどのようなことをするのか

講師はどのような方か

論語塾では何を目指しているかなど

様々にご確認頂きながら

お過ごし頂ければと思います。

 

GW明けの忙しい時節柄ではありますが

貴重な機会ですので

興味をお持ちの方は

是非お運び下さいませ。

 

詳細は下記をご参照下さい。

▼子ども論語塾詳細

http://fugenin643.com/お知らせ行事案内/【参加者募集】親子で学ぶ-子ども論語塾/

koushi-2

【参加者募集中】5/13親子で学ぶ 子ども論語塾

古典に親子で触れる

子ども論語塾。

 

ご縁がありまして

当山を会場に

開催されることとなりました。

 

現在参加者を募集しております。

 

『論語』と聞くと

非常に難しく感じられるかもしれませんが

論語塾では素読(そどく)を通じて

論語に触れて頂くので

難しく考える必要はございません。

 

どなた様でも

お気軽にご参加頂けますので

この貴重な機会に

是非ご一緒下さい。

 

詳細は下記を

ご参照下さいますようお願いいたします。

 

▼子ども論語塾 詳細

http://fugenin643.com/お知らせ行事案内/【参加者募集】親子で学ぶ-子ども論語塾/

09ddb6388207ebf2a080a3fbc3160b562b68.png

4/28想い出のランドセルギフトワークショップ

当山では4/28午後1時半より

想い出のランドセルギフトワークショップを

開催いたします。

 

4/28のワークショップは

ランドセルをお持ちでない方も

ご参加頂けます。

 

お子様だけでのご参加も

大歓迎ですので

是非ふるってご参加下さいませ。

 

情報に触れること自体が

とても大切な国際協力活動です。

 

ランドセルの回収は

4/28まで受付しておりますので

使い終えたランドセルを

お持ちの方で

当活動にご賛同頂ける方は

ご協力の程お願いいたします。

 

▼詳細はコチラ

http://fugenin643.com/blog/428ランドセルをアフガニスタンへ贈ります/

http://fugenin643.com/blog/想い出のランドセルギフトについて/

27972745_947299622089584_8132158711433829980_n

想い出のランドセルギフトについて

当山では

使い終えたランドセルを

集めております。

 

ランドセル1個につき

輸送経費として

3000円の協賛金を

お願いしております。

 

「3000円は払えないけどランドセルだけ送りたい」

という方もいらっしゃるかと思いますが

そうのようなご要望は受け付けかねます。

 

ご賛同頂いた方ご自身が

施主となり

ランドセルをアフガニスタンに

贈ることがとても大切なのです。

 

この点は当山の「国際協力の寺」としての

取り組みにおける

根本的な部分に関わることなので

ご説明申し上げます。

 

この活動は

ただ単に使い終えたランドセルを

集めているわけではありません。

 

「ランドセルをアフガニスタンに送る」

ことに終始する活動でもありません。

 

国際協力活動として携わって頂くこと

ご参加頂くことに意味があります。

 

単に「送る」のではなく

心を託して「贈る」活動です。

 

単に「送る」のであれば

別の方法でランドセルを

「回収」した方が良いでしょうし

お寺を舞台に

仏道として行う活動とはいえません。

 

ご賛同頂いた上で

使い終えたランドセルを「募集」し

参加者ご自身がそれを「おもい」として

廻らせることが大切なのです。

 

仏道ではこのように

「おもい」を振り廻らせることを

廻向(えこう)といいます。

 

廻向の精神で

当山では国際協力活動に

携わらせて頂いております。

 

また今回募らせて頂いているランドセルも

協賛金も仏道では布施(ふせ)といいます。

 

布施には

他者への「思いやり」や「慈しみ」

という意味があります。

 

さらにいえば

「自利利他(じりりた)の実践」

として諸々の取り組みがなされております。

 

自利とは自身のため

利他とは他者のためという意味です。

 

根本的理念は非常に大切なことです。

 

その理念を大切に

取り組ませて頂く活動の1つとして

「想い出のランドセルギフト」を

実施いたしますので

何卒ご理解の程お願い申し上げます。

 

▼想い出のランドセルギフトについて

http://fugenin643.com/blog/428ランドセルをアフガニスタンへ贈ります/

27972745_947299622089584_8132158711433829980_n

【参加者募集】親子で学ぶ 子ども論語塾

当山にて

親子で学ぶ 子ども論語塾

が開催されることとなりました。

 

論語は

二千数百年もの昔

中国の春秋時代を生きた

孔子の言行録で

「人生の本質をつく」言葉が

散りばめられております。

 

親子で論語の言葉に

触れてみませんか?

