いのちをてらすともしび

一昨年「クロストーク八戸」

という催事で

ご一緒させて頂いた

杉浦恵一さんから

ご連絡を頂いたことを契機として

当山では杉浦さんが手がけられる

東日本大震災復興のための

プロジェクトの1つである

「命灯会(みょうとうえ)」に

携わらせて頂くことにしました。

 

※「クロストーク八戸」ほか▼

http://fugenin643.com/blog/未来を描く%E3%80%80クロストーク八戸/

http://fugenin643.com/blog/約束を交わして/

 

命灯会は

気仙沼の工房で作られたロウソクに

ともされた明かりを

復興への輝き

追悼のまごころとして

祈りを捧げるひとときであると

捉えております。

 

命灯会は3月に

何かしらの会と抱き合わせて開催し

震災物故者供養並びに復興祈願の

ひとときを作りたいと思います。

 

命灯会に用いるロウソクが

気仙沼から届けられました。

 

様々なおもいが込められ作られたもので

青みがかった爽やかな色をしています。

 

当山では寺子屋活動に取り組んでおりますが

その際にもこのローソクを使わせて頂き

尊い光を有縁の方に

届けさせて頂きたいと思います。

 

また2月21日に行われる

護摩法要でも使わせて頂き

ご参列の皆様にも

お話させて頂きたいと思います。

 

▼2/21の護摩法要について

http://fugenin643.com/blog/wp-content/uploads/2019/01/H31おこもり広告.pdf

 

▼杉浦恵一さんについて

https://localletter.jp/articles/miyagi-kesennuma-tomoshibi/

IMG_1428

IMG_1423

IMG_1424

IMG_1425

IMG_1426

 

▼杉浦恵一さん(中央、2017年7月)

20108242_1995837600644601_662226058656274986_n

 

▼クロストークにて(2017年7月)

20180461_1990773187615366_1025797088_o