 

講師は川崎葉子さんが

つとめてくださいます。

 

川崎さんは

福島県のご出身で

地元は東日本大震災後

原発の影響で立ち入り禁止となり

福井県に移られました。

 

震災後は様々な

ボランティア活動もされており

そういったご経験をお持ちの

川崎さんからお伺いするお話は

実に深いものがございます。

 

今回の論語塾に際しましても

遠方より八戸にご足労頂き

論語塾を開催して下さいます。

 

対象は

小学6年生までのお子様と

ご家族の方となります。

 

保育園や幼稚園や児童館に

通われていらっしゃる

お子様もご参加頂けます。

 

会費は1家族につき500円です。

※5/13は参加費不要です。

 

月に1回で

全6回の開催予定となっており

3回目までは

5/13(日) 午前11時〜正午

6/10(日)午前11時〜正午

7/8(日)午前11時〜正午

の日程で開催いたします。

 

会場は

当山のふれあい豊山館か本堂を

使わせて頂きます。

 

参加者を募集しておりますので

ご興味をお持ちの方は

ご連絡下さいますよう

お願い申し上げます。

 

資料の準備がありますので

参加されるお子様の学年と

ご一緒されるご家族の人数を

お伝え下さいますようお願いいたします。

 

担当者が不在の場合が多いため

お申込みはメールで頂けると助かります。

 

中々ない機会ですので

是非ふるってご参加下さいませ。

 

【日時】

平成30年5月13日(日)午前11時〜正午

平成30年6月10日(日)午前11時〜正午

平成30年7月8日(日)午前11時〜正午

【対象】

小学6年生までのお子様とご家族

【会費】

一家族につき500円

※5/13は参加費不要

【申し込み先:普賢院】

参加されるお子様の学年と

ご一緒されるご家族の人数を

お知らせ下さい。

メール fugenin643@gmail.com

電話 0178-23-2135

※メールでお申込み頂けると助かります。

 

▼川崎葉子さんプロフィールなど

http://kawasakiyoko.jp/profile

09ddb6388207ebf2a080a3fbc3160b562b68.png

IMG_4152

4/28ランドセルをアフガニスタンへ贈ります

当山では

役目を終えたランドセルを

集めております。

 

なおランドセル1個につき

協賛費として

アフガニスタンまでの

輸送経費3000円の

ご納入にご協力下さいますよう

お願いいたします。

 

未使用のノートや鉛筆

色鉛筆や消しゴムなど

お持ちでしたら

それら文房具もアフガニスタンへ

贈らせて頂きますので

ランドセルに入れて下さい。

 

回収期間は4/28までと

させて頂きます。

 

また4/28の午後1時半〜3時半に

当山ふれあい豊山館にて

ワークショップと梱包作業を

行います。

 

ご協力の程

何卒よろしくお願いいたします。

 


 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥
「想い出のランドセルギフト」
〜日本での役割を終えたランドセルをアフガニスタンの子どもたちに贈る〜

□回収期間 2018年3月24日〜2018年4月28日□

☆2018年4月28日イベント開催!
「想い出のランドセルギフト」ワークショップ&
ランドセル梱包
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥

想い出のランドセルギフトは、役目を終えたランドセルをアフガニスタンに寄贈し、子どもたち、特に教育の機会に恵まれない女の子の就学に役立てる国際支援活動です。ランドセルを受け取ることで、学校で教育を受ける機会が生まれ、日本のランドセルは、アフガニスタンの子どもたちの人生に大きなチャンスを与えてきました。子どもたちが学校で学び、読み書きができるようになり、自分自身や家族を守る知識や情報を身につけられるようになることを目指しています。(ジョイセフ参照)

この活動を約15年続けている公益財団法人ジョイセフではこれまで約20万を超える子どもたちにランドセルを届けてきました。しかし、まだ多くの子ども達がランドセルを必要としています。

普賢院はこの活動に賛同し、ランドセルの回収を行いたいと思います。
皆さんのご協力よろしくお願い致します。

☆ランドセル回収の3ステップ☆

①ランドセルを準備する
→未使用のノート、鉛筆、色鉛筆、消しゴム、鉛筆削りがあればランドセルに入れて下さい。
※宗教上の理由でアフガニスタンには豚革製のランドセルは贈れません。

②普賢院に届ける
→ランドセル一個につきアフガニスタンまでの輸送経費3000円を協賛金にご協力よろしくお願い致します。

③以下のワークショップに参加する。

※ランドセルのご提供のみでのご参加も大歓迎です。その際も、協賛金3000円(アフガニスタンへの輸送経費)のご協力をお願いいたします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

「想い出のランドセルギフト」
ワークショップ&ランドセル梱包
日程:2018年4月28日(土)
時間:13:30〜15:30
参加費:無料
協賛金:3000円(ランドセル一個につきアフガニスタンまでの輸送経費)

内容:アフガニスタンの基本情報、世界がもし100人の村だったら、ランドセル梱包し発送を行います。

【申し込み方法】
回収期間中にランドセルを普賢院にお持ちになる場合、またワークショップ参加の際は、名前、ランドセルの個数、参加人数(ワークショップ参加の場合)を明記の上以下のメールにてお申し込みください。
※ランドセルをお持ちになる場合は、担当者が不在の場合もあります。必ずメールでお申し込みの上お越し下さい。

Mail:fugenin643@gmail.com 【件名:ランドセル寄贈】
担当:グローバルナビゲーターAmy

A4randsel2017-1

27972745_947299622089584_8132158711433829980_n

 

お手伝い頂ける方いらっしゃいませんか?

3/21(春分の日)の

春彼岸中日に

お手伝い頂ける方を

募集しております。

 

ご協力頂ける方は

是非ともお力添えを

お願い申し上げます。

 

お手伝い内容は

下記の通りとなります。

①早朝のお膳上げ

午前7時にお寺に集合して頂き

位牌堂位牌壇のお膳上げを

お手伝い頂きます。

 

早朝おいで頂いた方には

お弁当も用意させて頂きます。

 

②位牌堂の後片付け

午後2時にお寺に集合して頂き

位牌堂の後片付けをして頂いて

終了次第解散という流れになります。

 

終了は遅くとも4時半頃かと思われます。

 

①、②のいずれかでもお手伝い頂ける方

いらっしゃいませんか?

 

①のみ、②のみでも構いません。

 

①、②いずれもお手伝い頂ける方は

早朝の作業が終了後

午後の後片付けまで時間がありますので

1度お帰り頂いて結構です。

 

ご検討の程

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

お手伝い頂ける方

いらっしゃいましたら

ご連絡下さいますようお願いいたします。

 

メール:fugenin643@gmail.com

 fukusuke

豊崎郷土かるたを頂きました

豊崎小学校創立140周年に向け

小学校の皆さんが

3年もの月日をかけ

調査、製作に取り組まれた

豊崎郷土かるた

有難くも頂戴いたしました。

 

以前、お寺の歴史や伝説について

小学校でお話したご縁もあり

豊崎郷土かるたの完成は

嬉しく思いますとともに

取り組みを全うされた

小学校の皆さんを

心より誇りに思います。

 

地域の伝承、自然、文化などを

五十音それぞれを初音として

七五調でしたためられた

文字札の一枚一枚からは

一生懸命に地域について

調べられた熱意が

伝わってまいります。

 

文字札に対応した絵札に

描かれる水彩画は

生徒の皆さんが

描かれたもので

言葉以上に“雄弁”で

かつ温かさを感じます。

 

これは「地域の宝」です。

 

豊崎郷土かるたを通じ

地域のことが

後世にも温かく

継承されていくことでしょう。

 

文字札、絵札を

一覧にまとめた資料を

頂きましたので

堂内各所に掲示させて頂きます。

 

当山にお立ち寄りの際は

素敵なかるたを

是非ともご覧下さいませ。

IMG_3783

IMG_3784

 

▼当山に関連するものをご紹介いたします。

IMG_3787

IMG_3786

IMG_3795

IMG_3792

IMG_3789

IMG_3793

IMG_3790

IMG_3794

IMG_3788

IMG_3791

3/8十和田湖伝説についてお話します

3/8十和田市の午後1時より

市民交流プラザ トワーレにて

開催されるセミナー

よみがえれ!霊山十和田

最古の「十和田湖伝説」を語る

に当山副住職もお声がけ頂きまして

仏教の視点から伝説について

お話してまいります。

 

お話するといっても

拙僧(副住職)は30分程の持ち時間

なので多くを語ることは

出来ませんが

“真言行者”ならではの視点から

お話をさせて頂きます。

 

詳細につきましては

拙僧(副住職)自身

あまり把握出来てないのですが

予約不要だそうなので

ご都合のよろしい方は

お運び頂ければと思います。

 

日程:平成30年3月8日

時間:13時〜15時

会場:トワーレ(十和田市)

28337655_2065940673689076_8809350082121718541_o

28337655_2065940673689076_8809350082121718541_o

お札が出来ました

護摩法要(ごまほうよう)の

お札が仕上りました。

 

あとは宝印(ほういん)を

押して護摩法要にて

お加持(かじ)すれば

尊いお札となります。

 

このお札は

1年に1度の観音様の

ご開帳の時に

用意させて頂くお札です。

 

以前より

授与品としてあればと

願っておりまして

年頭より検討を重ね

ようやく形となりました。

 

護摩法要は

諸願成就を願い厳修されます。

 

その願いが託されたお札を

有縁の方に

お持ち頂ければと思います。

IMG_3673